世の中には、様々な人がいるもので。
先日、出張時の交通費について、こんな会話が。
私「障害者手帳型あるから、100km以上だと乗車券が半額になるんです。」
A「えー、いいですねぇ」
私「それ以上に大変なんですよ(怒)」

知らなかったとしても、少なくとも「そうなんですね、知りませんでした」ですよね。

まぁ、世間知らずの人なのはわかってたんだから、こちらもそれなりの伝え方をするべきだったのかも。

いろいろ被害を被ってますが、昔のようにシバくと○○ハラって言われるし相手は女性なんで。
別件でしたが、昨日は泣かしてやろうかと思うくらいムカつきました。

やばいな〜。抑えられるかな。まぁ、今後はレベルな高い仕事を頼まないほうが良さそうです。

泣かしたらすいません、とは上司に言っておこう。でも、今消えられると困るんですよ…

今日はお休み、ブログに愚痴をあげてすいませんが、とりあえずまとめると、障害をもっているというのは精神的にも障害を持つのかなー?って思いました。



約2年ほどホームページを運営していますが、主治医はブログのイメージが強かったらしくホームページがあることは忘れてたっぽいです。
先日の診察時に、たまたまタブレットを持っていっていたこともあり注射後の経過をホームページ上に動画で上げていることを伝えてみました。

これはスゴイ、と言っていただき、喜んでいただけました。

ただ、OTの先生には前々から論文を書くようにプレッシャーをかけられており、更なるプレッシャーをかけられてました。

よろしければ、一度見てみてください。↓↓

やはり、健常者が両手を自由に使ってるのを見ると、いいなーって思う時も多々あります。
でも、ただ仕方ないと思うのではなく、一部の動作はできるんだから、「どうすればできるか」
を考えるようにします。

①トレーニングすればできること。
②なにか道具が有ればできること。
③どう頑張ってもできないこと(他人に頼むこと)
④目標にできること

①と④は似ていますが、①は短期的な目標とし、④は長期的なもの、というイメージです。

いつも考えてるので、書きながらまとめた感じです。
共感していただける方がいれば嬉しいです。