happy mam style*

    


テーマ:

昨日の忘年会は鍋にしました音譜

突然の誘いだったので、集合もバラバラ。野菜もお肉もつぎ足し、つぎ足し、最後はうどんでシメ。
でも私ほぼ抱っこと用意したりで食べられなかったよーん。これが妻業ですね。

10月に産まれた女の子ベビちゃん赤ちゃんと初対面。
たった2ヶ月前のことなのに
「あれれ、こんな小さかったっけ~」って驚いた!
初心戻った気持ちでした。それだけここ2ヶ月の成長が著しいってことですね。


お揃いバウンサーで仲良く記念撮影~。 デカイなー。

script_magicalmaker,http://www.magicalmaker.com/js/mm.js.php?upwh=357583-1199067127-340-255

見つめ合う、ふたりドキドキ
script_magicalmaker,http://www.magicalmaker.com/js/mm.js.php?upwh=357583-1199067171-340-255

可愛いねーラブラブ

script_magicalmaker,http://www.magicalmaker.com/js/mm.js.php?upwh=357583-1199067204-340-255


ちょっと悪ふざけ。

どーだい、俺のハダカ?( ´艸`)

script_magicalmaker,http://www.magicalmaker.com/js/mm.js.php?upwh=357583-1199067286-340-255



今日はみかんオレンジ食べながらTV観て、そばをすすって年越ししようと思います。こーゆー時、コタツ欲しくなります(笑)

今年は、ブログを始めて、沢山の方と交流させて頂きました。

実はアメブロは辺見えみりさんが書いていたからっていうミーハーな理由で選んだんですが・・・皆さん、優しい方ばかりで居心地が良くて、今ではすっかり生活の一部となりました~。

この一年、妊婦からバタバタ新米ママ生活と皆さんの温かいメッセージに支えられて、楽しく過ごすことが出来ました!感謝でいっぱいです。


本当にありがとうございました。また来年もどうぞ宜しくお願いします!

それでは、皆様、良いお年をお迎え下さいね☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*

AD
 |  リブログ(0)

テーマ:
いつも休みの定まらない旦那ですが、無事、今日から正月休み。
で、もう慣れっこだけど、急にうちで忘年会をしよう!ときたもんだ!
掃除もしてないし、買い出しにもいかなきゃじゃん。
トイレ、玄関、廊下、リビング、とりあえずのところだけ、拭く、拭く。息子が泣いても無視!
買い出しは、自転車かっ飛ばして、買い集めて。
なんとか間に合ったよー。
しめ飾りもかわいいのあったし♪


最近産まれたベビちゃんもくるし、楽しい夜になりそうです。
あっ、スリッパ出しとかないとー。
AD
 |  リブログ(0)

テーマ:

息子の具合は、おかげさまで、薬で落ち着いてきました~。

鼻水たれ小僧で、きちゃない顔してますが、熱も出てないし、元気にしています!

息子の風邪気味を口実に、掃除もしてないし、お正月の料理の準備も実家まかせで、年越しはラクさせてもらっちゃいます。。。


さてさて・・・。

暖かい格好をさせようと思って着せてるんですが、足付きカバーオールの可愛さラブラブにやられてます。

カーターズのカバーオール。洗濯に強くて好評だそうで・・・。

最近の定番服です。


20071130121322.jpg


・・・・とうとうやっちゃいました。ガールズもの。
20071130121441.jpg

萌え~萌萌萌
20071130121041.jpg

紫ならまだイケルっしょ。
20071201191521.jpg

↓のサイトで、ガールズもの見てたら、小花柄とかそのカワユサによだれ出そうになりました。よだれ


足の短い体操選手みたーい!( ´艸`)
20071201190814.jpg

靴下みたいに脱げてしまわなくって、便利です。音譜

この前買ったベビーオウンの足つきフリースもジッパーで着させやすくて、重宝してます。

この冬は、ずっとコレでいきそうです。ニコニコ


AD
 |  リブログ(0)

テーマ:



20070814162718.jpg
産まれて数時間後。


ねみー。













産まれたあと、ベビさんの可愛さで、テンションが上がっていた私は、夕方にお見舞いにきた両親や旦那両親とも笑顔で会話して、オペ後にしては元気だったと思う。ただ、オペ直後は、ガタガタと振るえが止まらなくって、外は記録的な猛暑だというのに、電気毛布に包まっていました。

夜は、頻繁に見回りにきてくれる看護婦さんの目を盗んで、産まれましたメールをプチプチ。今思えば、ここでゆっくり休んでおけば良かったのに・・・。

痛み止めの点滴が良く効いて、この頃はさほど苦しくなかった。安堵感でいっぱいだった。

ちゃんと産めるかどうか、不安だったのが、今は抱っこしてて、夢みたいだーと、薬のせいでふわふわする頭で思った。でも幸せ気分もここまで。その後の気持ちの落ち込みは半端なかったです。


その後、2日間絶食で、後3日間おかゆ生活。点滴生活。

翌日は、痛み止め飲んでも痛いのに歩行させられて、マジありえないと叫びたかった。

母子別室なので、赤ちゃんは新生児室にいて、午前と午後少し連れてきてもらっていたのだけど、体も動かず、お世話もしてあげられず・・・と時間が経つにつれて、精神的にだんだん気持ちがおかしくなっていくのを感じた。


帝王切開って、普通分娩でリスクがある場合には仕方がないし、むしろ安全な方法だと思っていた。


なのに、何?このモヤモヤとした気持ちは・・・

ゴールテープを切れなかったような・・・。産み出せなかった・・もう少し頑張れば状況変わったかも・・・。

他に方法あったんじゃないか?・・・。


しまいには、普通に産む夢まで見た。(ヤバイねー)


新生児室に点滴を引きずりながら、体をくの字にして行くと、普通分娩ママ達は、スタスタ歩き授乳していて、まわりはみんな上手くやってるように見えて、最後まで頑張れなかった私はこんなヨレヨレで・・・とまた涙。

この状況がストレスになったのか分からないけど、血圧が急上昇して上が170下が100とか。

院長が心配して病室まで様子を見にきて、眠剤出そうか?と言ってきてた。


そんなヨレヨレな私をよそに、息子は、産道を通ってないからか、目も開かない他の赤ちゃんより、すっきりした顔しちゃって、元気にミルクをグビグビ。

私のおっぱいは乳首が短いらしく吸えないので、搾乳であげたり、哺乳瓶の乳首をつけたりして、四苦八苦だったなー。

入院中は、ほんとおっぱいをいじってばっかり。陣痛、後腹(字あってます?)も痛かったけど、乳腺開通マッサージもイタかった~。看護婦さんを蹴飛ばしたくなるほど。上を向いて、他のこと考えて耐えましたよ。


授乳室では、赤ちゃんの体重を測って、移動する時は、「後ろ通りまーす」←大きい声で。看護婦さんに搾乳してもらう時も「おねがいしまっす」 終わって、部屋を出る時、廊下ですれ違う時などは「お疲れ様でーす」

おっぱい合宿と言っても過言じゃないほどでした。

このころ、スケールで測ると、2mlしか飲んでなかったりして、母乳だけなんて到底無理だと気が遠くなってました。でも、今は母乳だけでもいけてるからねー。お互い、頑張ったなぁ。


おかゆ生活も終わり、食堂で他のママさんと食べるようになって、おしゃべりできるようになったら、鬱々した気持ちもだんだん消えてきて、元気になりました。

陣痛もオペも経験するなんて、二人産んだも同然だよねーと、称えられ、他のオペの子と、

「私ら帝切組みだから~」と円座クッションを普通分娩ママに譲ったりするジョークも言えるように。


どこにでもいるんだ~って思った、女子高ノリのママさん。話の中心になって盛り上げてくれました。

年上の二人目、三人目ママも、お産って慣れるものではないらしく、なんの壁も感じずにお話出来ました。やはり女子はどんな状況でも、おしゃべりあってこそなのです。元気にしてもらって良かった、早くも産後鬱なのかと思ったよ。(今、真っ只中ですがねー)


と、まぁこんな感じでした。


出産ってなんだ?って今思うことは、経験の一つ。軽く言えば、思い出。

短時間ですぽーんと産まれることが、安産じゃなくって、無事、赤ちゃんを腕に抱けただけで、安産と言わなくてはいけないなーと。

あと出産前、良く歩いてましたけど、これ意味ありました!

産後もさほど体力落とさずにやってこれたし、安産のためというより、体力落とさないためにも、産まれる直前まで、歩いたり、運動して鍛えて(笑)おくことはおススメです。


ほんと妊娠中から、逆子になったり、廻り方間違えたり、新生児のころは全然寝なかったし、と息子にはやられてばっかです。

思っていた理想とはかけ離れてることが多くて、

「思うようにいくわけねーだろっ」って言われてるようです。(汗)

きっと、今まで、自分本位で生きてきた私に試練を与えて成長させてくれてるのでしょう・・・。

始まったばかりの育児、これからも、思いもかけないことに、出くわすこともあるかもしれません。そんな時でもスマートに受け流せる強さをもった人になれるように、日々鍛錬、赤ちゃんのドレイ生活!!(爆)

どんな時もイベントだと思って楽しんで頑張っていきたいです。


ながい記事、ここまで読んでくれた方・・・いますかね?

最近は、携帯からのしょうもない記事だったり、コメントのお返事ものんびりなってしまってますが、忙しい生活の中でもブログに綴ることで、気持ちの整理がついたり、日々意識的に過ごせたり、皆さんと交流できる楽しさがあるので、来年もマイペースに続けたいと思います。どうぞ宜しくお願いします。

お付き合いいただいてありがとうございました☆





 |  リブログ(0)

テーマ:

ずーっと下書きのままだった、出産レポ。いまさらって感じですけど、今年一番の出来事ですから、せっかくなので(笑)公開します。

同じような状況、予定日超過、緊急オペ、などの方の励みになれば・・・ってたいしたものではないですが、お時間ある方はどーぞ。


*****************


安産の祈り届かず、難産というか、あらら、失敗・・・。そんなお産でした。

長く私のブログにお付き合い頂いている方はお分かりだと思いますが、私、妊娠中夢の中にいたじゃないですか?(笑)

悠々マタニティとか、調子こいていたバチがあたったのかと思いましたよ。

そんな出産のときのことを振り返ります。(長いですー)


8月13日(予定日より4日経過)

午前中、お盆休みの産院に、特別予約で、NSTを受けに行きました。

もう41週に入るので、15日に入院して誘発剤投与して16日にお産ということに決まったのですが、私がお薬について説明を求めたところ、十分な説明がなくてすごーく不安に。

家に帰ってからは、メソメソ泣いて不貞寝。

夕方、メソメソしててもしょうがないし、入れたものは出さなきゃいけないんだしって、誘発入院を納得しようという気持ちになり、甘いものでも食べて元気になるために出掛けました。ケーキ屋さんでタルト、ゼリーなぞを。

緊張してるのか、あまり食欲なくて、日が落ちてから、もう無駄とは思ったけど、ゆっくり風にあたって歩いてました。


23時

いつものようにTVであいのりを観ていたら、にぶい痛みを感じる。

もしかしてね?と確認すると、うすーい茶色ものが!!

おしるし?!嬉

そこから痛みの間隔を見ながら、シンクの食器片付けたり、入院の荷物用意したり、以前に陣痛が付きづらい体質って言われてたから、陣痛が遠のかないようにと廊下を歩いたり、スクワットしてみたり、旦那の部屋に行って、仕事のVTRにダメ出ししたりと、ここでは全然余裕。

まだまだ産まれないし、って妙に落ち着いてた。

ただ痛みがきた時は、キタキタ!!とヨガマットに駆け込んで、猫のポーズ(四つんばい)をしてた。

面白いように10分間隔に痛みが来て、この頃は痛みがくるごとに喜びを感じてました。


14日3時

そんなこんなで、これは本陣痛だと確信も出てきたので、病院に電話して、旦那に車を出してもらう。

途中コンビニに寄ってもらって、飲み物と、最後の一本ってことで、オロナミンCを飲み干した。(←これが後であだになるとはね・・・)今思えば、夫婦でテンション上がってたなー


到着して、お布団みたいな大きすぎるナプキンをつけて、着替えて、内診したところ子宮口3センチ開。

まだ時間がかかるってことで、旦那は残してる仕事をしに一旦帰宅。


14日朝7時

赤ちゃんの心音を聞きながら、ベットのヘリにしがみついて、耐える。

下腹部、子宮の内側から、剣山でブスブス刺されてるようないやーな鋭い痛みで、生理痛の重い痛みを想像していた私は「違うじゃん!!」ってムカついていた。

でも痛いことは痛いけど、まだ理性的でいられた。痛みがこない時は、うつらうつら寝ていた。

この時子宮口は7~8センチ開いて、旦那が電話で呼ばれる。

「進み早いね、もうすぐだね」と助産師さんから言われて「よし、これならイケル!!」と思ったっけ・・・。


が、ここからがドクロ・・。

もうちょっと記憶がところどころしかないです。

痛みは最高潮に達し、なにがなんだか・・・。山が次から次と襲ってくる!

でも助産師さんの誘導で、吸って吐いてをすると、ただ「いたーい!」って言うより、確実に痛みは和らんだ。

陣痛の波に合わせてやる内診が、痛くて痛くて、「なにすんのよ!」って、だんだんイラついてきてしまって・・・途中から、陣痛のがすのも、出来なくなってきたころ、


「痛いわりに、降りてこないんだよなー」と助産師さん。


ここで陣痛室にエコーが運ばれてきて、Dr登場。

映ったエコーには、

本来なら、赤ちゃんの後頭部が映るはずのところ、赤ちゃんの顔がバーン!と画面いっぱいに映った。


Dr 「あーあー、回旋異常だ・・・」

*通常、赤ちゃんは、うつぶせの状態で後頭部で子宮口を開きながら出てくるところが、仰向けになってしまっていて、顎が上がるので、うまく回転出来ずに、肩などが引っかかってしまって出てこれないので、帝王切開もしくは吸引分娩となる。


なんと、難産。


あと2時間待って直らなかったら、切りましょう。ということになったけど、私の気力も落ちて来て、痛みと呼吸の吸いすぎで、気持ち悪くなり、嘔吐。(オロナミンC出ました・・。)


結局、1時間半経っても(その間記憶なし)、エコーには、ちょっと首を右に傾げたベビの顔がうつって、子宮の内側に負担がかかって浮腫んでしまってるとのことで、緊急帝王切開決定。

麻酔の同意書にサインをするって聞いたことありますが、

Drに「何も心配いらないからな!」って手を握られただけだったんですけど・・・。


歩いて分娩台へ。

この時も陣痛は容赦なく襲ってくるし、もう早く麻酔打って欲しかった。

説明やら導尿など準備があったけど、もうはいはいって感じ。

着圧タイツだけ履いた裸んぼうだしさ。超ブザマ。

よく骨膜下麻酔は痛いというけども、もう蚊に刺された程度。

打ったら一気に下半身が温かくなって感覚がなくなった。オペ中は、引っ張られ感覚はあるものの、痛みはなし。

メスが入ったら、何かで皮膚を止められて、二人がかりで体を、ボンボンボンボン!と何度かバウンスされ、数秒後・・・。


ウギャウギャ。と情けない顔で産声を上げるわが子と初対面。


はー。良かったよ~。もうただそれだけ。


12時12分。無事産まれました。3080g 49.5cm

あんなに4000gいくんじゃないかと言われたけど、ごく普通。なんなの!怒

ただ、頭でかちなだけだった。(4000g相当・・・)


少し眠らせられて処置が終わり、打ち揚げられた巨大マグロのような状態で病室に運ばれて、

オペが出来る病院で良かったね。たらい回しにされなくて良かったじゃん。って旦那と話してました。

吸引だと赤ちゃんに負担がかかっていただろうし、自分はお腹切っても子供に傷が付かなくて良かったと、この時は思ってました。


20070817120332.jpg


入院生活編に続く・・・。




 |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。