晴れ時々雨 ハレルヤ 

お酒PickUp

平成20年2月23日(土)・・・【中目黒にて中目魚Open】・・酒旬亭・中目魚(シュシュンテイ・ナカメウオ)


【味噌漬け料理】と【魚介のハム】が自慢のお店です。目黒区上目黒1-19-2グリーンビル2階






とある雑誌のとある二人の対談より


Q:「幸せ」のイメージは?

A:人の暖かい気持ちに触れる事ができて、裏切りや疑いのない世界。


ん~、そう思う。


最近、裏切りと疑いが溢れている気がする・・・昔もあったとは思うが絶対数が違う・・・人は何処へ向かうのだろう。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2017-08-18 12:58:20

すみません。の裏側には。

テーマ:ブログ

すみません。裏側には。

 

ミスをして「すみません」と言う。

その裏側にはそのミスをカバー、挽回するために動く人がいる。

ミスした人が一緒になってカバー、挽回することができればいいがそれができない事がある。

カバーする人は自分の仕事を後回しにしてそのミスのカバー、挽回に時間をあてる。一瞬のミスが何時間、何日かかかる事がある。

それらを想像して欲しい。

積極的はミスは思う存分やればいい。(ほうれんそうは必要だが)だが怠慢などで起こすミスは避けてほしい。ほんの数秒確認すればいい事が何時間もかかる大仕事になりうるのだ。

 

よくほうれん草(報告・連絡・相談)と言われる事があるだろう。

上記の事が起きた場合。ミスをした本人だけではなくその上司やまたその上の上司が動かなければいけない事柄に発展することが多々ある。

だから。些細なミスや遅れなどほうれん草しなければいけないのだ。

それを怠れば水面下で大事件に発展しかねない。

またひとりで考えるよりふたり、三人で考えた方がいい解決策、アイディアが出てくるものなのだ。

 

ミスをすることを責めているわけではない。少しだけ「すみません」の裏側を考えて欲しい。ほうれんそうをして欲しい。という事だ。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス