ギターを持った音次郎のブログ

ギターを持った音次郎のブログ

趣味でクラシックギターを弾いて楽しんでいます。
ギタキチです。ギター大好き人間様、チョコチョコお立ち寄り下さい。

 

 

👆の動画の楽譜をサンプルに楽譜を作り,👇の「コンドルが飛んでゆく」を弾いたものです。

若干、楽譜を少し変更しましたが,ほとんど👆の楽譜のコピー譜で弾きました。

リブログしましたので、こちらも今一度聴いてやって下さい。(👇リブログをクリックしてねぇ)

クラシックギターでの「コンドルが飛んでゆく」ですが、

この楽譜がYOU-TUBEで演奏されているギター曲の中では

一番この楽譜の👆演奏が気に入りましたので私も弾いてみました。

 

ここは昼間のギター練習場所です。

この狭い一角、片隅で細々、ギターを練習するのです。

狭いもので、ここではオークションの落札ギターで練習。

ここはダイニングキッチンの片隅です。

ギター椅子はキッチンテーブルの椅子を使っている。

この椅子の肘掛けがギターにとっては邪魔なのです。

ギターは肘掛けにぶつかるし、邪魔で困っている。

鋸で肘掛けを切りたいのだが、女房に睨まれていてる。

だから壊れても悔いのない中古ギターを使います。

 

今の悩み・・

昨年からギターの練習が以前より疎かになりました。

疲れているのか?・・年齢のせいか?・・だらけている!

健康診断では多少悪いヵ所は見っかったが、ここは自己管理で治るとの事、

まぁ~安心したところだ・・ 食事制限すればOK! 

毎日7Kmはウオーキングしているから、健康は保たれているはずです。

同年の人と比較しても歩く速さは他の人より早く歩ける。

それでも最近は、ギターに関しては練習が怠っています。

昼間は眠くなってギターは長く弾いていられない。

パソコンを開いてYOU-TUBEのプロの弾くギター演奏を聴いていると心地良い。

YOU-TUBEでプロの上手な演奏を聴いているうちに眠くなる。・・

blogの記事を書いている時間が無駄なのか?・・これも退屈しのぎで書いているのだ!

 

夜も最近はギターを長く弾かなくなった。

やっぱし疲れがでます。

段々、ギターも弾けなくなりそうです。

あれだけの曲を弾いていたのに・・今は弾ける曲は数少なくなってきている気がする。

・・ギターが厭きて来たのか?・・いや~厭きていない・・

ギターが思うように上達しないで、ストレス溜まりか・・?・・これかも・・

 

今迄見なかったテレビを最近夜に見るようになった。

以前よりギターは弾かなくなってきたが、それでも1日に数回ギターを手にして弾いている。

のんびり、気が向いたらギター弾くで・・もう、いいんじゃないかな・・・・

 

このエルビートに拍手です。

エルビートと言えば、小原聖子さんの演奏が素敵!

エルビートを聴いて活気を付けたい!

 

 

 

 


この曲は2001年に発表会で演奏したワルツ3番です。
バリオスの曲は数曲弾きましたが、
このワルツ3番もバリオスの作品の中ではコンサートでよく聴かれますね。
バリオスのワルツはロマンティックな雰囲気を感じます。
この曲はロマン派風の流れを持つ作品のようです。
弾いてみると凄く技巧的で難しさは有りますが、
弾いていてウキウキ楽しさが感じられます。
ワルツ3番は華麗さが有り、どこか物語的な甘い味わいが有りますね。


この曲は1967年8月23日と手書き楽譜に書かれています。
私が初めてギター教室に通った横浜のギター教室。
先生は大立 晃先生と娘さんの鈴江先生です。

NHKギター教室初代講師:阿部保夫さんの演奏をテレビで観て
クラシックギターの虜になっちゃいました。
このテレビのギター教室がきっかけで教室に通う事にしました。
約半年頃だったと思いますが、初めて曲らしき楽譜を手渡され、
夢中で楽譜を書き写しました。其れがこの「オーソレミオ」です。

鈴江先生と一緒に写っているお顔は、マリア・ルイサ・アニード女史です。
当時、私も若かったのでギター教室では積極的に
生徒との交流会をO.G.A(大立ギターアカデミー)発足して、リーダーシップを発揮していましたね。

オーソレミオは初心者用の楽譜ですが、
初めての曲で弾けたときは嬉しかったですよ。
昔を懐かし乍、この録音をアップしました。


モーツアルトのオペラ「ドンジョヴァニ~のメヌエット」です。
ギタリストのマリア・ルイサ・アニード女史がYOU-TUBEでアップされています。
巨匠アニードさんの様にテンポは少し遅いですが、弾いてみました。
運指はアニードの楽譜に基づいて弾いてみましたが若干運指を直してます。

この曲は、ギターとしてはコンサートでは滅多にプログラムとして聴かれません。
アニードの名演奏を聴いて下さい。


アニードさんの見事なテクニック。
なかなかこの様に弾くには大変ですねぇ・・

明けましておめでとうございます。
今年も趣味のギターでブログ記事を書いて、
あまり上手くない私の演奏でお騒がせしますので、
懲りずに蔦音次郎のブログへお立ち寄り下さい。
今年も宜しくお願い致します。

昨年は自然災害などで、各地域で大きな被害に見舞われ大変な年でもありました。
まだ正月気分になれない家庭も有るかと思います。
今年は、平穏な年で有りたいものです。
しかし近年温暖化が進み気候変動が以前とは異なることが分かりますねぇ・・
自然災害時にイザと云う時の色々な備えも大切でしょうが、
どの様に・・と頭を抱えてしまいます。
世界中で大きな自然災害が発生している状態を何とかくい止めなと、地球は滅びてしまうのじゃァないか・・
なんて無知な人間でも感じるこの頃です。
皆で出来る事は協力して地球温暖化をくい止めたいですネ。

兎も角、元気で、明るい年で有ることを祈ります。

イシスの神秘による変奏曲(もう一つの魔笛)

もう一つの魔笛はカルカッシのイシスの神秘による変奏曲です。
ギター曲ではソルのモーツアルトの魔笛の主題と変奏曲が有名ですね。
私個人としては、ソルの魔笛よりカルカッシの魔笛の方が難しいと思いました。
今日はゴチャッペのイシスの神秘の練習動画を挿入しましたので我慢して最後迄聴いてやって下さい。(笑い)
今もカルカッシのイシスの神秘を練習するも苦戦中です。
私はソルの魔笛も好きですが、カルカッシのイシスの神秘も素敵だと思います。
残念ながら、このカルカッシは演奏会で聴く機会も滅多に無いのではないでしょうか・・
もっと演奏会で取り入れて頂きたいですねぇ・・
楽譜ソフトで作ったイメージ的イシスの神秘の主題と変奏曲を追加しました。【12.30.追加】


この三丁目Always.は映画でお馴染みのテーマ曲。
この楽譜を頂いたので、即席に独学で少し弾いてアップしてみた。
映画でも映し出される東京タワーの建設時期、今じゃァ古い昭和ですねぇ・・
この即席の下手なギター演奏に色付けして
NHKクリエティブライブラリーの映像でカバーして作ってみました。
もの好きで動画では別テイクで2本弾いてみました。
昭和の古い映像で、少しはギター演奏の気分は出たかなぁ???・・
NHKの懐かしい昭和の映像で楽しんで頂ければと思います。

団塊世代のオッサン、オバハン、昔を思い出すよね・・
貧乏ながらも、この時代が一番楽しい遊び方が沢山有りましたね。
我々はまだ子供の遊び盛りでしたから、
ボロを着て泥んこまみれに遊びが第一で勉強は二の次と言ったところでしょう・・
今の子供は進化したのか、スマホで遊んでゲーム遊びだ!
外の遊びが無いに等しい・・可哀想に見えるヨ。
今は車の時代で安全を考えればやむを得ないのかなぁ~・・


ムラゴンBlog👇にロングビデオを載せました。(リンク)
栃木蔵の街👈クリック

台風19号の豪雨被害に見舞われた栃木市、蔵の街遊覧船が2ヵ月振りの再開しました。

(栃木市観光協会)栃木小江戸南蔵で案内マップとパスポートを頂いて
マップを見ながら巴波川(うずまがわ)の遊覧船乗り場に向かいました。
この日の天気は曇りで、やや寒い陽気でしたね。
折角来たのですから遊覧船の乗車券を買いました。
栃木市パスポートを見せれば割引乗車券が買え、お得です。
約20分の船頭さんの舵取りで舟遊びです。
台風19号の被害で巴波川も痛められたようで、今はスッカリ美しく、
河岸のゴミも清掃され川水も綺麗でした。

舟が進めば、カルガモも列をなして舟に寄り添い追ってきます。
鯉も一緒に観光客を迎えてくれます。
なんて美しい光景か・・・
船頭さんが栃木河岸船頭唄を声高らかに歌います。
巴波川に舟唄が響き渡り、被害に屈しない蔵の街の完全復活です。
この舟唄には感動致しました。
掛け合いのヨイサーコラショは恥ずかしながら音次郎の悪声です。(笑い)
船頭さんはこの蔵の街の歴史、巴波川の歴史,船を漕ぎながら説明して頂けます。
カルガモと鯉の餌は100円、災害で餌が十分食べられなかったのでしょう・・
船頭さんが餌を与える呼びかけコール、
餌を買って投げてやると待っていましたばかりに・・
カルガモと鯉が飛びつくように喜んでくれました。

蔵の街をマップでお散歩しながら見所を探すのも楽しいですよ。






バリオスの大聖堂です。

大聖堂を初めてプロのCDを聴いたときは、素敵な曲で好きになりましたね。
Ⅰ楽章のPreludioは最初の一音を聴いて、
この音は?・・ピアノ?と
疑うような綺麗な音色でしたね。

私も何とかこの大聖堂を弾いてみたいと思いました。
この曲は2012年にレッスンを受けました。
約1年2ヵ月の猛練習をしましたね。
なんとか全楽章を弾けるようになり嬉しかったです。

ムラゴンblogにてグリムの森を記事として載せました。
こちらにも👇お立ち寄り下さい。
グリムの森でお散歩(イルミネーション)