一生懸命に頑張ってる幼児をみると、可愛く応援したくなる。
大縄跳びでひとりひとりが緊張しながら必死で頑張っています。



3年生最後に東京遠征
東京ヴェルディボーイズさんと対戦

それも私の次男の通った高校のグランドを借りて試合

ありがとうございます。



5月に行われたSSK旗について報告
没収試合となり、記録上7対0で負け。
審判の判定に抗議をした。もちろん、必死で子供たちと一緒に戦っている監督としては当然の事。アウトかセーフかを争っているわけではない。映像がしっかり残っているため、私は何回も見直した。不可解な点がいくつもある。
審判員の発言、大人としてグランド内で良いのだろうか?そして没収試合にした審判員。審判員の集合の声に喜ぶ相手選手。子供ながらに負けていた試合が終わったから喜んだのだろうか?又、勝ちを確信できている相手選手たちに疑問! もちろん、没収試合を経験したことがないので、再試合?途中から日をあらためて行う?とも私は思ったぐらいである。
私が指導者としてその場にいたなら、選手たちには感情を出さずに待て❗と指導するであろう。東尾張ボーイズ3年生の選手たちには本当に申し訳ない気持ちでいっぱい。
子供たちの野球に、何がそうさせるのだろう?

監督退場は何回もみたことがある。しかしこのケースは退場にもなっていない。そうですよね!大人として抗議しているだけで退場にはなりませんから。

この件については、後程、連盟にも説明を求めていきたい❗




新人戦を一球速報でみました。なかなか観に行くことが出来ないのでありがたい。
好きな野球に打ち込んでいることに安心。
もう20歳。長男22歳
はやっ! 自分が年とってる自覚なし笑