こんな聞き捨てならないニュースが


身近な薬が処方されなくなるかもしれない。

健保連が保険適用外を提言しているのは湿布・ビタミン剤・保湿剤・花粉症治療薬といった市販品で代用できるもの。

医薬品には薬局などで買える市販薬と医師の処方せんを持参して購入する医療用医薬品がある。医療機関で処方されると保険が適用され、患者は1割から3割負担で済むのに対し、薬局などで買うと全額自己負担となる。厚生労働省の調査では市販品と同じ有効成分をもつ医薬品では湿布薬が最も処方されているという結果となった。病院で処方される市販品と同じ有効成分をもつ医薬品の総額は年間5000億円以上にも上る。


うーん、

今まで当たり前に病院で処方されていた
湿布、風邪薬、ビタミン剤、
漢方薬、花粉症の薬、ヒルドイド

どれもお世話になってる薬たち

これは、
聞き捨てならない話だ


確かにね、
どれも薬局でも買える
(ヒルドイドは買えないけど)

でも、
風邪薬にしても、
湿布にしても薬局で買えばなかなかお高い


その年間5000億円の浮いた費用で
高額な保険適用外の薬などの財源へ
回せるという案


うーん、確かにね
その案もわからなくはない

高額な薬を保険適用にして貰えれば
それはそれでありがたい話だけれど


せめてね、
湿布だけは保険適用外にして、

風邪薬や花粉症の薬などは
今まで通りに処方可能にするとかね、


あー、でもそうなると、
整形外科なんかの薬局さんは
死活問題になるか、、

あっちを立てれば
こっちが立たず、、だなぁ〜


大病をしてるモノから言わしてもらえば
本当に医療費ってお金がかかる

びっくりするくらい

この、10年間で
がん治療にかかった医療費

恐ろしくて考えたくないし、
計算もしたくないけど、、


医療費
少しでも負担を減らして貰いたいと
切に切に願います!

特に命に関わる病は、尚更のこと


何度も言うようだけど、
がん治療ってね、
本当にお金がかかる(泣)
 
手術して終わりではない
そこからが本当の治療のスタート(苦)


細かいことまで言えば
治療費だけじゃなく
通院にかかる駐車場料金やガソリン代
ヴィックやら帽子やら、

手術や入院でその間、
仕事を休んで働けなかったりする訳だし

はぁー、ため息しか出ない


大人になるとね、
こういう生活に直結した話題は
とてもとても興味深い

特に医療、福祉、子育て、、


そうなると、
自然と政治にも興味が出て

はぁー、私も大人になったなぁ、、

と、思う瞬間でもある
  ↑もう、十分大人なんだけどね(笑)


選挙も必ず行ってますよ!

まず、行くことに意味があるのでね


[もしもおいらが総理大臣だったら]

って、歌があったけど


もしも私が総理大臣だったら

主婦目線の政策で
医療、福祉、子育て、税金、

もう、言い出したらキリがないよ!

もちろん、動物の事もね(笑)


一番、生活に直結してるのは
主婦だもんね、

よりよい日本にするんだけどな〜(笑)