こんにちは。木曜担当の佐々木です。

 

 

 

今週は、屋根のお手入れについてお話したいと思います。

 

 

 

 

 

 

1. 瓦葺きの場合

 

 

 

● 耐候性、耐火性にすぐれており、日常的なお手入れは不要です。

 

 

 

● 地震や台風の後は、ズレがないか点検しましょう。

 

 

 

※ 専門業者が上がる際には、瓦を損傷しないよう十分注意を促しましょう。

 

 

 

● ときどき天井裏点検口から雨漏りがないか点検しましょう。

 

 

 

● 瓦屋根の棟まわりなどを固定している屋根漆喰は年数が経つと、

 

 

 

 接着剤としての機能が低下してきます。放っておくと瓦にズレが生じて

 

 

 

 雨漏りの原因になりますので、8~10年ごとに塗替えをしてください。

 

 

 

 早めに当社にご連絡ください。

 

 

 

補修方法

 

 

● 配列のズレや割れ

 

 

 

 雨漏りなどの原因になります。早めに当社にご連絡ください。

 

 

 

● 雨漏り

 

 

 

 至急当社にご連絡ください。

 

 

 

今週は、ここまでです。

 

 

 

来週は・・・2.化粧スレ-ト葺きの場合です。

 

 

 

お楽しみに!

 

あっとほー夢 株式会社太建工務店をもっと知りたい方は・・・
                   ↓ホームページはこちらから↓
                    http://www.athome-taiken.jp/

 

 

こんにちは。木曜担当の佐々木です。

 

 

 

今週は、バルコニ-・濡れ縁の補修方法についてお話したいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

● 鉄部のサビ

 

 

 

サンドペ-パ-でこすり落とし、固まっているサビはワイヤ-ブラシ

 

 

 

などでけずります。その後、サビ止め塗料で下塗りをします。完全に

 

 

 

乾いてから仕上げ塗料を塗ります。全体がサビている場合は、当社にご相談ください。

 

 

 

● 木部のキズ

 

 

 

表面の汚れをよく落とし、パテでキズを埋めてから市販の塗料で塗装します。

 

 

 

大きなキズは、当社にご相談ください。

 

 

 

● アルミ部の腐食

 

 

 

目の細かいサンドペ-パ-で腐食部分を落とし、市販の透明ラッカ-スプレ-を

 

 

 

吹き付けます。大きな腐食は、当社にご相談ください。

 

 

 

● コンクリ-トベランダのヒビ割れ

 

 

 

床面に特殊塗料かベランダ用塗料を塗ります。大きな場合は、当社にご相談ください。

 

 

 

● オイルステイン仕上げの褪色

 

 

 

表面の汚れをよく落とし、市販の塗料に記載された方法に従って塗装します。

 

 

 

● 木部床のそり、釘の浮き

 

 

 

木材の乾燥、収縮で生じた釘の浮きは金づちで打込みます。ただし、ゆかの

 

 

 

そりが大きいとすき間から水分が入り込み、腐る原因になるので、その場合は

 

 

 

当社にご相談ください。

 

 

 

『経年劣化』

 

 

 

日射や風雨にさらされるので、歳月が経つにつれ、色あせや劣化が起こります。

 

 

 

ただし、塗膜が残っていれば性能的に問題はありません。チョ-キング

 

 

 

(白く粉が吹いたような状態)が目立つようになってきたら塗替えの時期です。

 

 

 

今週は、ここまでです。

 

 

 

来週は・・・屋根のお手入れについてお話したいと思います。

 

 

 

お楽しみに!

 

 

あっとほー夢 株式会社太建工務店をもっと知りたい方は・・・
                   ↓ホームページはこちらから↓
                    http://www.athome-taiken.jp/

 

 

 

 

こんにちは。木曜担当の佐々木です。

 

 

 

今週は、バルコニ-・濡れ縁のお手入れについてお話したいと思います。

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

日常のお手入れ

 

 

 

● 砂ボコリや落ち葉などがたまりやすいので、こまめにほうきなどで掃きましょう。

 

 

 

 床にたまった砂やホコリは、防水面にキズを付ける原因になります。

 

 

 

● 排水溝が詰まると水が流れず、溢れ出すおそれがあるので、ゴミは

 

 

 

 定期的に取り除きましょう。

 

 

 

● 部分的な汚れは、少量の水を使ってクレンザ-でこすり、きれいに拭き取ります。

 

 

 

手すり・笠木

 

 

 

● ふだんから水拭きをして、きれいにしましょう。こびりついてしまった汚れには、

 

 

 

 住居用洗剤を使います。歯ブラシなどでこすり落として、水で洗い流し、水気を

 

 

 

 しっかり拭き取ります・汚れを拭き取った後、自動車用のワックスを塗ると汚れ

 

 

 

 防止になります。

 

 

 

 

 

 

濡れ縁

 

 

 

● ふだんからこまめに雑巾がけをしましょう。

 

 

 

● オイルステイン仕上げは、木材の持ち味を活かす分、塗膜が薄く褪色

 

 

 

 しやすく、オイルペイントは剥がれや汚れが目立つようになります。

 

 

 

 手の届く場所は、1~2年周期で手入れをしてください。

 

 

 

今週は、ここまでです。

 

 

 

来週は・・・補修方法についてお話したいと思います。

 

 

 

お楽しみに!

 

 

 

 

あっとほー夢 株式会社太建工務店をもっと知りたい方は・・・
                   ↓ホームページはこちらから↓
                    http://www.athome-taiken.jp/

こんにちは。木曜担当の佐々木です。

 

 

 

今週は、手動・電動シャッタ-の補修方法についてお話したいと思います。

 

 

 

● シャッタ-開閉時の重さ

 

 

 

 ガイドレ-ルとシャッタ-の間にシリコンスプレ-を吹き付けます。

 

 

 

● シャッタ-の異常音

 

 

 

 異常音はシャッタ-の変形につながり、動かなくなります。

 

 

 

 お早めに当社にご相談ください。

 

 

 

 

 

 

電動シャッタ-

 

 

 

● 非常時にも必ず開閉ができるように、年に1回程度は手動での

 

 

 

 動作確認をしましょう。

 

 

 

手動の開閉方法

 

 

※ LIXIL製『アリ-ズ・イタリア・クワトロ』の場合

 

 

 

 

 

 

今週は、ここまでです。

 

 

 

来週は・・・バルコニ-・濡れ縁のお手入れについてお話したいと思います。

 

 

 

お楽しみに!

 

あっとほー夢 株式会社太建工務店をもっと知りたい方は・・・
                   ↓ホームページはこちらから↓
                    http://www.athome-taiken.jp/

 

 

こんにちは。木曜担当の佐々木です。

 

 

 

今週は、シャッタ-のお手入れについてお話したいと思います。

 

 

 

 

 

 

● シャッタ-の開閉は、必ず中央部を持ってゆっくりと行いましょう。

 

 

 

 シャッタ-の障害物の有無を必ず確認してから閉めてください。

 

 

 

● ガイドレ-ルなどにホコリやゴミが固まっていると、スム-ズに

 

 

 

 動きません。ほうきやレールブラシなどでこまめに取り除きましょう。

 

 

 

● スラットは水洗いでホコリを取ります。ホコリに含まれる塩分でもらい

 

 

 

 サビが生じます。数か月に一回は洗いましょう。

 

 

 

● 落ちにくい汚れは住居用洗剤で水抜きし、乾いた布で水分を拭き取り

 

 

 

 ます。

 

 

 

● 長期間開けたままや閉めたままにしておくと、開閉しにくくなる場合

 

 

 

 があります。月に1,2回は開け閉めしましょう。

 

 

 

⚠注意 

 

 

● シャッタ-ボックスは変形しやすいので、はしごを掛けたり、上に

 

 

 

 乗ったりしないようにしましょう。電動シャッタ-の場合、故障の原因

 

 

 

 になるのでシャッタ-ボックスに直接水をかけて洗浄するのは避けましょう。

 

 

 

今週は、ここまでです。

 

 

 

来週は・・・手動・電動シャッタ-の補修方法についてお話したいと思います。

 

 

 

お楽しみに!

 

あっとほー夢 株式会社太建工務店をもっと知りたい方は・・・
                   ↓ホームページはこちらから↓
                    http://www.athome-taiken.jp/

 

 

 

 

 

 

こんにちは。木曜担当の佐々木です。

 

 

 

今週は、調整方法と補修方法についてお話したいと思います。

 

 

 

〈折りたたみ式網戸(アコ-ディオン式網戸)の場合は・・・〉

 

 

柔らかい刷毛などでほこりを取り、掃除機で吸い取りましょう。

 

 

 

片面に新聞紙等を張り、反対側から柔らかい刷毛で上から下に動かすと

 

 

 

網を傷めずにお手入れできます。

 

 

 

※ 網から劣化して伸びてしまったり、糸が切れてしまった場合は、基本的に

 

 

 

  張替えができず、新品と交換になります。スチ-ムで汚れを落とす方法は、

 

 

 

  網の劣化を早めますので止めましょう。

 

 

 

調整方法

 

 

● 網戸の開閉がスム-ズにいかない

 

 

 

 戸車の調整をします。網戸下端の両側にある調整ビスをプラスドライバ-

 

 

 

 で緩め、網戸を上下させれば高さが調整できます。(図1参照)

 

 

 

● 網戸が外れる

 

 

 

 框上部の外れ止めにあるネジを調整してください。(図2参照)

 

 

 

 

 

 

補修方法

 

 

● 網戸の穴

 

 

 

① 穴の開いた部分だけカットします。

 

 

 

② 同系の網を購入し、カットした穴より一回り大きなサイズにカットします。

 

 

 

③ 穴の開いた部分にかぶせ、ボンドで接着してください。

 

 

 

※ 小さな穴ならマニキュアを何回か塗れば補修できます。

 

 

 

● 網戸のたるみ

 

 

 

 たるみがある場合、軽くドライヤ-を当てるとハリが出ます。

 

 

 

 網戸から20~30㎝ぐらい離し、熱風を当てたり止めたりを繰り返します。

 

 

 

 それでも直らない場合は網全体を張り替えます。(図3参照)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今週は、ここまでです。

 

 

 

来週は・・・シャッタ-のお手入れについてお話したいと思います。

 

 

 

お楽しみに!

 

あっとほー夢 株式会社太建工務店をもっと知りたい方は・・・
                   ↓ホームページはこちらから↓
                    http://www.athome-taiken.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは。木曜担当の佐々木です。

 

 

 

今週は・・・雨戸・網戸のお手入れについてお話したいと思います。

 

 

 

 

 

 

雨戸

 

 

● 敷居にゴミがたまると開閉しにくくなるので、時々掃除をしましょう。

 

 

 

● 積もった汚れがサビや腐食の原因になるので、半年に1回は

 

 

 

  念入りにお手入れをしましょう。

 

 

 

● 木製・金属製(スチ-ル製・アルミ製)いずれも、時々外して水を

 

 

 

  流しながらブラシで洗ってください。洗った後は乾いたタオルでよく

 

 

 

  拭いてから陰干ししましょう。水気が乾いたら、全体にカーワックスを塗って

 

 

 

  おくとホコリや湿気が付きにくくなり、サビの予防にもなります。

 

 

 

● 汚れのひどいときは、住居用洗剤を直接スプレ-して、ナイロンパット

 

 

 

  などでこすります。その後は水洗いし、乾拭きしましょう。

 

 

 

網戸

 

 

● ふだんは、はたき掛けしてゴミやホコリを落としましょう。

 

 

 

  目詰まりすると十分な通気が得られなくなります。

 

 

 

● 掃除機を使ってホコリを取る時には、新聞紙を使います。網の裏に

 

 

 

  新聞紙をあて、掃除機をかけます。ホコリがよく取れ、網のたるみも

 

 

 

  防ぎます。はじめに内側、次に外側の順でかけましょう。

 

 

 

● 網戸を外すときは、外れ止めを緩めて下げます。操作つまみを

 

 

 

  ドライバ-などで引きだし、網戸を持ち上げ外します。

 

 

 

● 汚れがひどいときは、住居用洗剤を溶かした液を使って、ブラシやスポンジで

 

 

 

  網戸を両側からたたくようにして洗います。その後は水洗いし、陰干ししましょう。

 

 

 

  洗剤分をしっかり流しきるのが肝心です。

 

 

 

※ 網戸を洗うときは、立てかけて行うと、網が押されてゆるんだり破れたり

 

 

 

  するので、網の張ってある側を下にして寝かせて洗ってください。

 

 

 

  網は一度たるんでしまうと元に戻らないので注意しましょう。

 

 

 

● 網はポリプロピレン製で火や熱、薬品類に弱く、溶けてしまうことが

 

 

 

  あります。特にタバコの火には気を付けましょう。

 

 

 

今週は、ここまでです。

 

 

 

来週は・・・調整方法や補修方法についてお話したいと思います。

 

 

 

お楽しみに!

 

 

あっとほー夢 株式会社太建工務店をもっと知りたい方は・・・
                   ↓ホームページはこちらから↓
                    http://www.athome-taiken.jp/

 

こんにちは。木曜担当の佐々木です。

 

 

 

又一日遅れの投稿になります。

 

 

 

今週は、全開口サッシのお手入れについてお話したいと思います。

 

 

 

● 定期点検(年1回程度)でネジ、ボルト類の緩みを点検し、締め直しましょう。

 

 

 

 締め直してもガタつく場合は、当社にご連絡ください。

 

 

 

【全開口サッシ(吊り下げ式)の建付け調整】

 

 

※ LIXIL製『オープンウィン・フォ-ルディング』の場合

 

 

 

【ご注意】

 

 

※ ご使用中にサッシが下がって下枠とサッシがこすれたり、異音が

 

 

 

 発生することがあります。

 

 

 

お手入れのときなどに取付け詳細図(下部)のすき間が確保されている

 

 

 

ことを確認し、下枠とサッシのすき間が5㎜以下の場合は下記手順や

 

 

 

「上吊車の高さ調整ラベル」に従い、建付け調整を行ってください。

 

 

 

① マリオンを固定している長穴部分のネジ(両側2ヶ所)を締めます。

 

 

 

② 調整用ネジを回して高さ調整を行います。調整用が回らない場合は

 

 

 

 ネジ①とネジ②の間のネジ(両側2ヶ所)も締めます。

 

 

 

● 上げる場合は、調整用ネジを右側(時計回り)に回します。

 

 

 

● 下げる場合は、調整用ネジを左側(反時計回り)に回します。

 

 

 

③ 調整用が終わったら、緩めたネジを締めて固定します。

 

 

 

 

今週は、ここまでです。

 

 

 

来週は・・・雨戸・網戸のお手入れについてお話したいと思います。

 

 

 

お楽しみに!

 

あっとほー夢 株式会社太建工務店をもっと知りたい方は・・・
                   ↓ホームページはこちらから↓
                    http://www.athome-taiken.jp/

 

 

 

 

 

こんにちは。木曜担当の佐々木です。

 

 

 

(一日遅れの投稿になってしまいました!)

 

 

 

今週は・・・補修方法についてお話したいと思います。

 

 

 

● 開閉が重い

 

 

 

 戸車に油をさすか、シリコンスプレ-などを吹き付けましょう。

 

 

 

 戸が重くなり、開閉時に音がするようになったら戸車交換の時期です。

 

 

 

 当社にご相談ください。

 

 

 

● 戸車の調整

 

 

 

 ドライバ-で戸車の高さを調整します。サッシ戸の側面下にある

 

 

 

 プッシュボタンを外し、調整ネジを回して調整します。(図1参照)

 

 

 

 サッシを上げたいときは時計回り、下げたいときは反時計回りに回します。

 

 

 

●クレセント錠がかからない

 

 

 

 クレセント錠本体とクレセント錠受けの調整ネジで調整しましょう。

 

 

 

 少し緩めてスライドさせます。クレセント錠本体は上下に、受けの部分は

 

 

 

 左右に動きます。かかりやすい位置に合わせ、ネジをしっかり締めます。

 

 

 

 (図2、図3参照)

 

 

 

● サッシのレール部分からのすきま風

 

 

 

 気密ピースの調整をします。(図4参照)

 

 

 

 ドライバ-で調整ネジを締め、気密ピースを下げます。

 

 

 

 枠とのすき間をなくした後、調整ネジを締めます。

 

 

 

※ 気密ピースは室内側、室外側サッシ戸の両方を下げてください。

 

 

 

 

 

 

今週は、ここまでです。

 

 

 

来週は・・・全開口サッシのお手入れについてお話したいと思います。

 

 

 

お楽しみに!

 

あっとほー夢 株式会社太建工務店をもっと知りたい方は・・・
                   ↓ホームページはこちらから↓
                    http://www.athome-taiken.jp/

 

 

 

こんにちわ!

中川です。

 

 

先月ではありますが、、、

新築工事の上棟を行いました!お祝い

ご無沙汰してました・・・

 

 

 

早速、タイトルに書いてあるように

上棟式の様子を見ていきましょう―!!

 

 

 

大工8人で連携をとりながらどんどん柱をたてていきます(*''▽'')

 

 

 

 

クレーンを使って梁など材木をあげていき・・・

 

 

 

 

2階の柱もどんどんたてていきますラブ

 

 

 

上棟式には、一緒に手形式をしておりますチョキ

 

 

お家づくりは一生の中でも大きなイベントですよね!?

少しでも思い出を残してもらえるように・・・

 

 

 

 

住んでいただいてから・・・

「ここ、そういえばかなり考えて現場で大工さんらといっぱい話したところやよねあせる

「どんどん出来上がって、完成が楽しみだね爆  笑クラッカー

とか思い出してもらいながら、家族で楽しんでもらえればな・・・と思います(/ω\)

 

 

 

上棟中の写真に戻りまして~ニヤリ

 

基礎と足場だけだった場所に、殆ど家の形がわかるところまできましたね!

 

 

 

 

 

 



 

 

お施主様は何度か現場にきていただき見てました!

 

 

「一日で凄い進んでるんですね!凄いですね音符

「〇〇君、おっきいクレーンがあってお家が出来ていくのビックリマークすごいよねラブ

と写真をとりながらお子様と一緒に見ていましたね乙女のトキメキ

 

出来上がっていく様子を楽しんでもらえましたクラッカー

 

 

あっとほー夢 株式会社太建工務店をもっと知りたい方は・・・
↓ホームページはこちらから↓
http://www.athome-taiken.jp/