<  波動を高めて生きる > ~ 乳がんをきっかけに出会った心と波動の学び ~

<  波動を高めて生きる > ~ 乳がんをきっかけに出会った心と波動の学び ~

ダウジングによる「波動改善法」と
「心と波動の学び」を通じて
いつも自分の心と向き合い見つめています。


テーマ:

今年の新潟は昨年にも増して暖かく

東京では今日にも開花宣言か・・と

春が来たことを

伝えています。

 

冬の間は

雪で覆われた近くの河川敷も

すっかり雪が消え、

地面から土が見え始めたと思ったら

あっという間に雑草の緑に覆われて

つい先日まで雪があったことが嘘のようになっています。

 

飼い犬のこまめの散歩も

雪がある間は河川敷には行けなかったので

そんな草や土を踏みしめながらの散歩は

本当に気持ちが良い。

 

新潟は全国でも

2月から4月にかけての日照量が

急激に増える土地柄らしく

この季節一気に春へと掛け上がります。

 

この季節に河川敷に行くと

いつも土の中から顔を出すふきのとうに出逢います。

 

毎年自然の恵みを頂いて来て、

ふき味噌にするのが恒例ですが、

今年は家の裏庭に

ふきのとうがまとまって生えているのを発見。

 

 

だいぶ開いてしまった感じですが、

いつもふき味噌にして食べるので

多少開いていても気になりません。

 

 

いつも母が作ってくれていたふき味噌の味を

思い出しながら

味噌や砂糖を調節して

今年も作ってみました。

 

 

ふき味噌と一口で言っても

家庭によってきっといろんな味があると思うのですが、

母の味は、

ふきをまず油で炒めるところがミソ。

その後で味噌と砂糖を入れて作ります。

 

油で炒めるので

色が濃い目で

しっとりした感じに出来上がります。

 

私は母が作ってくれていたこの味がお気に入りですが、

美味しくてご飯が進みます。

 

これからの季節は、

河川敷で蕨も採れたりもします。

 

山奥でもない住宅地ながら

豊かな自然があることを

本当にありがたいことだなと感じます。

 

暖かな日差しに春を感じていて思うのは、

雪が少なく、

除雪もほとんどせずに済むような年は、

それはそれでありがたいのですが、

春を待ちわびるような

そこはかなく切ないような思いが沸いて来ない。

 

雪の多い年と比べると

春を迎える気持ちにワクワク感がない。

 

漠然と当たり前のようになっていることに

気が着きます。

 

雪深く

ほとんどお日様の日差しが射さないようなところに

身を置いていると、

お日様の日差しが待ち遠しくて

雲間から見える青空が愛しくて

仕方がない。

 

澄みきった青空に

心が晴れ晴れとして、

まぶしくて

目を開けていられない。

 

お日様のありがたさも

青空の美しさも

日差しの温もりも

きっと

冬を耐え忍んだ日々があってこそ。

 

冬のグレーな日々は嫌い。

 

でも、

この春の愛おしさを

体いっぱいで感じられることには

本当に喜びを感じる。

 

この喜びも

グレーな日々を味わい切ったからこそなのだ。

 

そう思うと、

そんな日々を堪えることも

そうそう悪いことでもない、

そう思えてしまうほどに

雪国の人が春を待ちわびる気持ちに半端がない。

 

人生にしても

日々生きていればいろんなことがあるけれと、

悲しみや苦しみがある分だけ

そこから抜け出し、

乗り越えた時の喜びは大きい。

 

雨が降り続け

雪が止まないことはないこと。

 

いつか

雲間から青空が見え、

太陽が顔を見せる日があることを

信じて疑わず

心を安らかにして生きる。

 

そんな

自然の有様から

喜びも

苦しみも

悲しみさえ

 

それが人生の醍醐味だとして

生きた行けたら良いな。

 

そんな風に思います。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

乳がんをきっかけとして出逢った

長野市のSE研究所の穂苅秀郎氏が築き上げた

ダウジングによる「波動改善法」。

 

文字や文章を通じて

エネルギーを動かすことで

心身の不調を改善へと導びいたり、

願い事を実現する技術。

 

地球の裏側にいても

名前さえわかれば

この世の誰にでも

して上げことのできる素晴らしい技術。

 

この技術の素晴らしさを伝えたい。

 

そう願い、

私が持てる技術でできることを、

波動改善法のメニューを通じて

体験して頂きながら

お伝えしています。

 

あなたが今感じている

心や体の不調を

少しでも改善するお手伝いができるかもしれません。

 

ぜひいつでも

お問い合わせ頂けたらと思います。

happylabo18@gmail.com

 

メニューページはこちら

→ https://ameblo.jp/believemirai14/entry-12432882260.html

 

ココナラに出店中。オーダーして下さった方の感想も掲載中。

→ https://profile.coconala.com/users/812561

 

SE研究所 HP  http://www.selabo.jp/

 

SE研究所・ブログ 「心と波動の世界・総合版」 http://sefuti.seesaa.net/

 

 

 

 

 


テーマ:

日々生きていると

ついついどツボにはまって

ネガティブな感情に支配されてしまうこと、

ありますね。

 

自分で願っていないのに

どんどん否定的な言葉が

悪魔のささやきのようにして出て来ること。

 

なんで自分を傷つける言葉が出て来るんだろう。

 

なんで自分を貶(おとし)めようとするのだろう。

 

と思います。

 

 

そんな時って

 

沸いて来るものを止める事なんてできない。

 

心に浮かんでしまったことは消しようがない。

 

 

「ネガティブな感情は持たないようにしましょう。」

 

と言う事は簡単だけれど、

 

人間だから

誰しもそのような感情を抱いて当たり前。

 

ならば、

もうそれをなかったことにしようとか

そんな感情を消し去ろうとせずに

まずそのままに

しっかりと受け留めてみることから始めてみる。

 

自分の感情をしっかりと見る。

 

どんな否定する言葉が出てくのか。

 

その言葉も

もう一人の自分から発せられている

心のつぶやき。

そして、叫び。

 

怒っている自分。

嘆いている自分

悲しんでいる自分

涙を流している自分・・。

 

何かを一生懸命言葉にしようともがいている

そんな自分の傍に腰かけ、

そっと耳を傾けてみる。

 

意外な思いもしない言葉が出て来るかも。

 

しばらくそんな自分と付き合ってみる。

 

そして、

ただただ聴いて受け留めてみる。

 

それはそれで致し方がなかったかも。

 

否定せずに

そんな言葉を発している自分を嫌わずに

ひたすら受け留めてみる。

 

自分の声を聴けるのは、

受け留められるのは、

この自分しかいない。

 

否定してしまわずに

ただただ川が流れていくのを

見つめるようにして

 

聞くだけ聞いて上げたら

受け留めて上げれたら

 

もしかして

ネガティブな自分も気が済んで

少しはスッキリして

気持ちが落ち着いて来るかもしれない

と思います。

 

今の自分を認める、

ありのまま認めると言う事は

なかなか難しいことかもしれない。

 

けれど

ただ受け留めることならきっとできる。

 

努力してみる。

 

自分は、

この宇宙でたった一つの存在だと

この世界で一つの存在だと、

そのことを忘れないように。

 

誰にとって代わることが出来ない自分であること。

 

どんな自分でもいいんだよ。

 

自然界を見てごらん。

 

どんな姿だってアリ。

 

何一つ同じものがない。

 

どんな姿だって誰も否定されない。

 

人間は自然の一部。

 

だからそれで良いんだよ。

 

どんな自分だってそれが自然。

 

当たり前。

 

 

ネガティブな自分も愛せたら良いね。

 

そんな自分をしっかりと抱き留めて上げよう。

 

それが出来るのは

自分しかいないのだから。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

乳がんをきっかけとして出逢った

長野市のSE研究所の穂苅秀郎氏が築き上げた

ダウジングによる「波動改善法」。

 

文字や文章を通じて

エネルギーを動かすことで

心身の不調を改善へと導びいたり、

願い事を実現する技術。

 

地球の裏側にいても

名前さえわかれば

この世の誰にでも

して上げことのできる素晴らしい技術。

 

この技術の素晴らしさを伝えたい。

 

そう願い、

私が持てる技術でできることを、

波動改善法のメニューを通じて

体験して頂きながら

お伝えしています。

 

あなたが今感じている

心や体の不調を

少しでも改善するお手伝いができるかもしれません。

 

ぜひいつでも

お問い合わせ頂けたらと思います。

happylabo18@gmail.com

 

メニューページはこちら

→ https://ameblo.jp/believemirai14/entry-12432882260.html

 

ココナラに出店中。オーダーして下さった方の感想も掲載中。

→ https://profile.coconala.com/users/812561

 

SE研究所 HP  http://www.selabo.jp/

 

SE研究所・ブログ 「心と波動の世界・総合版」 http://sefuti.seesaa.net/

 

 

 

 


テーマ:

新潟県では

昨日が

公立高校の入試の合格発表の日でした。

 

娘は既に進路が決まっているから良いのですが、

クラスメートやお友達が

発表の結果で

明暗を分けることになってしまい、

受からなかった子や

親の気持ちを考えると

なんとも言えない気持ちになって来ます。

 

私が受験した当時は

行ける高校でしか選択しなかったし、

たぶん大丈夫と見込んでいたから

滑り止めの学校も受験しなかった。

だから、受かった時は本当に嬉しくて安堵しました。

 

でも、

それが想定外に落ちてしまったら・・

 

どう気持ちを落ち着けて

物事をどう考えていいのか

 

気持ちを切り替えて

次の選択へと進んで行かねばならないのに

気持ちが立ち直れなかったら。

 

もうこの段階で

未来への希望自体が

絶たれてしまったような気持ちになるのでは。

 

心が折れて

打ちひしがれている子もいるのではと思うと、

とても辛いことだなとおもんばかっています。

 

でも、

今はただ、

行く学校がそこではなかった、

と言う事実だけがあり、

自分自身の意思さえ

きちんと定めることが出来たら

未来はこれからいくらでも

今までと変わりなく

必ず開かれて行く。

 

その扉を開けるのは

紛れもない自分自身。

 

今起きていることも

もしかしたら

予め自分が生まれて来る前に選択した

運命通りなのかもしれません。

 

何が良いか

何が悪いかなど

長い人生においては

きっと死ぬ直前まで

分らないことだと

私は思います。

 

だから

今の状況に嘆くことなく、

今ある状況を乗り越え、

災い転じて福と為す生き方をして行くこと。

 

それだけを

心に留めて行きて行けば大丈夫。

 

今ある状況がいつまでも続くはずがない。

 

そして、

今の自分で

人生のすべてが決まる訳でない。

 

まずもって

人生何が起こるかわからないのだから。

 

人から見てどのように見えているとしても

今生で掲げた課題をこなし、

死ぬまでにこの課題を必ずやり遂げること。

 

そのことを忘れないように。

 

自分が自分に課した宿題が何だったのか

すっかり忘れてしまい、

たとえそれが何なのかはわからなくとも、

 

その時々の自分が最善を尽くして

日々を生き、

 

そして、

生かされていることに感謝し、

 

一日を一生として

大切に生きていたら

 

自ずとそのような人生

課題に気づき、

乗り越えて行ける人生が

必ず見えてくるはず、

と思います。

 

周りに惑わされずに

自分の心の声を聴く。

 

太陽を仰ぎ

常に

天に照らして

最善を生きる。

 

そんな人には

必ず

その人生は、

魂を磨き

更なる自分へと昇華する日々となる。

 

太陽の光が燦々と降り注ぎ、

光りに満ちた人生を送れるのだと思います。

 

人生のチャレンジは始まったばかり。

 

諦めずに

挑んで行く。

 

必ず乗り越えて見せる。

 

そんな姿を

神さまはいつもいつも

心から待ち望み

見守っている。

 

すべての人が

目の前に立ちはだかる困難を

素晴らしい体験へと

宝物へと変えて行けますように。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

乳がんをきっかけとして出逢った

長野市のSE研究所の穂苅秀郎氏が築き上げた

ダウジングによる「波動改善法」。

 

文字や文章を通じて

エネルギーを動かすことで

心身の不調を改善へと導びいたり、

願い事を実現する技術。

 

地球の裏側にいても

名前さえわかれば

この世の誰にでも

して上げことのできる素晴らしい技術。

 

この技術の素晴らしさを伝えたい。

 

そう願い、

私が持てる技術でできることを、

波動改善法のメニューを通じて

体験して頂きながら

お伝えしています。

 

あなたが今感じている

心や体の不調を

少しでも改善するお手伝いができるかもしれません。

 

ぜひいつでも

お問い合わせ頂けたらと思います。

happylabo18@gmail.com

 

メニューページはこちら

→ https://ameblo.jp/believemirai14/entry-12432882260.html

 

ココナラに出店中。オーダーして下さった方の感想も掲載中。

→ https://profile.coconala.com/users/812561

 

SE研究所 HP  http://www.selabo.jp/

 

SE研究所・ブログ 「心と波動の世界・総合版」 http://sefuti.seesaa.net/

 

 

 

 

 


テーマ:

3月はさよならの季節。

 

そして、4月は出逢いと

 

自然の有様がいつどんな時も

同じでなく常に移り変わっているように

 

人の有様も

日々移ろい

同じことがない。

 

毎日同じことの繰り返しのように見えて、

人は確実に日に日に年を重ね、

歳月の流れと共に

変化し、

人間関係も

顔ぶれも

同じであることがなく

変わって行く。

 

我が家でも

想定外の

新しい変化が起きました。

 

今年中3の娘は

今年高校受験。

 

でも、

高校は義務教育じゃないから

地元に行きたい高校はないし、

高校へは行かないと、

春から言い続けていた娘。

 

芯が強いので

このまま行ったら必ず実行し、

受験もしないことになるだろうと、

ずっと頭を抱えていました。

 

そんな娘が

ネットで行きたい高校を見つけ、

受験したいと言い始めたのが

昨年12月。

 

かなり慌てました。

 

受けても落ちる可能性があるから

チャレンジするのは良い経験と

受けさせましたが、

結果、合格となり、

娘の戦略にハマった格好に。

 

もう前へ進むほかなくなりました。

 

無理やり地元の高校に入れたところで

無気力になったり、

不登校になったり、

はたまた鬱になったらどうしよう。

 

ここは

チャレンジせずに

後悔することより

チャレンジして後悔した方が良い。

そう思いました。

 

私自身もそうやって生きてきたから。

 

人はいつでも

前へ前へと進んでいる。

 

誰もその歩みを邪魔したり

足を引っ張ったりする権利がない。

 

たとえ親であっても

可能な限り

その可能性を伸ばしてやることが

親としてできる最大限の応援。

 

年を重ね老いて行く自分のことより

可能性を秘めて輝こうとする娘の背中を押してやりたい。

 

そう思って、

東京行きを決めました。

 

自分で決めなさい。

 

精一杯やりなさい。

 

どこまでできるかやってみる

挑戦すると言う体験は、

人生において何回あるかないかの貴重なチャンス。

 

長い人生の中で

自ら挑み体験した出来事のすべては

きっと人生にとって

かけがえのない財産となる。

そう信じて疑いません。

 

誰もが

今生の人生で

自分の課題に向けて

みんなチャレンジし続けている。

 

周りにいる者は

ただひたすら見守り

エールを送ることしかできない。

 

その人生を

誰も代わって上げることが出来ないから。

 

わずか15年しか一緒に居れなかった。

その寂しさよりも

今は不安で仕方がないけれど。
 
でも、
波動改善法があるから
 
不安を希望に変えることが出来る。
 
だから、
波動改善法と
この技術を築いた
穂苅秀郎氏に心から感謝しています。

 

誰にも

自分の思うままに生きる権利がある。

 

親からもらい、

いつ果てるともわからないこの肉体を借りて

永遠に続く命の

わずか一瞬てしかない人生ながら

かけがえのない今生と言う時を

精一杯に生きる。

 

あなたは

そう生きれていますか。

 

あなたが自分らしく

ありのままに生きていますように。

 

すべての魂が輝き

辺りすべてを照らしますように。

 

娘と

すべての人に

心からのエールを送ります。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

乳がんをきっかけとして出逢った

長野市のSE研究所の穂苅秀郎氏が築き上げた

ダウジングによる「波動改善法」。

 

文字や文章を通じて

エネルギーを動かすことで

心身の不調を改善へと導びいたり、

願い事を実現する技術。

 

地球の裏側にいても

名前さえわかれば

この世の誰にでも

して上げことのできる素晴らしい技術。

 

この技術の素晴らしさを伝えたい。

 

そう願い、

私が持てる技術でできることを、

波動改善法のメニューを通じて

体験して頂きながら

お伝えしています。

 

あなたが今感じている

心や体の不調を

少しでも改善するお手伝いができるかもしれません。

 

ぜひいつでも

お問い合わせ頂けたらと思います。

happylabo18@gmail.com

 

メニューページはこちら

→ https://ameblo.jp/believemirai14/entry-12432882260.html

 

ココナラに出店中。オーダーして下さった方の感想も掲載中。

→ https://profile.coconala.com/users/812561

 

SE研究所 HP  http://www.selabo.jp/

 

SE研究所・ブログ 「心と波動の世界・総合版」 http://sefuti.seesaa.net/

 


テーマ:

先日、脳梗塞による全脳麻痺の義母が入院している病院から

電話があって慌てて駆けつけたと時のことは

下記に書かせて頂きました。

https://ameblo.jp/believemirai14/entry-12437050037.html

 

また再び一命を取り留めた義母。

 

今はまた平穏な日々が戻って来ています。

 

これまで何度

病院から呼び出しが来て

何度命の危機を乗り越えたのか。

 

日誌も書いていないのでわかりませんが、

たぶん10回以上

今回が本当に最期かもと思って

何度も病院に駆けつけました。

 

心房細動の持病があるから

心臓が持ちこたえられなくなったらもうお終い。

 

今回は、栄養も2か月以上入れていないのに

水分だけで命を生きながらえている。

 

医師も看護師さんもただただ驚いています。

 

義母は83才。

 

もし波動改善法が無かったら

きっともうとっくに終えていた命だと

最近、波動改善法の効果を体験するほどに

それを実感しています。

 

そんな義母ですが、

先週、

看護師さんから

最近、血管に点滴の注射針が入りづらくなって来たことを

聞きました。

 

主治医からも

皮下注射と言う手段もあるし、

胃瘻から入れることもできる。

 

ただ、

それも受け付けられなくなったら

水分が取れなくなり

その場合にはかなり厳しい状態になると、

再び、覚悟すべき段階にあることについて聞かされました。

 

もう最後の最後の段階に来ているのかも。

 

落ち着いている義母ですが、

またいつ何時急変するかもわからないのだと

改めて気を引き締めさせられました。

 

私のできることが少なくなって来ている。

 

最近は毎日波動改善をして

義母にエネルギー送っていますが、

いつかそれさえも

役に立たない日がやってくる。

 

そう思うと

切ない気持ちになって来ます。

 

でも、

このような状態の義母が生きていること、

それ自体が本当に奇跡だから、

いつそのようなことが起きても

致し方ないのだ。

 

そこまで来たら、

それは老衰であり、

天命である、

と、考える他ない。

 

そう思うことにしています。

 

いつも病院に行くと、

片目だけうっすらと目を開けてる義母。

 

話し掛けても

聞いているかどうかも分らない。

 

でもきっと聞いていると信じて

ありきたりの言葉だけれど

一方的に語りかける。

 

そして、いつも

お風呂に入れない義母の顔を

温かいタオルで拭いて上げると

以前は気持ち良さそうにあくびをしていた時も以前はあったけれど、

今はそのような反応もない。

 

私に何ができるだろう。

 

義母の手を握り

しばらく摩ってみる。

 

強く摩るとストレスになってしまうので

ほんのわずかな時間だけ。

 

義母にはいつも

脈拍と心拍

酸素量、血圧の状態測定するモニターが

着けられている。

 

普通の人の正常値で80~90の脈拍が

義母は高めでいつも120前後。

 

手を摩りながら見ていたら、

その数字が

みるみる間に下がって来て

90辺りをうろうろしている。

 

えっ。

 

義母は感じている。

言葉は話せなくとも、

意思表示が出来なくとも。

 

数値がそれを現している。

 

手を触ると気持ちが良いことを。

 

手を触っていると安心することを。

 

良かった。

 

今の私にまだできることがあった。

 

人は、

どんな状態になろうとも

最後の最後まで

持てる力を振り絞って生きている。

 

それがどんなに

たとえ風前の灯の命であっても、

人は最後まで

その命を輝かせ

まっさらな光を放ち続けている。

 

義母がもし

この世からあの世へと

引っ越しをする時が来たら

私は義母の手を摩って

別れを惜しもう。

 

摩りながら伝えよう。

 

ありがとうね。

 

がんばったね。

 

と。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

乳がんをきっかけとして出逢った

長野市のSE研究所の穂苅秀郎氏が築き上げた

ダウジングによる「波動改善法」。

 

文字や文章を通じて

エネルギーを動かすことで

心身の不調を改善へと導びいたり、

願い事を実現する技術。

 

地球の裏側にいても

名前さえわかれば

この世の誰にでも

して上げことのできる素晴らしい技術。

 

この技術の素晴らしさを伝えたい。

 

そう願い、

私が持てる技術でできることを、

波動改善法のメニューを通じて

体験して頂きながら

お伝えしています。

 

あなたが今感じている

心や体の不調を

少しでも改善するお手伝いができるかもしれません。

 

ぜひいつでも

お問い合わせ頂けたらと思います。

happylabo18@gmail.com

 

メニューページはこちら

→ https://ameblo.jp/believemirai14/entry-12432882260.html

 

ココナラに出店中

→ https://profile.coconala.com/users/812561

 

SE研究所 HP  http://www.selabo.jp/

 

SE研究所・ブログ 「心と波動の世界・総合版」 http://sefuti.seesaa.net/

 

 


テーマ:

今日はお雛祭りですね。

 

我が家では

主人の休みの関係で

昨日やっと雛人形を出し、

ささやかにお祝いをしました。

 

一昨年は、

何が原因だったか忘れてしまいましたが、

気が重くて億劫なまま出さずじまい。

 

昨年は、

実家の母が亡くなり、

本当ならば

母が娘に贈ってくれた雛人形だからこそ出したかったのですが、

心か晴れず、

出すことが出来ませんでした。

 

なので

お雛様にお会いするのは3年ぶり。

 

ずっとしまったままになっていてごめんなさい。

 

 

この雛人形は

母と一緒に義両親とみなで出掛けて行き、

地元の人形店で買い求めたものです。

 

これまで女の子の孫がなく、

娘の私が女の子を産んだことを

母はたいそう喜び

愛してくれていました。

 

義両親も

主人が一人っ子だったために

本当に目に入れても痛くないくらいに

かわいがってくれていました。

 

この雛人形は、

店内に並んでいた雛人形の中でも

ひときわ立派なもので、

本当に出すのに一仕事となります。

 

でも、

だからこそお雛祭りと言う季節の行事に

重みも感じます。

 

 

現代の住宅事情がなかなか許さないため、

また、

古くからのしきたりも少しずつ馴染みが薄れてか、

7段飾りを買い求めるお宅も少なって来ているのだとか。

 

主人の実家には床の間があったので

いつもありがたく飾っていますが、

飾るといつも晴れ晴れとして

一気に春が来たように

場が華やぎます。

 

このお雛様の

お姫様とお内裏様のお顔が本当に綺麗なんですよ。

 

「人形は顔が命」

は、どこかの人形メーカーの宣伝文句ですが、

本当にそう思います。

 

見つめていると、うっとりします。

 

 

 

お雛様は

女の子のお祝いとされているようですが、

実際には子どもに対する願いとお祝いなのだそうです。

(お雛様の言われについて下記にコピペしてみました)

 

今日、この日に思うのは、

女性が女性である・・・

と言うことを

誇りに思い、

自分をかけがえのない存在として生きて欲しい。

と言うこと。

 

それが

何かの圧力だったり

ストレスであったり、

歪まされる何かであったり

そのようなことのない、

女性が女性であることを

誇りに、

喜びで生きることのできる

世の中であってほしい。

と言うこと。

 

女性は

長い間自分の生理とも向き合わせられながら

結婚、出産、子育て、閉経・・

と、

男性とは全く違う性を生きます。

 

自分が女性であることを疎ましく思ったり、

生きづらさを感じることは

きっとどんな女性もある。

 

そんな女性たちに

お疲れさま。

がんばっていますね。

 

と、

抱きしめて上げたい気持ちに駆られます。

 

女性は

自分の多くの愛を外に向けなくてはならない

そんな性で生きることを義務付けられている。

 

家庭の為

夫の為

子どもの為・・・

 

それでも

生きがいを見つけて

輝いている女性はたくさんいる。

 

でも、

本当に自分を大切にしていますか。

 

自分のことを労わり、

本当に愛していますか。

 

私自身も含めて

がんばりすぎることで

自分を蔑ろにしてしまったり

忘れてしまう、

自分自身の

心と体のこと。

 

女性は何より

自分の回りに愛を与えて放つ前に、

しっかりと自分と向き合い、

自分を愛でて

労わり

愛さなくてはいけない。

 

それが何よりも優先して

大切なこと。

 

そう思っています。

 

そして、

他者に求めたり、

何かを外に見出そうとする前に、

自己完結すること。

 

自分の意志をしっかりと持ち

自分の足でしっかりと立ち、

自分の意見を言える自分になること。

 

それが

自分を大切にすることに

必ず繋がって行くと思います。

 

何かの為に

誰かの為に

自分を見失ったり

蔑ろにしてはいけない。

 

今日こそ

 

今日だけでも良いから

 

すべての女性たちが

 

自身を愛でて愛し、

 

尊重し、

 

慈しむ大切な一日でとなりますように。

 

「雛人形の由来」

tps://www.rakuten.ne.jp/gold/komari/hinaningyou/hina-000-yurai.html

以下、サイトよりコピペ。

 

<雛祭りのルーツ>

雛祭りのルーツは、中国渡来の「上巳(じょうし)」の節句。

 中国では3月3日に、水辺にて身を清め、

穢れを払う習慣がありました。

 

これが日本に渡り、

3月3日には穢れ払いの儀式が行われるように。

 

奈良時代には紙でできた人形(ひとかた)が登場し、

平安時代には人形に厄を移して川に流す

「流し雛(ながしびな)」も誕生しました。

 

現在の雛人形と比べると、

意味も姿も全く違いますが、

最も古いお雛様の原型は奈良時代には生まれていた事になります。

<お守りやお祓いの意味合いを持つお人形>

今も日本各地で行われている「お祓い」のひとつとして、

紙の人形に自分の名前や年齢を書き、

身体でなでたり息をふきかけたりし

神社でお炊き上げをする文化もあります。

これは奈良時代に穢れ払いの儀式として登場した

「人形」がルーツとなっています。

その昔、医療や衛生状態の未発達により、

成人する前に命を落としてしまう子どもたちが

今では考えられないくらい多かったのですが、

親は「我が子が無事に成人するまで健康でいられますように…」

と祈りを込めて、厄払いをしたのです。

その延長として

お人形に厄払いや御守りの意味をこめて、

今日のお雛様に繋がってきます。

<雛人形のひなは、「ひいな遊び」から>

平安時代、貴族の女の子たちの間で

「雛遊び(ひいなあそび)」が流行しました。

紙でつくった人形を、

同じく紙でつくった御殿のなかで遊ばせるのです。

 単なるままごとと違うのは、人形が男女一対だということ。

宮中の暮らしをまねっこした遊びですので、

宮中にて夫婦の関係がいかに大切にされていたのかが伺い知れるでしょう。

雛には、

「大きなものをちいさくする」「かわいらしいももの」という意味があります。

宮中の暮らしをそのまま小さく表現したままごと遊びというところから、

雛遊びというネーミングになったのでしょう。

当店でも取扱のある清水久遊作のお人形にも、ひいなという名称がついていますが、

こちらもひいな遊びを由来としてこだわり作られた物です。

 人の心や思いをお人形というカタチにする事で、

今日の雛人形が作られています。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

乳がんをきっかけとして出逢った

長野市のSE研究所の穂苅秀郎氏が築き上げた

ダウジングによる「波動改善法」。

 

文字や文章を通じて

エネルギーを動かすことで

心身の不調を改善へと導びいたり、

願い事を実現する技術。

 

地球の裏側にいても

名前さえわかれば

この世の誰にでも

して上げことのできる素晴らしい技術。

 

この技術の素晴らしさを伝えたい。

 

そう願い、

私が持てる技術でできることを、

波動改善法のメニューを通じて

体験して頂きながら

お伝えしています。

 

あなたが今感じている

心や体の不調を

少しでも改善するお手伝いができるかもしれません。

 

ぜひいつでも

お問い合わせ頂けたらと思います。

happylabo18@gmail.com

 

メニューページはこちら

→ https://ameblo.jp/believemirai14/entry-12432882260.html

 

SE研究所 HP  http://www.selabo.jp/

 

SE研究所・ブログ 「心と波動の世界・総合版」 http://sefuti.seesaa.net/

 

 

 

 

 


テーマ:

仕事上の人間関係に悩む人は多いと思います。

 

上司が尊敬できる人だったら・・


と、


いつも解決できない不満を抱えている人も多い。

 


もし上司が、


言葉であれこれと言うのを止めて


目指すべき姿を自らが体現したら


部下は何も言わずについてくるかもしれない。

 


リーダーの方たちに言いたい。

 


あなたは部下から尊敬される姿を


自らが体現して見せていますか?

 

と。

 


そして、


いつも不甲斐ない上司に対して


いつも不満を抱え、


現状打破できない方たちにも言いたい。

 


あなたは、


上司があなたに一目置かねばならない

 

と思わせるほどに


部下としての姿を体現していますか?

 

と。

 


自分軸で生きるとは、


不平不満を言い続ける堂々巡りの中で生きることを止めて


自分の人生を


自ら輝いてる生きる生き方を選択すること。


なのだと思います。

 

 


テーマ:

人と比べると言うのは

 

決して悪いことではない、

 

と思います。

 

 

がんばっている人ほど

 

自分を向上させたいと思う人ほど

 

同じようにがんばっている人が気になるものです。

 

 

相手のどこが優れているか。

 

自分に何が足りないのか。

 

 

比べることで

 

相手の良いところを見倣い、

 

自分の足りない部分に修正を掛け

 

より良い自分になろうと努力する。

 

 

とても素晴らしいことだと思います。

 

 

でも、

 

自分が成功していても、

 

うまく行っていないとしても

 

人間の心の中には

 

どうしても

 

周りの人が気になり

 

嫉妬心や

 

僻みや

 

やっかみを生じさせやすい。

 

 

そんな心は

 

自分が健全であろうとする心を

 

波立たせて

 

歪みを作ってしまう。

 

 

自分の心に曇りが無かったら

 

その心には

 

太陽の光が差し、

 

陰を作ることがなく、

 

 

いつも心は光が満ちて満たされ、

 

その心は、

 

どんなことも受け留め

 

どんな喜びも

 

どんな悲しみも

 

分かち合うことのできる心が培われる。

 

 

でも、

 

心に曇りがあると

 

光が入らず、

 

曇った心のままに人を見てしまう。

 

 

歪んだ心で見れば

 

すべてのものが歪んで見えて当たり前。

 

 

この世の中に在る素晴らしいものを

 

素晴らしいと評価し、

 

悪しきものを

 

悪しきものとして受け留め

 

調和の内に昇華して行くためには、

 

まず自分の心の中にある

 

曇りを取り払わねばならない。

 

 

でも

 

人は、

 

日々生きながらも毎日

 

心に曇りを作り続けながら生きている。

 

 

曇りを取り払う作業は

 

一生掛かけて行って行かなくてはならない。

 

 

もし、

 

人を羨んだり

 

やっかむ気持ちが生じて

 

そんな自分に嫌気がさしたなら

 

その時は、

 

自分の外側にあるものに振り回されることは止めて

 

自分を見つめてみる。

 

 

比べるならば、

 

「昨日の自分」と

 

「今日の自分」を

 

比べてみる。

 

 

この一日で

 

自分はどう変わろうとしたのか。

 

どれだけ頑張ったのか。

 

 

わずか1mmでも成長できただろうか。

 

 

誰が見ていなくとも

 

自分のことは

 

誰より自分が知っている。

 

 

誰が

 

どんな成功を収めていようと

 

あなたの人生には

 

まったく関係がない。

 

影響もない。

 

 

あなたは

 

あなた自身を人生を生きればいいだけ。

 

 

他の誰も

 

真似のできない

 

自分の人生を生きること。

 

 

自分だけのストーリーを生きること。

 

それだけでも

 

十分に素晴らしい。

 

 

すべての人が

 

今生に生まれて来た

 

目的と使命を

 

果たすことが出来ますように。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

私が5年前に乳がんになったことをきっかけとして出逢った

 

長野市のSE研究所の穂苅秀郎氏が築き上げた「波動改善法」。

 

 

その素晴らしさをお伝えしたい。

 

体験して頂きたい。

 

そして、

 

ぜひご自分でも身に着けて頂き、

 

暮らしと人生に生かして頂きたい。

 

 

波動改善法の素晴らしさを伝えるため、

 

私が持てる技術でできることをと、

 

波動改善法を用いて、

 

遠隔療法でヒーリングを行わせさせて頂いています。

 

 

あなたが今感じている

 

心や体の不調を

 

少しでも改善するお手伝いができるかもしれません。

 

一度ぜひお試しいただけたらと思います。

 

メニューページはこちら

→ https://ameblo.jp/believemirai14/entry-12432882260.html

 

ご質問やお問い合わせはお気軽にどうぞ。

happylabo18@gmail.com

 

SE研究所 HP  http://www.selabo.jp/

 

SE研究所・ブログ 「心と波動の世界・総合版」 http://sefuti.seesaa.net/

 

 

 

 


テーマ:

あなたは自分を大切にしていますか。

 

そもそも

 

自分を大切にするとは

 

どういう事なのでしょう。

 

 

あなたは

 

心の奥から

 

時々聞こえて来る

 

自分の声に

 

耳を傾けていますか。

 

 

自問自答をしていると

 

ふと、

 

自分のではなく

 

どこからか

 

ふと、

 

自分が悩んでいること、

 

答えを見つけていることに対して

 

誰とも言えない声が聞こえることはありませんか。

 

 

その言葉に

 

はっとする時はありませんか。

 

 

その声は

 

自分の奥底に存在する

 

本当の自分から来る言葉だったり

 

自分の傍に居てくれる

 

守護霊の声だったりするのかもしれません。

 

 

その声に気づきながらも

 

耳を傾けることなく

 

生きていると

 

本来の自分ではなく、

 

その自分を偽って生きることになるかもしれません。

 

 

どんな人の心の中にも

 

善なる自分が存在し、

 

神なるものが宿っている。

 

 

答えを外に求めずに

 

ひたすら自分と向き合い、

 

その答えを探していたら

 

その答えは

 

外ではなく、

 

自分の中から見つかるかもしれません。

 

 

自分を大切にするとは、

 

本来の自分で生きること。

 

本当の自分の声に従って生きること。

 

なのかもしれません。

 

 

あなたは

 

自分を大切にしていますか。

 

 

 


テーマ:

世の中にはいろんな方が生きている。

 

中には、

生まれて来た時からや

生きている途中で

心や体に障害を負い、

生きておられる方もいる。

 

多くの方はきっと

どうして自分は障害を持って生まれたのか、

持ってしまったのか、

と、

否定的になってしまうことが

多いと思います。

 

障害をもって生きることの困難さは

当事者でないこと分らないこと。

 

まだまだ

障害者の方への福祉は十分とは言えないし、

障害に対しての偏見もまだまだある。

 

自分と闘いながら

世間とも闘いなから生きることは

本当に大変なことだと思います。

 

でも、

心身のどこかに障害があろうとも、

その命を輝かせて生きることを

神さまは

心から望まれている。

 

命に優劣などつけて

自分を

自分の命を否定的に捉えることは

私たちが魂の存在であることから見ても

良いこととは言えない。

 

自分を

障害がある、ないの

決して太刀打ちのできない条件で

自分を相手と比較するのだとしたら

それは意味がないこと。

 

私たちは魂の存在だから。

 

もし、

自分が比較するのだとしたら

同じ年頃の

同じ状況下にいる

この世の誰か

と言うライバルと比較するべき。

 

人は世の中にいる周りの人を見まわしては

自分と人を比較して

自分を卑下したり

否定してしまったりすることが多い。

 

でも、

よく考えてみて

 

同い年の友達と比べて

自分はどうだろう・・

 

決してがんばっていないとは言えない。

 

自分だって自分なりに

必死になってがんばって生きている。

 

そう言い切ることができる。

 

この世にいる

自分では到底なれないような存在になろうとしたり、

自分がもっと人より少しでも秀でることばかりに

心が動いて生きているとしたら

 

それは自分を見失い

自分を蔑ろにして

否定して生きていることできないのかな。

 

がんばっているよ。

 

それだけでも十分だよ。

 

そういつも自分に言える自分にまずなること。

 

自分の最強のライバルは自分。

 

自分がライバルだったら

もう少し頑張ればなれる自分が

いつも自分の少し先を走り

追っかけて来なよと

自分を引っ張ってくれる。

 

自分と言う存在は、

親友であり

良き理解者であり

サポーター。

 

そもそも

人にはもう五人の魂の分身がいて

次に生まれ変わるその内の一人が

今の自分に守護霊として着いているそうですが。

 

どんな自分であっても

それを認めること。

 

自分にとって何が大切なのかを

しっかりと見極めること。

 

決して比較するべきものではないものと比較して

自分を否定したり

卑下したりしないように。

 

魂を輝かせて生きる。

 

神さまからは

そんな自分が放つ光しか見えていないし、

届かないはず。

 

自分が自分をありのままに受けて容れ

認めることが出来る。

 

そんな心で生きる世の中は

きっと

自分にも

他人にも優しい

世の中なのではと

感じます。