美腸栄養コンサルタント

管理栄養士の小川昭子です。

 

 

 

 

このご質問は

実際に糖尿病食事相談や

生活習慣病指導などで

良く患者様よりいただく内容です。

 

 

この答えを本日はシェアしたいと思います。

 

 

 

「カロリーゼロ飲料は血糖値を本当に上げないのか??」

 

(カロリーゼロ飲料は人工甘味料が使用されています)

 

 

ズバリ答えは、

血糖値の上昇だけを見ると、

 

 

「カロリーゼロ飲料は血糖値を上げません!!」

 

(研究結果として出ています)

 

 

 

つまり、血糖値コントロールする方には

とても都合の良い飲み物のように思われます。

 

 

 

しかし、本当にそうなのでしょう???

 

 

ちなみに私はこの類の飲み物は

一切口にしません!!

 

 

断言していますが本当です。

 

 

もちろん昔は飲んでいました。

 

 

カロリーゼロで血糖値を上げないなんて

こんな都合の良い飲み物はないと思っていました。

 

 

そんな私もここ4年くらいは

自動販売機で買う飲み物は

水、お茶、ウーロン茶、麦茶のみです!!

 

(キッパリ断言!!)

 

 

私のことはこの辺で

 

それでは本題です。

 

 

 

人工甘味料とほかの糖質では

実は消化のプロセスが異なるのです。

 

通常、炭水化物のような糖質は

小腸で消化・吸収されます。

 

吸収された糖(グルコース)は血液を介して

全身の血管に送り出されることにより

血糖値は上昇します。

 

一方、人工甘味料は、

ヒトの消化管では消化・吸収されないため

食後の血糖値に影響を与えないという特徴があります。

 

(同じものがありましたね?食物繊維です!!)

 

 

一時的に上手く使用するのなら

さほど問題はありませんが

 

 

習慣化した使用や長期の使用には

注意が必要です。

 

 

 

その理由は様々あるのですが、

 

 

 

人工甘味料の甘みは砂糖の

200倍程度あるにもかかわらず

体内で消化・吸収されないため

脳が余計に甘いものを欲するようになったり、

逆に空腹感が増したりするなどの症状が報告されています。

 

 

 

そのほかにも、

人工甘味料は糖代謝に影響が出るなど、

まだ解明されていない点が多くあります。

 

 

 

 

食事は一生続くものです。

 

やはり、目先の利点だけで安易に使用するのは

少し考えた方が良いように思います。

 

 

 

人工甘味料の使用や、人工甘味料を多く含む食品の摂取はこれらのことを踏まえて

自分で選択する目を持てると良いですね。

 

 

 

ではまた更新しますね。

 

 

 

 

 【ご案内中の栄養学講座・セミナー】

 

ダイエットカウンセリング→★★★

 

 

AGEsと血糖値の関係性→★★★