名古屋から全国のクラフトマンを応援するブログ

名古屋から全国のクラフトマンを応援するブログ

〜ハンドメイドクラフトの”在る”ライフスタイルの提案〜株式会社アットホームスタジオ代表のブログ


テーマ:
アットホームスタジオは特別な工芸体験をコーディネートする会社です。
特別な工芸体験…?
普通の工芸体験とは何が違うのでしょうか。


普通の工芸体験

職人さんのいる工房または設備の整った観光施設で開催されていることが多く、
工程を簡略化し初心者でも取り組みやすいように工夫されています。

私も工芸体験は好きで、機会があれば利用していました。

体験をすると、その工芸品をよく知ることができ、自分の手で作ったものは思い入れのあるモノになると思っています。



#

特別な工芸体験のきっかけ

私は12年間お世話になった会社を去年退職しました。
お世話になった方々へのお礼の品か考えていた時、
偶然1ヶ月前に体験した有松鳴海絞りのハンカチが目に入りました。

購入して渡すのは簡単だけど、ハンカチを1枚1枚自分で染めてみるのはどうだろう。

体験先へ連絡すると、工房の方は初めてのお問い合わせに戸惑いつつも「面白いですね協力します」と返事をくださいました。

半日かけて40枚の雪花(せっか)絞りのハンカチを染めました。
全部同じように染めたつもりでしたが、どれ1つとして同じハンカチはありませんでした。

作業中、横で職人さんの仕事が目に入りました、休憩時間にお話する中で今の伝統工芸の現状やその工房の特徴など色々知ることができました。

その後、私はドキドキしながらお世話になった方々へハンカチを渡しました。
正直、自己満足なんじゃないか…と不安に思っていましたが、実際に渡してみると多くの人が驚いて喜んでくれました。


世界で1つの特別なギフトを作るドキドキワクワクする体験。
大切な人が喜んでくれて、自分も嬉しくなった体験。
職人さんと同じ時間を共有する中で本物の伝統工芸の技術を見て感動した体験。
その全てが特別な体験と言っていいのではないでしょうか。

そしてこれは、通常提供されている体験では得ることの出来ない経験でした。


それをヒントに新郎新婦向けに提案したサービスが「有松鳴海絞り × プチギフト」と「名古屋の友禅染 × ウェルカムボード」

それぞれ体験したカップルからは
・手作りの品を贈ることで、私たちらしさや感謝の気持ちを伝えることができた。
・職人の方から伝統工芸の歴史や特徴についての解説を受けながら取り組むことができるため、普段はなかなか触れることのない日本の伝統文化への理解を深めることができた。
・海外からの列席者目線に立った時に日本らしさが魅力になった。
・式が終わった後も作ったものを見ると楽しかった結婚式のことを思い出す。
・参列者の方が伝統工芸に興味を持ってくれた。
と嬉しい感想をいただいています。


#

アットホームスタジオの特別な工芸体験

それはお客様自身が作りたいオーダーメイドの工芸品を職人さんと一緒に作る体験です。

例えば、家族全員分のランチョンマットを友禅染で作りたい。
例えば、結婚式で両親への贈呈品に常滑焼で茶碗と湯のみを作りたい。
例えば、表札を七宝焼で作りたい。

もちろん何でも作れるわけではありません。
職人さんにもご相談し、ご利用頂く皆様に喜んでいただける形を考えていきたいと思っています。

アットホームスタジオはこの1年間色々な職人さんと出会いお話をさせていただく中で少しずつ信頼関係を構築し、協力してくださる場所を増やしてきました。
これからも随時提携先を増やしていく予定です。


最後に

職人さんと一緒に、想いの込もった世界に1つだけの工芸品を作ることは
あなたにしかできない特別な体験であるとともに、減りゆく日本の伝統工芸をまずは知ることで次の世代に繋げる手助けになると思っています。

こんなこと工芸品でできるかな、こんなものを作ってみたいなというご希望があれば、ぜひお気軽にご相談下さい。


----------------------------------------------------------

現在取り扱い工芸品 

・有松鳴海絞り ・名古屋友禅染め ・つまみ細工

現在調整中の工芸品
・七宝焼き 

今後取り組みたい工芸品
・名古屋黒紋付染め ・名古屋提灯 ・組木 ・木桶 ・仏壇




テーマ:
6月に結婚式を挙げるカップルが名古屋の友禅染でウェルカムボードを制作しました。

花嫁さんは私の職場の後輩ちゃん。
「面白そう、やってみたい!」とモニターになってくれました✨
ただし顔出しNG…クスン。

#

友禅染でウェルカムボードなんて普通ありません。
今回、私がデザインしたイラストで職人さんが型を作って下さいました。

輪郭(糸目)まで施されたシルクに新郎新婦で色を挿していきます。
筆で染料を挿していく「挿し友禅」という技法になります。

色見本を見ながらどの部分に何番の色を入れよう…と相談する2人。
このカップル、めちゃガジェット系に強いんです。
iPadに下絵のデザインを取り込んで、輪郭トレースして、更に色見本の色を取り込んでから塗り絵の要領で色を流し込んでいく…

君たちすごいっびっくり

それと同時に職人さんに色の挿し方やぼかしの方法を教えてもらいます。
「へぇ〜!わぁすごい!キレイ!難しそう」と真剣に見てます。

ではさっそく挿していきましょうラブラブ
糸目からはみ出さないように…
慎重に、慎重に…
これは集中力が必要ですアセアセ

途中で交代しながら、お茶を飲みながら、お菓子を食べながら…カップケーキ
黙々と作業を続けていきます。

細いところは筆を立てて…

一色につき一本の筆と染料を入れるお皿が必要なので、作業台の上には沢山の筆と皿が並びます。

染工場のわんちゃん「ももちゃん」もたまに様子を見に来ます。

そして、2時間かけてようやく完成!

今回、都合により名前や日にちは自分達で入れていません。
(私の準備不足です、申し訳ないです…)
後日、職人さんが文字入れをして下さいます。

そしてこの後は、職人さんによって蒸して色固着と水洗を行なっていただき完成✨

カップルは「楽しかった〜ピンクハート出来上がりが気にるぅ〜!!」と言ってました。

約1ヶ月後にカップルの元へ届きます。
出来上がるまでの待っている時間も楽しい思い出となりますねキラキラ

また完成したらレポートしたいと思います。

#

因みに今回もう一つ和柄のデザインがあって、私はそちらをアットホームスタジオのサンプル用に染めました。

雲のぼかしがっ上手く出来なかったガーン
広い範囲を染めるのは、職人さんでも難しいそうです。
こちらも完成品が楽しみです流れ星

制作場所 : 赤塚染工場 (名古屋市北区)
---------------------------------------------------------

アットホームスタジオでは「特別な工芸体験」をコーディネートします。
普段の工芸体験では出来ない自分オリジナルの工芸品を制作してみませんか?

結婚指輪名古屋の友禅染ウェルカムボードウエディングケーキ
上記のデザイン洋風・和風の場合
制作費30,000円
(税別・額縁含まず、コーディネート費10%をいただきます)

うさぎクッキーオリジナルデザインで制作の場合
型を新たに制作するため制作費+15,000円

金装飾を施すことも可能です(金額未定)
その場合は、別日に再度お越しいただき職人さんに教えていただきながら作業しますキラキラ

(2019年2月時点)

テーマ:
「おり染め」とは
「和紙染め」とも言うようです。
和紙を三角形や四角形に折りたたみ、角や辺を染料で色をつけて柄を作る遊びです。
1953年に版画家の武藤陸郎さんが始め、その後に学校や子供たちが集まる場所で楽しまれるようになったと本には記載してありました。

#

小2長男と年長次男と一緒にやってみましたラブラブ

用意したのはAmazonで見つけた和紙染めキット。

和紙は別売りで購入しましたが、習字の半紙でもよかったみたい。

和紙をじゃばらに折って、正三角形に折っていきます。

次男には正三角形が難しいようなので、直角三角形で折ってもらいました。

それぞれ好きな色で好きな角に染料をポチョン

反対の角もポチョン。

広げてみると…なんとまぁ!

すんごく素敵じゃありませんかキラキラ

子供達も、もう一回!お母さんどうやって折るの!?今度は◯色でー!

もう、ワイワイ楽しんで何枚も作りました。

#

もう一つ私がやってみたいことがありました。
それは畳んだ和紙を一度濡らしてから染めると言うもの。

和紙を濡らすと、水が防染となり染料の入り方がゆっくりになって…染まり方がまた変わりました。

広げると…このような感じ。

この模様…どこかで見たこありませんか?

私にはなじみの深い模様となりました。

これは、絞り柄の1つである「雪花(せっか)絞り」と全く同なのです!

和紙のたたみ方は、雪花絞りをする時の木綿のたたみ方が全く同じ。
染色する場所も全く同じ。
板で挟んでいないという点と、素材が違うだけです。

1人で猛烈に感動していましたキラキラキラキラキラキラ

#

「おり染め」をしたきっかけ

実は今、私はアットホームスタジオのオリジナル商品を考えています。
染め物についての製品ですが、少し行き詰まっていました。
そんな中でのある作家さんからのアドバイス
「和紙じゃダメなの?」
と言う言葉。

そういえば、和紙染めをしている人がいたな…

それから少し調べ、まずは自分でやってみよう。
何か思い付くことやヒントがあるかもしれない口笛

と思って今回トライしてみました。

子供たちとは楽しい時間を過ごすことができましたし、今後の私の活動に大きなきっかけを与えてもらえたと思っていますグッ

おり染めやってよかった!

商品開発についてはまた後日書きたいと思います流れ星

テーマ:
今回ご協力いただいた絞り屋さんは愛知県名古屋市緑区の鳴海にあるこんせいさん。

友人が可愛いと言っていた手ぬぐいを製作した絞り屋さんです。

#

まずはガーゼハンカチを染めます。

今回は雪花の柄をハンカチの一部にワンポイントで染めるのがポイント!

この辺りを中心に折っていきます

6等分の正三角形の角が出来るように折っています。

緑の丸は4つ折り(正方形)にしました。ナゼかって?後のお楽しみラブラブ

折りたたんだ後は、正三角形の板でしっかり挟みます。
通常、他の染め屋さんはこの板に木を用いるところが多いです(昔は木だったから?)が、こんせいさんはアクリルなので染まる様子が分かりやすくていいですねキラキラ

#

染め場に移動します

沢山の水を張る容器(お風呂)が並んでいます。

では、染めていきますね!
これを、職人さんが用意してくれた染料に先1cmほど浸けます…
だんだん染料が染み込んできました
10秒ほどして取り出します。

それから板を外して水で洗います

広げていくと…


キレイにお花模様に染まっていましたラブラブ
ふわぁ〜っと水に浮かぶ布はとても綺麗ラブ

これを青・赤(ピンク)・緑と染めました。

青を一番最初に染めたのですが、思ったよりも花が大きくなってしまいました。
なので、それ以降は沈める部分を小さくしたり秒数を短くしたり…

そして出来上がりはこちら!!


ワンポイントなのでもう少し小さい柄にしたかったのですが、雪花の柄を出すにはこれくらいの大きさになってしまうのだとか。

そして、緑は…
そうです、4つ折りにしたガーゼですグリーンハート
クローバーになりましたキラキラ

友人のイメージしていた通りになったかな、喜んでくれるかなラブラブ
今からドキドキです!

#

次のブログではスタイを作るための布地「雪花(せっか)絞りの手ぬぐい」を染めた様子を書きます流れ星




テーマ:
アットホームスタジオは、特別な工芸体験プランを提供する会社です。

プランはオーダーメイドです。

まずはお客様の要望を聞き、それが実現可能なプランを一緒に考え、職人さんや工場と相談します。

それから当日の運用〜商品納品までをコーディネートします。

#

私は一昨日、特別な工芸体験をしてきました。

それは…

友人の出産祝いに有松鳴海絞のガーゼとスタイを
プレゼントする

を実現させるための有松鳴海絞の絞り染め体験ですラブラブ

以前、私がマルシェで有松鳴海絞の雪花絞り(せっかしぼり)の手ぬぐいを販売した際に、可愛い〜!
と気に入ってくれた友人の妊婦さんが
「この柄のベビー用品がほしい爆笑」とリクエストしてくれましたキラキラ

その時の手ぬぐいたちキラキラ

もちろん、市販のものを探してもいいのですが、雪花絞りのスタイはなかなか見つかりませんでした。

それに、友人はこの色合わせとデザインを気に入っていました。

そこで、アットホームスタジオのサービスである「特別なプラン」を私自ら体験することにしました!

#

どのような物を何部作りたいのか、事前に資料としてまとめて相談しました。

通常の絞り染め体験ではガーゼやスタイなどはありません。

そのため、ガーゼは事前に市販のものを私が用意して、スタイは手ぬぐいを染めてから自分で加工することにしました。

Hello!赤ちゃんでガーゼを購入

糊を落とすために家で一度洗いました。


手ぬぐいは絞り屋さんが元々体験で使っている知多木綿を使用します。

#

次のブログで実際に染めた様子を書きますね流れ星




Ameba人気のブログ

Amebaトピックス