m@hyoのブログ

m@hyoのブログ

日々の記録。10年後笑えるように。

2019年も夏が終わって行く。

この時期になると寂しさに加えて少しの安心感も覚える。

 

41歳の夏もやはり雷が苦手で今年は会社を辞めた。

昨年の仕事中の雷のせいで雷恐怖症が悪化してしまった。

もう今年の6月の雷に耐える事ができず話し合いをして7月いっぱいでやめた。

仕事はやりやすかったし、職場の人間もよかった。協力するので辞めないでくれと会社からも説得されたのだがどうしても雷に対して向き合う事ができなかった。

 

いつも夏になると振り返る。こんなに怖かったっけ?とか雷ってこんなに鳴ってたっけ?とか。

 

過去のブログ等を確認すると忘れてしまってる位の過去は同じように怯えて、同じように雷もなっているんだよね。それでもどれだけ怖くても忘れてしまっているって何だか不思議でもある。

 

 

2013年の5月に体調を崩し、精神を病んでしまってから中身がガラっと入れ替わってしまって、生活もできるし、今まで通りなような感じでもいられるのだけど、結局最後に行きつくところが変わってしまっている。

「俺なら大丈夫」と本気で思っていたそれまでと

「俺なら大丈夫」と心に言い聞かせてもそう思ってくれない精神の今と全く違う人間になってしまった気がする。

もし、何か自信が持てるぐらい何か成功すれば変わるのかもしれない。

 

 

 

仕事を辞めて、前々からあこがれていたカフェにバイトで入ったのだが1週間で辞めてしまった。

店もおしゃれで人も結構良かったのだけど、全面ガラス張りだった。

雷が怖くて全職を辞めたのに結局雷に怯える日々で何をやっているのだろう?と思ってしまった。焦って探して受かったので流れで行ってしまった。何だか迷惑をかけて申し訳ないけど、これは仕方ないのです。仕方ない事もある。

それから今度な雷にあわないなら倉庫や工場かな?と思って応募しか会社が何故か事務職で受かってしまった。

自分の求める事とは全く違うだけど正社員だからと思って行ったけど2日で辞めた。

結局ここまで自分らしくやってきたのだから今更自分の求めてない事など自分にはできるわけもない。と、いうか6年前の病気の状態に戻る寸前だった。

 

やはり結局大事なのは焦らない事。どちらも焦った上に微妙だと思うところに行った事が間違え。

 

 

前職は3年、その前の仕事は11年も続いている。自分にあう仕事はあるのだ。ここで妥協する方が俺にとっては逃げなんだよ。

だから今はもう一度将来の夢に向かっていける仕事を探している。

そしてやりたいと思っていた事全てに挑戦している。

 

 

もう一度カフェ関係の仕事、ライティングの仕事、楽曲を作る仕事、副業等の仕事、モデル活動、なんだってやるよ。

年齢なんて言い訳にしない。