こんにちは、みのりです

 

 

ディズニーとピクサーの共作

映画『ソウルフル・ワールド』を観ました。

 

 

 

 

舞台はニューヨークのマンハッタン。

 

ジャスミュージシャンを志す男性が

人生で最大の夢を叶えようとする瞬間、

命を落として魂の世界へ行く物語です。

 

 

 

20代の頃から目に見えない世界の話が好きで

よくそれ系の読書などはしてきて

知識としてはなんとなく知ってはいましたが、

 

 

私が魂って本当にあるんだな

人間って物質の存在ではなく、魂の存在だよな

 

 

って心の底から思うようになったのは

娘を産んでからのような気がしています

 

 

 

 

▲胎内記憶の映画『かみさまとのやくそく』をみてから、

将来子供ができて話せるようになったら色々聞いてみたいと思い、

 

 

娘が話し出すようになってからは

「なんでママのお腹に入ってくれたの〜」と

時々聞いたりもしてますが、

固く口を閉ざすうちの娘・・・(私がしつこいのかもw)

 

 

 

 

そんなこんなで、

映画の魂の世界のシーンに娘がどんな反応を示すかも

興味があって、一緒に観始めたのですが、

 

 

行かんせん・・娘のテイストではなかったようで

「ママ、つまんなーい」と脱落。。

 

後半は私一人で観ました、、涙

 

 

 

 

 

私がこの映画いいなと思ったのは、

 

 

この映画を通じて、

 

今、肉体を持って、

様々なことが体感できていることこそが

有り難きこと=幸せだということ。

 

を感じさせてくれるところ。

 

 

 

 

地球に生まれてきている私たちは、

「体験したい魂」なんですよね。

 

 

 

 

だから

 

空を見上げて心が満たされたり

息が吸えるってことを味わったり・・

 

 

人間だから体感できる五感で感じられる幸せを

ただただ感じる

 

「在る」ことに有難い、うれしいなと感じること、

 

それこそが幸せだよって

 

 

 

そんな描写に、心から共感し

この映画を観て、また同じように感じる人が増えることを想像して

とても満たされた気持ちになりました

 

 

 

マンハッタンは、20代の頃にフライトで何度も訪れた

私にとっても思い入れのある場所・・・

▲2008年、当時28歳の若きワタシ

 

 

映画を観ながら、

あの先輩と行ったジャズライブ

現地のハロウィン仮装パレード

 

 

また別のフライトで、仲良しの後輩とのステイ中に

たまたまブルーノートで演奏されるのが

その後輩が大好きな日本人ジャズピアニストで

その素晴らしい生演奏に、心震わせる感動がもらえたこと

 

当時、親友が大病で心苦しかったとき

上原ひろみさんのジャズピアノの音色に

心底癒されたこと・・

 

 

そんなこれまでの素晴らしい想い出もまた、

映画の中から感じることもできました

 

 

 

ピンと来た方、是非みて欲しいです♡