かけはし azusaの酒日記

かけはし azusaの酒日記

すすきの「活食・隠れ酒蔵かけはし」スタッフの酒日記

暑くなってきましたね!

夏の京野菜といえば…!

賀茂茄子✨

美唄・西川農場さんのアスパラひつじのベーコンとトマトチーズ焼きに🫕


熱燗がすすみますぞ🍶😋


そして…!!

大きな笹竹入荷してます。

根本まで柔らかくて青々としてます✨



当店はお客様に万全の体制でおもてなしをさせていただくため、基本的には2日前までの完全予約制となっております。

ご予約お待ちしております。



お久しぶりの更新です✨

銚子産極上!天然本鮪入荷しました!

きめ細かいサシ、赤身も上質です✨



先日川釣りに行ってきました。

魚は釣れなかったけど天気は最高でした^_^



夏酒続々と入荷しております^_^


2日前までの予約制で営業しております!

ご予約お待ちしております^_^

3日間福岡研修に行ってまいりました!

今回の研修ではいつも使わせていただいているミツル醤油醸造元さんに伺い、蔵見学をさせていただきました。

ちょうど醤油を濾す布袋を洗浄、乾燥しているところにお邪魔しました^_^


「生成り」シリーズは造り始めて13年、販売は10年目ということで、蔵元の城さんが「生成り」シリーズを始めた時のお話やこれからの展望などもお話していただきました。




醤油蔵にお邪魔すること自体初めてだったので、醤油の作り方を基本から教えていただき、とても勉強になりました。

ミツル醤油の「生成り」シリーズは昔ながらの木桶仕込み↑


麹室も見せていただきました。↑




熟成もろみ。

醤油はもろみの状態で熟成をします。


醤油を搾る槽。↑


醤油といえば日本が世界に誇る調味料の一つですが、自分の蔵で一貫して造りを行っているのはわずか百数軒のみである事、ご存知でしたでしょうか?

消費量も年々落ちているという事です…。

ミツル醤油さんはその様な状況の中でも一貫して仕込みを行い、自分の蔵唯一の味わいにこだわる貴重なお蔵様の一つです。

九州ならではの甘い醤油も地元向けに出されていて、城さんとお話ししている最中にも、お客様が買いにいらしていて、地元の方々にとってはなくてはならない家庭の味であり、その気持ちに応えるように、城さんも昔からのミツル醤油の味を大切にされているのを感じました。

新しい試みとしてこの九州ならではの甘い醤油を無添加でつくることにも取り組まれている様で、味見をさせて頂きましたが、優しくてすっきりとした甘みの醤油に仕上がっていました。




今回伺って直接お話しさせていただけたことはとても良い刺激となりました。



木樽の側面。蔵の中は醤油の良い香りでいっぱい。↑


その後にミツル醤油を使っている飲食店さんにも伺い、料理で使わせていただく場合の色々な可能性を感じさせていただきました✨


捏製作所さん👇






食と酒 なかむた さん👇





その他にも色々な飲食店さんに伺い、

たくさんの刺激を受けて帰ってきました✨


今後の料理にもご期待ください^_^