たくさんのコメント
ありがとうございます

励みになります

こちらで返信とさせてもらいますね


この頃、すっかり涙もろくて
優しい言葉にも涙
魔界人からの心ない言葉にも涙

感情が忙しい


だった一泊二日の入院だけど
それなりにいろいろあり


まずは
無事、CVポート手術


右側なのでね、
なかなか不自由で(苦笑)

昨夜は何も出来ず(泣)


点滴が取れてからは多少
ラクにはなったけど、、まだ痛みが、、


全く緊張もせず行ったものの
始まったらなかなかそれなりにハード(汗)

ぽんやりする痛みどめ?を
点滴してもらったり、

音楽を流してくれたので
多少は気が紛れたけど

手術してくれたのも
あの女医ではなく他の若めの男の先生
(気さくな感じで話しやすい)



グイグイ押されたり、
あ、いま切られてるなとかはわかる(汗)


顔の部分にも被せられるんだけど
閉所恐怖症なのでそれも苦痛


あの手術室の独特な感じ

ベットに寝かされ
まな板の鯉状態、、

そして、左手には指のピコンピコンを付け
右腕はまっすぐの状態なんだけど
 
先生、右側に立って作業してるもんだから
私のちょうど手のところに
先生の股間があたるという(苦笑)

それが気になって仕方なかった(汗)

ジッとしてると動かしたくなるんだけど
下手に動かすと
痴女的なことにもなりかねないので
グッと耐えた(苦笑)

先生は気にならないのか?

それだけ手術に集中してるのか

まあ、おばちゃん相手に
いちいち気にしてもいられないか、、



しかし、グイグイ押される押される

何をそんなに押し込めるのかというくらい


先生も何度も
「あれ?もうちょっとだよね」とか
言いながらグイグイ

話し声も全て聞こえる


そんなこんなでなんとか終わり
1時間半くらいかかった


疲れた、とにかく疲れた


終わってから先生が病室に来て

「お疲れさまでした
男の人と違い女性は胸があるので
それもちょっと胸が大きいタイプなので 
入れるのも苦労しました
そしてどうしても(胸)が
揺れるとズレる可能性が、、」

なにそれ?そんなことあるの??

「あまり手を上にあげたり
必要以上に動かしたり重いの物を持つと
安定する前にズレてしまいやすいので
しばらくは気をつけてくださいね
特に○○さんの場合は」


見た目もほとんど埋まっててわからない

他の方のブログとかで見たら
ポコって浮き出てたりしてたけど

私は肉肉しいからか 
ほぼわからない(笑)



接客業の仕事は結構手を使う

高いところのモノを取ったりもするし
そこそこ重いモノを持つことも

これはちょっと無理だよなぁ

今度の土日のシフトは変わってもらった
(てか、よく行けるつもりでいたな)


右側なので
余計に何をするにも不自由、不便



そして、
来週の水曜日から
アバスチンとパクリタキセルが
いよいよスタートすることに

昨日、化学療法の看護師さん
がん相談センターの方とも話をした

親切に対応してくれたので
不安は多少軽減されて
腹をくくったというか(苦笑)

まあ、こりゃやるしかないな!と

今後も何かあれば
相談に乗って貰いながら進めていく


あんな女医には相談しない!

もう大きな決断をするようなことは
しばらくなさそうだし
(手術ももうないだろうし)

困ったことや、わからないことは
看護師さんや相談員の人に確認する


昨日は、術後でぽーっとしてるときに
病室で話してたから
相談員の人とは
言いたいことがあまり言えなかった
(女医のこととか)

また次回だなっ!


とりあえず、本日退院します


行きも帰りも息子の送迎

免許取ったから使える(笑)
ありがたい(笑)



入院してると
本当に現実とは無縁の世界で

何もしなくていい(笑)

上げ膳据え膳だしね

それは本当ありがたい


早く帰りたいような、
いや、帰りたくないような、、








※ こちらの報酬は全て
保護猫団体へ寄付させて頂きます。