Ben&Pal~ベンパル~のブログ

Ben&Pal~ベンパル~のブログ

石川県小松市で、犬のお店をしている「ベンパル」です!
お店の情報発信を主にしていきたいと思います♪
よろしくおねがいしまーす (Pq*゜v`)。+゜



$犬のしつけ・訓練・美容 Ben&Pal~ベンパル~のブログ
 Ben&Pal~ベンパル~




住所 石川県小松市八幡イ24-4


電話 080-3041-0099


営業時間 10時~19時


定休日 不定休


ホームページ 「Ben&Pal」





暑い日が続いていますが、皆さま熱中症など大丈夫でしょうか?

犬は基本、暑さに弱い生き物なので、しっかりエアコンを使い温度調節してあげてくださいね!

炎天下や地面の熱い時間でのお散歩もくれぐれもお気をつけください<m(__)m>

 

さて、今回はオヤツを使ったトレーニング時によくされる質問2つのQ&Aをご紹介したいと思います。

参考にしていただけたら幸いです。

 

Q1、オヤツを持っていないと言う事を聞いてくれません!

これ、結構あるあるではないでしょうか?笑

食べ物を用意している所見せないと、手に持っていることを確認させないと、オスワリなどの簡単な事すらしてくれない。

なんで?どうして?

 

これ、

毎回トレーニングする!と人間が決めた時に、オヤツを用意しだす。

という一連の流れを犬がちゃんと見て読み取って連想してるからなんです。

オヤツを用意する→トレーニング(人から要望が伝えられる)→応えればオヤツ貰える

という具合。

なので、そのきっかけとなるオヤツを用意するという人の行動が見られない場合、犬はトレーニングでは無いと思ってる可能性がある。

また、持っていない、確実に報酬(オヤツ)が出て来ない可能性がある場合、やる気が出ないのは当然です。

だって犬は利己的な生き物だから笑

自分に得が無いかもしれないのに、人の言う事を聞く義理なんてありませんもんね。

なので、飼い主さんにお願いするのは、トリーツポーチなどで常に食べ物を持ち歩く事。もしくは家の中であれば至る所に小皿などに用意しておき、オヤツを用意する姿を見せずとも、常に報酬が用意されている事を犬に分かってもらう事です。

 

 

Q2、オヤツ無しでも言う事を聞いて欲しい!

Q1に付随するかのように出る質問ですね。

さて、Q2について考える方に逆に質問です。「何故オヤツ無しでも言う事を聞いて欲しいのでしょう?」

この質問をすると返って来る答えが…

 

・何となく出来たら便利

・警察犬とかみたいで賢くてかっこいい

・もしもの時にオヤツ持ってなくても聞いて欲しい

 

がベスト3で返ってきます。

うん、確かにオヤツ無しでしてくれれば便利だし、カッコいいし、周りの飼い主さんたちからもすごーい!て言われるし、うっかり忘れてたりしても聞いてくれれば言う事無しだと思います。人間は。

でも、犬からしたらどうでしょう?

人からの指示がお仕事でもないペット犬。競技会に出るわけでもない。いざっていう時って人のうっかり?それなのに報酬無しでも言う事聞かなきゃいけないの?

 

出来るようになったからと、オヤツが全く出て来なくなると、犬はその行動をしなくなっていきます。(負の弱化)

Q1でも書いたように、『犬は利己的な生き物』です。その犬にとって良い事がないと行動は減っていくのです。

今まで出てきたオヤツが、突然出て来なくなる。出て来ない方が多くなる。そりゃ犬は言う事聞かなくなりますよね?

 

私は家庭のペットである犬に対しては、オヤツ無しで何時でも何処でも言う事を聞く義務は無いと思っています。

オヤツを用意できる状況下にあるにも関わらず、出さないというのはうーーん?

それって、裏を返せば、「人の言う事に応えればいい事がある!」という信頼を、人自ら崩していってるようなものだと思いませんか?

そして、その「人の言う事に応えればいい事がある!」という信頼があるからこそ、いざ!という時にオヤツが無くても犬は動いてくれる。と思いませんか?

勿論、その1回で信頼は減ります。オヤツ無かったんだもの。けど、またその後もちゃんと出し続ければ信頼は回復していきます。

 

こういう「信頼」って、その人が好きだから!とか、その人がリーダーだから!とか、そういう事では無いんです。

日ごろ毎回、必ずその結果になる。獲得できるという積み重ねが「信頼」に繋がります。

 

-まとめ-

・トレーニングの時間以外の時でも、常にオヤツは持ち歩く!

・犬が人の要望に応えてくれた時には、必ず報酬(オヤツ)を差し出す!

・日ごろ常に報酬が出る事によって、信頼が築ける!

・犬に過剰な期待はしない!!

これらを肝に銘じて、いざ!という時にも動いてもらえるような信頼関係を築いていきましょう♪

 

コロナでの緊急事態宣言が全国的に解除され、気候もお出かけ日和な日が多くなってきた今日この頃。

愛犬とのレジャーなどでのお出かけも増えてくると思います。

 

実際、私の地域でも結構、犬を乗せた車が増えてきたように思います。

レジャー以外でも、獣医さんやトリミングなどで車に乗せることもあるでしょう。

 

ん?ちょっと待って。

犬が乗ってるのが分かる車って、つまりは犬が車内フリーで窓から見えてる状態ですよね?(特に小型~中型犬)

それ、物凄く危険な事だと思いませんか?

 

先ず、運転手の膝に犬が居るのは、運転の支障になる事で『道路交通法違反』になります。

最近どこかの県で、警察の注意を振り切った人がこれで捕まりましたよねあせる

 

じゃあ、運転手の膝に乗らずに他の座席や人の膝ならいいでしょ?

 

と思ったそこの貴方!!

犬はシートベルトできません。出来るタイプの胴輪はありますが、着用させてますか?

事故を起こしたくて起こす人なんてほとんどいないと思います。

そして事故は突然やってきます。

事故が起きた時、人はシートベルトで守られているので、よほど大きな事故でなければむち打ちなどの軽い怪我で済みます。

 

ところが、シートベルトもしていない車内フリーの犬は、事故の瞬間に吹っ飛び、大けが、最悪死亡です。

ちょっとしたカーブでも体が揺れ、踏ん張りきれずに転がってしまう仔もいます。

リードを持っているから、抱きかかえているから・・・。

事故の瞬間にもその手を離さないと言い切れますか?

 

事故は突然起こるし、どの程度の衝撃かなんて予想はできません。

 

だからこそ、クレートにちゃんと入れてあげて、そのクレートをしっかりシートベルトなどで固定してあげなくていけないんです。

 

とてもキツイ言い方になるかもしれませんが、どんなに可愛がっていたとしても、車内フリーで犬を乗せているのであれば、

本当には愛犬の事を大切に想っていないのだなぁ・・・

と私は思うのです。

だって、愛犬の命がかかってるんですよ?

 

クレートトレーニングをすれば、ハウスが苦手な子もちゃんと入ってくれるようになります。

愛犬の命とトレーニングを面倒くさがる事と、一体どっちが重要なのでしょう?

 

愛犬の命が大切で、本当に守ってあげたいのであれば、

車に乗せる時にはちゃんとクレートに入れて、しっかり固定しましょう!!

ハウスが苦手な仔であれば、しっかりとトレーニングをしましょう!

仕方が分からないのであれば、トレーナーに教わりましょう!!

 

あなたの愛犬の命を守れるのは、飼い主であるあなただけなのですから。

皆様、新型コロナウイルスによる猛威で心身の疲労がかなり増している事と思います。

自分やご家族のご自愛をどうか優先していただければと思います。

 

先日、石川県では知事による独自判断で緊急事態宣言が発令され、

今日は、国から全国全てに緊急事態宣言が発令されました。

 

当店での営業は今のところ継続する予定ですが、いくつかお客様にお願いがあります。

 

・トレーニングでご自宅にお伺いさせていただく場合、ご家族様全員にマスクの着用をお願いいたします。

 

・当店に来店される際には、必ずマスクの着用をお願いいたします。

 

・トレーニング後は、必ず手洗いとうがいをお願いいたします。

 

・トリミングでの犬の受け渡しは原則、リードまたはキャリーなどの入れ物にてお受渡しをお願いいたします。

 

・当店での滞在時間をなるべく減らすため、質問などはホームページにありますe-mailでのみ受け付けいたします。

ホームページ→https://benandpal.amebaownd.com/

 

・当店にある物品類にはお手は触れないようお願いいたします。(買うものが決まっている場合には、事前にご予約いただけると大変助かります)。

 

・↑これらをお守りいただけない場合には、キャンセル扱いとさせていただきます。

 

今後、小松市、加賀市などの主要顧客地域での感染激増が確認された場合には、しばらくの営業自粛やテレワークも考えておりますので、その際にはまた改めてお知らせしたいと思います。

その他質問などありましたら、メールなどでお気軽にご質問ください。

大変ご迷惑をおかけいたしますが、ご協力の程よろしくお願い致します。

お久しぶりのブログです!

だいぶ暖かい日も増え、桜も満開になってきましたね桜

しかし、新型コロナの影響で、お花見どころじゃないのが現実・・・

外出自粛要請の出ている地域の皆様、大変かとは思いますが、家の中でできる自分の好きな事を見つけ、愛犬たちと一緒に乗り切ってくださいね。

 

さて、新型コロナもそうですが、最近の日本は災害がとても頻発しています。毎年何らかの災害が起き、避難なども余儀なくされていらっしゃる方々もおいでます。

今回はそういう事も踏まえて、愛犬への食事の与え方などについて考えていきたいと思います。

 

1・愛犬はどのくらい同じフードを食べていますか?

お家に愛犬を迎えてから、その子が亡くなるまで、ずっと同じフードを与えている飼い主さんを結構見かけます。

その中には「これしか食べないの~」という仔も結構います。

また、ブリーダーさん、ショップさん、獣医さんなどから「おススメされたものしか与えてはいけない?」と思って続けている飼い主さんも多いのではないでしょうか?

ドッグフードは基本的には『総合栄養食』として作られているため、同じフードを与えていても、まぁ問題はありません。


しかし、それで「それしか食べれない」という弊害が起きてしまう可能性も・・・

 

2・同じフードしか食べれない弊害

同じフードしか食べれない子(または飼い主さんがそう思い込んでいる)場合、冒頭で話したような大規模災害に見舞われた時、あなたの愛犬がいつも食べているフードが無くなる可能性があります。

貯蓄していたフードが底をついた時、物資で届いたフードがいつものフードでは無かった時、また海外の原産国が災害などでフードが国内に入って来なくなった時。

どうしますか?そんな時の為に、愛犬には与えたものは何でも食べる仔になっていて欲しいですよね?

 

3・日ごろから色んな物を食べれるようにしましょう

フードを1種類に固定するのではなく、色んなメーカーのフードをローテーションしたり、ウェットフードや水で戻すタイプ(フリーズドライや低温乾燥など)などを使ったり、

オヤツも様々な形状硬さの物をあげてみたり。

たまにトッピングなどで食材そのままのものをあげるのもいいですよね!

手作りばかりの人も、たまにはカリカリフードをあげたりしないと、災害時に愛犬の分まで食べ物を回すことはできないと思います。

とにかく、日ごろから少しづつでいいので、愛犬に色んなものを食べさせてみましょう!

注意*必ず犬が食べても大丈夫な物を与えてください。アレルギーや疾患のある仔は、さらに気を付けてください。ドッグフード以外はあげすぎると栄養バランスが崩れたり、肥満の原因になりますので、ほどほどにしてください。

 

4・実は犬は食べ物の刺激を欲しているかも…

犬は基本、毎回同じものでも飽きずに食べます。しかし、だからといって毎回同じもので良いという事ではありません。

これは食べ物に限らず、オモチャなどでもそうです。

匂い・食感・味などの感触は人と違う部分はあれど、ちゃんと機能しています。

特にオモチャではよく見かけると思いますが、好き嫌いがはっきり分かれたり、新しいオモチャにはテンション上がったりしますよね?

それと同じ事が本来食べ物にもあると思うのです。

 

 

5・食べムラの原因について考えてみる

食べムラ。これも最近多く聞かれるようになりました。

実際のところは犬に聞いてみないと分からないのですが、主な原因と思われるものを幾つかあげてみましょう。

 

・フードの劣化

 愛犬の給餌量に対し、コスパがいいからと大袋を購入したり、開封後の管理が悪く、酸化などが進みフードの鮮度・風味などが落ちている。(例:チワワに対し5kg購入など)

置き餌をしている

 これもヨダレやホコリなどによる劣化や、常に食べれる状態にあり空腹時間が無く、食への意欲が低下。

与え方に工夫が無い

 『決まった時間や回数を器に入れてたべる』というのは、人の概念です。犬は器などは本来必要とはしておらず、1回分をまとめて食べないといけないなどの概念も持ち合わせていないと思います。

食べ物は獲得できた時に食べる。

なので、毎回同じように器であげるだけではなく、たまにオモチャに仕込んで遊びながらや、宝探しゲームのようにしたりと、変化を付けてあげるのもいいでしょう。(トレーニングなんかは最高ですよね!)

 

 

これからの備えや、今起きている食べる事へのアレコレを簡単に書きました。

少しでもヒントになればと思います!

ではまた~爆  笑バイバイ