90s LOS ANGELES RAIDERS JKT

 

90s RAIDERSのジャケットをご紹介します。

 

 

-RAIDERS-

NFLチームの現「Las Vegas Raiders」。
1982年から1994年まで「Los Angeles」に本拠地を置いていました。
3度「SUPER BOWL」を制した、強豪チームです。

 


 

ファンが怖い事でも有名です。

通称「黒い侵略者」。

 

 

 

 

 

「PRO PLAYER」社が制作。

元NFLのオフィシャルサプライヤーだったそうです。

 

 

裏地は、中綿が入っています。

暖かくて今の時期に一着持っていると、

重宝するジャケット。

 

 

シェル部分の手の凝った刺繍や

ボタンに至る細部まで作り込まれています。

 

 

手首と腰のリブが、

外からの風の侵入を妨げてくれます。

 

 

NFLのアイテムの中でも、

1、2を争う人気のレイダースアイテム 。

 

現行のアイテムを街でよく見ますが、

このアイテムは94年までに作られたアイテム。

今とはチームの本拠地が違います。

「Las Vegas」に移転したので、

今となってはもう手に入れる事のできないジャケットです。

 

これを着て、黒い侵略者になって下さい!

 

 

 

Thanks for your support.

 

CACTUS CLUB

https://cactusclub.jp

 

 

 

 

80s QUILTED VEST

 

80s 「SPIEWAK」QUILTED VESTをご紹介します。

 

-SPIEWAK-

 

ニューヨークで1904年に設立された老舗ミリタリーブランド「SPIEWAK」。
第一、第二次世界大戦では、アメリカ軍にミルスペックのミリタリーウェアを提供し、とても重宝されていました。
現在は、アメリカの消防士、警察官、郵便局員、税関員の

ユニフォームを製作しています。
創業当初、彼の作ったベストは「Golden Fleece(ゴールデンフリース)」と名付け呼んでいましたが、1919年に正式にブランド名とされました。

 

 

「US NAVY」の放出品。

綺麗な状態の物は、とても珍しいです。

 

キルティングの種類は、アメリカンキルト。

18世紀頃、アメリカの富裕層の間で布地の有効利用のため余った布などを

繋いで作られたキルティング生地のことです。

現代のアメリカンキルトは、正方形のパターンが主です。

 

 

キルティングの特徴は、暖かさ。

ヨーロッパのとても寒い地域が起源とされているので

保温性抜群。

 

素材2枚で中綿を挟み込む技法なので、

軽くて、生地が丈夫なのも特徴です。

 

 

表記サイズは、46。

身幅 61cm、肩幅 45cm、着丈 66cmです。

 

今の時期は、アウターのインナーにも使えます!

勿論、Gジャンやスウェットの上に羽織るのもおすすめ。

一年通して使えると思うので1着あると便利です。

 

自分のスタイルで楽しんでみてください。

 

 

 

Thanks dor your support.

 

CACTUS CLUB

https://cactusclub.jp

 

USED SAFTBAK CAMO SHIRT

 

「SAFTBAK」のハンティングシャツジャケットをご紹介します。

 

-SAFTBAK-

ペンシルベニア州アルトゥーナ発のブランド。
1950年代頃から、ハンティングアイテムを作っています。

 

 

中々見る機会のの少ない珍しい

TREBARK CAMO」。

 

”TREBARK”は、USの狩猟用品メーカー。
   ジム・クラムリーによって、

ハンターの為に様々なカモフラージュパターンが考案されました。
   樹皮柄ツリーカモは、彼の代表作。
   近年では、Supreme×Levi'sのコラボアイテムでもこの柄が使用されてました。

 

 

 

 

詳細サイズ

「身幅 55cm、肩幅 45cm、着丈 76cm、袖丈 62cm」。

 

パーカーをインして着るのもおすすめ。

春になればロンTに501で。

 

 

珍しいカモフラージュで、街に溶け込んでみて下さい。

 

 

 

Thanks dor your support.

 

CACTUS CLUB

https://cactusclub.jp

 

 

 

70s BIC MAC FLANNEL SHIRT

 

フランネルを探してDIGすると必ずと言っていいほどヒットする、

代表格「BIG MAC」。

ですが近年では、60s-80sのビンテージは手に入りにくい貴重なものとなっています。

当店に何点かCAから入荷したので、ご紹介します。

最近、フランネルの気分なので他ブランドも含め、多数入荷してます!

 

 

-BIG MAC-

アメリカのデパートメントストア「JC Penny」。

多くのプライベートブランドを世に出しています。

その内の一つ「BIG MAC」は1992年に商標出願されています。

カバーオール、オーバーオール、フランネルなどのワークウエアをメインにしていたブランドです。

 

北アメリカでは、フランネルは、木こり、農民の織物であると一般に考えられていました。

保温性を求めたワークシャツなだけに、外仕事をメインとする冷涼な環境で働く

土木・建築関係や、工員・メカニックエンジニアの間でも愛用されています。

 

 

まさにアメリカンな雰囲気のカラー。

70sのアイテムですが色褪せもほとんど無く、状態も良いです。

 

 

70sの首タグは、過去のものと違い点線で区切られています。サイズが見やすいのも特徴の一つです。

 

素材は、コットン100%。

コットンフランネルは、片面だけ毛羽立ちされた丈夫で軽くて柔らかい保温性に優れた綿の織物です。

ウールなどのシャツと違い、シーズンを選ばず着用して頂けます。

シャンブレーシャツより温かく、ウールシャツより扱いが簡単で夏以外は使えるアイテム。

 

 

90sの「Gangsta Rap」のアーティスト達も愛用していました。

MVやアルバムのジャケット、映画など、フランネルはウエスサイドカルチャーとも密な関係にあります。

 

 

アメリカへ行くと、スケーターもこぞってネルシャツを着ているし、

海に行くとサーファーも結構着てます!着脱簡単だからみんな車に積んでるのかなと。

スケーターは、生地がタフな分コケても大丈夫だからなのかな。(笑)

 

ネルシャツは、ストリートカルチャーに定着しているアイテム。

最低、5着は持っておくべきアイテムです!

 

 

当店のオンラインもしくは、店頭にてチェックしてみて下さい。

まだ、アップしていないアイテムもあるので気になる方は店頭に遊びに来てください!

MADE IN USAのビンテージが多数入荷していますよ!!

 

 

Thanks for your support.

 

CACTUS CLUB

https://cactusclub.jp

 

 

 

70s FIVE BROTHER DEAD STOCK FLANNEL SHIRT

 

 

「FIVE BROTHER」のデッドストックをご紹介します。

 

-FIVE BROTHER-
1890年ニューヨークにて創業。
ロシアの移民であるMorris Fineが、5人の子供達からとって「FIVE BROTHER」として立ち上げたのが始まりです。

創業から、120年以上も経つ老舗ブランドです。

 

 

最近、DEAD STOCKはなかなか見ないです。

抜群のカラーリングでこれはおさえておきたいアイテムです。

 

 

表記サイズは、Sサイズです。

アメリカのSサイズなのでサイズ感は大きめ。

今の時期はアウターのインナーに。春になればサーマルの上に。使い勝手も良いと思います。

個人的には、ベージュのパンツに合わせるのがおすすめ。

 

通販サイトにて、VINTAGE ITEM多数アップしていますので是非、チェックして下さい。

 

 

 

Thanks for your support.

 

CACTUS CLUB

https://cactusclub.jp