おはようございます、渡辺です。

 

 

昨日、

 

中田敦彦さん(オリエンタルラジオのあっちゃん)が

「ソフトバンクグループ」について

一流講師陣から学ぶ

という企画の、

NewsPicksのネット番組を観ました。

 

 

これがメチャクチャ面白かった!

 

 

1時間の、

たぶんテレビの番組では

話せないような深い話もあり、

 

番組の終わりに

中田さんの1分間プレゼンが

あったのですが、

 

まさに圧巻。

 

 

中田さんのプレゼンは

もはや「芸」の域ですね。

 

 

自分の強みを明確に把握して

そこを徹底的に

磨き上げているんだろうなと

思わずにはいられません。

 

 

相当な努力家なのだと思います。

 

 

 

■正直なところ、

ソフトバンクとか孫正義さんとか、

あまりにも桁違い過ぎて

私などが参考にするような

感じではないです。

 

 

それでも、

こういう情報に触れるのは

とても意義がある。

 

 

自分の基準が

上がるからです。

 

 

自分が

いかに何も知らないか、

 

いかに努力してないか、

 

いかに勉強していないか、

 

思い知らされる。

 

 

 

その強烈な感覚が

あるからこそ、

少しでも勉強しよう、

努力しようと思えるのです。

 

 

「すごい人たち」を見なければ

今の自分に満足してしまい、

上を目指さなくなってしまう。

 

 

 

■昨日紹介した

「実験思考」の著者の

光本勇介氏は、

 

一昨日の対談の中で

 

「マスのビジネスを

作りたい」と

話されていました。

 

 

「誰でもが知っているような

インターネットの事業を

作りたいんですよ。

 

 

日本の企業でいうと

ソフトバンクとか

楽天、

ZOZO、

メルカリ、

 

あと、

意外に出てこないですよね~。

 

普段僕らが使ってるのは

みんなアメリカの企業だし」

 

 

ということを

話していました。

 

 

これを直接的に

私が参考にできること

はないのですが、

 

 

こうした考えを

一部でも私の中に

取り入れるとしたら、

 

 

例えば、

 

福祉の世界って

実は結構閉鎖的で保守的な

ところがあって、

 

税金とか補助金で

運営している部分も多く

活動に制約もあるのですが、

 

 

オープンなシステムで

人々の日常的な経済活動が

そのまま(寄付とかでなく)

福祉の事業を支える

仕組みはつくれないか?

 

 

という発想に

つながるのです。

 

 

 

■異質な考えに触れるというのは

とても大切です。

 

 

自分の幅を

広げてくれる。

 

 

 

オリラジの中田さんにしても

ソフトバンクの孫さんにしても

実験思考の光本さんにしても

 

 

全然違う世界の

人たちです。

 

 

でも、

だからこそ学びがある。

 

 

ある種の劣等感が

原動力にもなるのです。

 

 

 

【お知らせ】

◆学びを行動に移す会

7/20(土)13:00~17:00

https://ex-pa.jp/item/16571

 

 

◆速行動コーチング

https://www.sokudokukenkyukai.com/seminar/coaching

 

 

◆親子でかんたん速読講座(小学4年~6年生)

7月27日(土)10:00~13:00

https://ex-pa.jp/item/16557

 

 

◆勉強がはかどる「かんたん速読講座」(中学生)

7月23日(火)10:00~13:00

https://ex-pa.jp/item/16576

 

 

◆勉強がはかどる「かんたん速読講座」(高校生)

7月23日(火)14:00~17:00

https://ex-pa.jp/item/16577

 

 

◆1day速読講座

<東京>7/21(日)、7/28(日)

<大阪>8/10(土)

https://www.sokudokukenkyukai.com/

 

 

 

【ブログをお読みの方は、ぜひメルマガにもご登録下さい!】

http://sokudokukenkyukai.net/neo/usrctrl.php?mag_id=12