YSP大阪門真の「バイクライフコーディネーター犬村 真」ブログ

YSP大阪門真の「バイクライフコーディネーター犬村 真」ブログ

大阪府守口 バイクディーラー YSP大阪門真 犬村 真

本来なら春に発表される予定だったニューモデルがやっと発表されました!

しかも3機種同時に発表です‼️

 

あなたのバイクライフをコーディネートします!

バイクを通じてあなたの心を豊かにします!

バイクライフコーディネーターの犬村 真です。

 

その新型とは…

TRACER9 GT

MT-09 & MT-09 SP

MT-07

の3機種(というか4機種ですね笑)

 

先にお伝えさせて頂きますが、昨今の原材料不足、物流網のコロナ禍による流れの悪さなどにより、入荷台数が少ない可能性が高いです。

ご購入をお考えの方はそういった事情も頭に入れてお早めにご検討くださいませ。

 

TRACER9 GT(7月28日発売)

シルバー

 

レッド

 

グレー(ミドリがかっています)

 

 

MT-09 SP(7月28日発売)

ブラックのみ

 

MT-09(8月26日発売)

ブルー

 

ブラック

グレー

 

 

MT-07(7月28日発売)

ブルー

 

ブラック

 

 

グレー

 

 

くわしくはヤマハのサイトをチェックしてください。

バイク・スクーター | ヤマハ発動機 (yamaha-motor.co.jp) 

 

 

あなたのバイクライフをコーディネートします!
バイクを通じてあなたの心を豊かにします!
バイクライフコーディネーターの犬村 真です。
 
やっとというか、とうとうというか、ここ数日は梅雨らしいお天気です。
ボクが通勤からツーリングまで被っているヘルメットにはYAMASHIROさんのヘルメット専用偏光曇り止めシートを付けています。
下の写真を見てもらったらシールドの下は白く曇っているのがお分かりになりますでしょうか?
ただ、視界は曇っていないのでボクの目ははっきり見えますよね。(笑)
 


ということは(当たり前ですけど)ボクからも外の世界がちゃんと見えているということです。

シールドが曇るシチュエーションって結構多いですよね。

だからシールドを少し開けたりして対策しますが、シールドを少し開けると当然のことながら雨の日には水滴がヘルメット内部に入ってきます。

 

これを貼ったらそんなことを気にしなくても大丈夫なんですよ。

これは汎用品なので、大きさが合えばどんなヘルメットにでも使えます。

実際にぼくは(シールド面積が小さな)オフロードモデルのヘルメットに貼っていますしね。

 

そしてこの曇り止めシートは偏光機能があるので、日中のギラギラした光や、夜間のLEDヘッドライトなんかのまぶしい光をかなーり軽減してくれます。

まぶしい光が苦手なボクはこれでかなり楽になっています。

夜間はすこし暗く見えますが、ボクの場合は問題ないです。
(ただ、個人差や走っている環境によって感じ方が変わると思います。)
 
最近では初めからヘルメットに付属している曇り止めシートもありますが、それで不満を持っている方、年数が経って曇り止め効果がなくなったという方はこれを試してみてはいかがでしょうか。
夏のぎらぎらした日差しにも有効ですよ。
 

 

あなたのバイクライフをコーディネートします!

バイクを通じてあなたの心を豊かにします!

バイクライフコーディネーターの犬村 真です。


とうとう自分の愛車、ファイナルセローにドラレコを取り付けました!


バイク屋という仕事柄、色んな事故に接します。

最近の傾向としては、自転車との接触事故が多いんです。


ボク自身も街中をバイクで走っていて予期しない動きをする自転車と遭遇することがよくあります。

夜、暗い道路で歩行者が道を横切っている事もあります。


ツーリングで山道なんかを走っていてクルマと事故を起こしたりした時、目撃者がいないシチュエーションもあります。

ドラレコがなければ、事故の本当の状況は分かりません。


お客さんの事故や自分自身の経験から、ドラレコは早く着けないとあかんなと思ってたんですが、忙しさにかまけてなかなか着けられていませんでした。


今日(定休日)は時間に余裕があったので遅まきながらやっと取り付けました。


バイク用ETC車載器でも有名なミツバサンコーワさんのEDR-21Gというモデルです。

構成部品は上の通り。

前後のカメラとGPSアンテナ、本体とスイッチをセローに取り付けていきます。



まずは外装パーツを外して各パーツの取り付けや配線の取り回しをしやすくします。


フロントのカメラはヘッドライト横に貼り付けました。

しっかりと着けるならヘッドライトカウルに穴を開けてタイラップバンドで固定しても良いのですが、付属の両面テープだけで耐久性があるのかのテストも兼ねて貼り付けだけで様子を見ることにします。


リアはテールランプ下、ナンバー灯の上部に貼り付けました。

リアキャリア下部に見えにくいように固定することも考えましたが、逆に目立った方が、クルマなどに後ろに付かれた時に抑止力が働くかなと考え、あえて目立つ所に着けました。


各パーツを仮付けして配線の処理をして行ったらところ。


一通り取り付けが完了しました。



左ミラー部にETCアンテナ用のステーを付けて、そこにGPSアンテナとスイッチを取り付けました。
スイッチはこの位置が使いやすいのか、しばらく使って判断します。


写真を撮り忘れたのですが、本体はガソリンタンク左側にある書類入れのスペースに収納しましたよ。


今日は雨が降ってたので試し乗りはまた後日。

続報もお伝えしたいと思いますのでご参考になれば幸いです。

あなたのバイクライフをコーディネートします!
バイクを通じてあなたの心を豊かにします!
バイクライフコーディネーターの犬村 真です。
 
先日、10年以上前にシグナスXを買って頂いたお客様がふらっと久しぶりにご来店くださり、現行モデルのシグナスXに乗り換えてくださりました。
 
その方はあと少しで70歳に手が届くというお歳の方なんですが、世間は黒ばっかりやから、といってブルーのシグナスXをチョイスされました。
カッコいいですよね!
 

 

その方が、何気なしに言われた言葉。

「これが最後のバイクになるやろうからな。」

何を言うてはりますのん。まだまだ乗って下さいよー。と冗談混じりに言いましたが、考えたら人生最後になるかも知れないバイクを、久々に当店に来て頂き、スッと買って下さった。

これはとっても光栄な事ですよね!

そんな思いを噛み締めて商売しないとダメだなと、あらためて思った次第です。

あなたのバイクライフをコーディネートします!

バイクを通じてあなたの心を豊かにします!

バイクライフコーディネーターの犬村 真です。

 

先日お客様とお話をしていて思ったこと。

それはバイクを五感で感じると、よりバイクライフが深く楽しめるようになるかなー。

ということです。

 

 

 

「五感」とは霊感、ヤマ勘、第六感、ピッタシカンカンの類ではないですからね!

(↑そんなことは賢明な読者の方ならお分かりですね。笑)

 

最近のバイクはメーターの機能が充実してきて情報が目で見てわかる部分が増えてきました。

「インフォーメーションボード」があるぐらいですからね。

日本語に訳すと「情報板」です。(笑)

「感じる」のではなくて「見る」の比重が増えています。

 

ただ、五感を研ぎ澄ましてバイクの調子を感じる。

バイクのご機嫌をわかってあげる。

これって楽しいとおもいませんか?

 

「このメカノイズは大丈夫。」

「あれ?この音は今までになかったぞ。」

「この臭いは何かな?」

 

ただ、乗っているだけではなくて感じる。

 

こんなことを追及するのもバイクライフの楽しみ方の一つかなと思います。