自分の踊りたい曲を自分で決めるのは当たり前の事です。
自分が習いたい曲があれば、それを選んで学ぶだけ…自分が選んで、学び、そして向き合い、踊る。

でも、好きなものだけ選んでると偏る

教室に生徒として所属していた頃は、先生が生徒のレベルを考えて、偏らないように、時にはリクエストを汲み取って、多種多様な曲を教えていただけた、素敵な先生方に恵まれたなぁと振り返る、、、
そして、自分が教える立場になっても、レベルを考えて、偏らないように、時にはリクエストを受けて…選曲するわけですが、、、

自分は?どうだろ?となるわけです

どうせ披露の機会が少ないファルーカを1から作ろうかな?とは思いません。今年、アレグリアスもソレアも踊ってないような???踊ったかもしれないけど、、、1回くらいかな?どうだろ?記憶にございません。

理由の多くは、ソレアとアレグリアスはよくかぶるんですね。でも、いいんですよ!かぶっても!全然!OKだと思うんです!アレグリとソレアなら良くあるかぶりですから

でも、なんとなく、無理なくかぶらないのがベター主義でした
でも、とあるライブ終わり、1人のお客様が、フラメンコはソレアがあればいいんだよーとおっしゃってました。
勿論、本当にソレアだけあれば他にいらないとか、他の曲は不要だという、極端な話ではないのですが、なんとなく、ずっと心にありました。

さて、今年を振り返る師走。心残りはありませんか?

私は、エレナにソレアをリクエスト。由理さんも道連れにして…クルソ受けてきました。
昨年習ったままのレトラ、一年越しのコンプリートです。
さて、じっくりあたため、向き合い、踊るだけ