田舎の写真家で和紙職人(見習い)

田舎の写真家で和紙職人(見習い)

ブログの説明を入力します。


テーマ:

ほんでもって、『お前の”切っ掛け”』ってなんや。
 

2010年の9月だったでしょうか?
実家の土地に、住居件スタジオを建てて半年弱。


ええもう、すでに『腐ってました』。
色んな事にですよ、今思えば。

 

 

タイムマシンあったら、過去に戻って

( #`Д´)ナニシテンネン!=○)゚3゚)・∵.ガッ

殴りたくなりますね。

カミさんの一言があったのを覚えてます。
『なんかさ、”相良三十三観音一斉御開帳”っての・・・今じゃない?行ってみない?』

こっちに帰ってくるまで、無神論者でした。
『神様?仏様?いるわけねーだろ。( ゚∀゚)・∵ブハッ!!』
『神社?、隠れてタバコ吸うとこだろ?』
『初詣?さみーし、めんどくせー』
『寺?坊主の長話なんて聞きたかねーよ』

等々・・・
それまで神棚なんて飾った事ないし、仏壇の前に座るのも盆ぐらい。

初めて行ったのが、”水上村の猫寺”。
”ネコ”と付いてたんで、カミさんが興味示したんでしょうね。

でも、その途中に一際”大きな茅葺の寺院?お堂?”
慣れてない細道を運転しながら横目で見たインパクトは忘れようもないですね。
https://goo.gl/maps/VGyRGh9k3vUzj6EVA


猫寺の帰り、当然のごとく吸い寄せられる様に、そのお堂に。

 

完全に心奪われました。

 

あと、”一つの疑問”が浮かんだんですね。

『え?ここ、熊本だよね?京都じゃないよね?

なんで、こんな”もの”(失礼な物言い)がこんな所にあるの?』


きっかけは、これです。