先日ファッションYouTuberなかむさんと、

ヨウジヤマモト社のセカンドライン「s'yte(サイト)」が

コラボをすると発表しました。




サイト自体コラボが盛んなんですが、

それにしてもひとつのブランドと ひとりのYouTuberがコラボをするというのは

かなりすごいことだと思います。




今回のコラボではTシャツが2種類、色はブラックのみの展開で、

先日デザインが公開されたのですが

個人的になかなか微妙でした。(笑)



そのデザインが公開された動画のコメント欄も、賛否両論といった感じでしたので


私なりに思ったことを話していこうと思います。





まずひとつめのデザインがこちら。
(公式の写真がないので見づらいです すいません)


牡丹の花と、なかむさんが手がけるアクセサリーブランド「6:4(brass)」のブランドロゴが入ったデザイン。



なかむさんも動画で話していたように、
牡丹はYohjiYamamotoの代表作である、96年のSSコレクション 


通称"花と少年期"で登場し
それ以降ブランドのアイコン的な存在になっています。



だから牡丹の花は「ヨウジ感が強い」んです。



それを踏まえてもう一度デザインを見てみましょう。



コラボ感薄くないですか?



個人的に、コラボは両方の良さが5:5くらいで出ているのがベストだと思っています。



しかし、このデザインは7:3くらいでヨウジが勝っちゃってるので

せっかくのコラボなのに残念だなあといった感じ。




わかりやすく言うと、同じくサイトとコラボした 
漫画家の楳図かずおさんのデザインが良い例です。


サイトのコンセプトのひとつである「ホラー」のグラフィックと、
ホラー漫画の第一人者である楳図かずおさんの ゾッとするようなデザインが

見事にマッチしていますね。



日本の国旗をイメージした円形サークルはヨウジヤマモトらしさを出し、

全体的にバランスが取れています。









もうひとつのデザインがこちら。

(1枚目より見づらいですねすいませんすいません)


これもヨウジの「着る服ないの」っぽさが出てますね。



服の中にメッセージを入れるのは、ヨウジヤマモトが得意とする表現方法のひとつです。



しかし、最初このデザインを見た時に 二番煎じ感を覚えましたが、


このデザインに記されたメッセージは面白いと思いました。



「I want you to think about the meaning of this collaboration」




直訳で「このコラボの意味について考えて欲しい」



ファッションYouTuberであるなかむさんと、超ビッグネームであるヨウジヤマモトの セカンドライン「サイト」が

なぜコラボしたのか。



「サイト」はオンライン限定販売で、いろんな人が着れるようなアイテムを展開するラインです。



オンライン限定販売の「サイト」と、

オンライン上で活躍する「ファッションYouTuber」とのコラボは、

確かに意味があるような気がしますね。




あくまで個人の解釈ですが、
ファッションに及ぼすネットの影響力のことを指すのかなと思いました。


なかむさんもサイトも、ネットを通じて ファッションを広めることに貢献していますし、


ネットが普及する前に比べて、今は圧倒的にファッション業界が潤っています。



そのファッション業界の中心が、徐々にネットになりつつある というメッセージがあるのでは、と感じました。





まとめ


以上、今回のコラボT2種類をご紹介しました。


個人的には、なかむさんが好きな人や、ヨウジ系のファッションに興味がある人は
わりと買いそうだなという印象。



ヨウジが好きな人は確実に買わないですね。



もし買うとしたら、おすすめは牡丹の方のTシャツです。
シンプルに牡丹の花が綺麗なので(笑)



ここまで読んでいただきありがとうございます!

なにかの参考になれば幸いです。




ぜひフォローしてください! 

Twitter @bool_official

Instagram @bool.official