《 いまここ 》~ いまから ここから~

《 いまここ 》~ いまから ここから~

心と体をゆるめる《絵本》と《ストレッチ》

電車に乗っていると

 

赤ちゃんを抱っこしてお勤めかなぁ

 

というママを目にします。

 

朝早くから用意して

 

この電車にのってるんだろうなと思うと

 

それだけで大変だったろうなと想像します。

 

 

 

そんな中、電車で赤ちゃんが泣いちゃったりするんですガーン

 

頑張っても頑張っても大変なことが次々とおこるんです。。。えーん

 

はぁ

 

そう思うと、ほんとにママは無理して我慢していっぱいがんばってるビックリマークビックリマークって思います

 

 

この間もそんな姿を見かけたのですが

 

そのママの抱っこ紐のつけ方がとっても低い位置だったのです。

 

あ、、、ママの体もつらいだろうなぁ・・・と思いました。

 

赤ちゃんが下の方にあるということは、

 

ママの肩にとっても負担がかかっているはずです。

 

重い鞄を両肩にかけている感じです。

 

さらにほんとのかばんももってるし。

 

子育てって、すごい力仕事なんですよね!

 

 

せめて抱っこの位置を変えてみましょう。

 

少し変えるだけで身体の負担が減少します。

 

抱っこ紐のつけ方は

 

1、腰ベルトはママの腰ではなく、ウエストで締めます。

 

2、肩ひもは、赤ちゃんと密着して、苦しくなく程度に調節します。

 

3 赤ちゃんの位置は、赤ちゃんのおでこママがちゅっラブラブできるくらいの高さになります。

 

4、赤ちゃんの足がママの体に巻き付くようなM字にします。

 

細かいことはいろいろありますが大まかにいうとこんな感じです。

 

抱っこ紐の使い方、おんぶ紐の使い方をちゃんと知ってるとママの体はとっても楽になります。

 


それから、抱っこ紐でおんぶすることもありますよね。

 

抱っこ紐でおんぶすると

 

赤ちゃんの顔の位置が、おんぶしてる人の背中に埋もれてしまうのです。

 

 

「おんぶいいよ」といいますが、

 

その本質を知らないと

 

せっかくのおんぶもだいなしです。

 

「おんぶがいいよ」と言われてるのは

 

赤ちゃんがママと同じ視線でものを見るから。

 

そして、もうひとつ。

 

しがみつくという姿勢がとれるようになるから。

 

これは赤ちゃんの発達に大きくかかわることなのです。。。。

 

 

 

 

レッスンでも抱っこ紐の調整をさせていただいていますが

 

今度の美えな塾の子育てサロンでは

 

赤ちゃんの発達のお話と、抱っこ紐、おんぶ紐のお話&体験ができます。

 

 

おんぶはこわい・・・という人も

 

教えてもらいながら体験できたら安心ですよね。

 

ちゃんと抱っこ、おんぶができると、身体がすごーく楽なのもわかっていただけるはずですグッド!ウインク

 

この機会にぜひやってみてください。

 

美えな塾子育てサロン

 

「赤ちゃんの発達を考えよう!✖️おんぶ紐granmocco〜」

 

詳細、お申し込みはこちらへお願いいたします→美えな塾子育てサロン「赤ちゃんの発達を考えよう!✖️おんぶ紐granmocco〜」