2006-01-05 19:07:42

謹賀新年 

テーマ:ブログ

みなさま、明けましておめでとうございます。 

 
年末年始は、市の施設がお休みのため今日やっと書き込めます。 
といっても、半世紀ぶりの厳寒で指が縮こまっているので、ストーブをつけてっと。。 
(おお!久しぶりに実用で「ぢ」を打った!} 
>>yfiさん 
コメントしていただいてありがとうございます。 
一つ疑問は、yfiさんはすでに百個くらいは漢字コードを習得しているでしょうが、 
それだったら百個程度、事前に考えることは必要でも、よく出てくる同音異義語を登録して 
思い出す方がシンプルだと思うんですが。。。 
これは、みのりさんにも前にお聞きしたのですが、漢直を併用する理由は 
たまに出てくる「同音異義語」を選択するのが許せないから「だけ」でしょうか? 
 
あと、以前私のコード入力における「送りがなの問題」を、そちらで「どうせ手書きでは送りがなを 
振るのだから」という意のコメントをされていましたが、私はIMEの方で送りがなや書けない字を 
解決してくれているからこそ、文章を書く人の数が手書きの時代より何十倍も増えているんだと思います。 
 
例の、総研の四カ所さんの手書きメモでも、文末で送りがなが間違っていました。 
あの人、天下りですから結構高学歴なのにそうなんです。(まあ、あんな殴り書きが送れること 
自体、総研の傲慢さを表していますが)。 
2ちゃんなんかの大量の書き込みで、内容はともかく送りがなのミスがないのはIMEのお陰なんですね。 
あれ、漢字も思い出して送りがなも間違えないようにしないと煽られるなんて考えたら、書く人はうんと 
少なくなるはずなんですね。 
 
>>みのりさん 
コメントでのAtokの情報をありがとうございます。 
残念ながら私のAtokは14ですから、打ち易い英字で候補を選ぶ機能はありません。 
それどころか、飛鳥だとCtl+スペースで候補を出しても、数字以外の英字では 
選択ができません。やはり、この辺はエミュと干渉しているみたいです。 
 
それは別として、PC関係の本もネットで探しても読めないので私には貴重な情報でした。 
やはりAtokは、ユーザーからの要望を吸い上げて常により打ち易くするための工夫をしてるんですね。 
IMEは入力を楽にする工夫ですから、今やメインの製品がAtokのジャストが入力法も考えない訳はないので、 
それでもやらないのは、旧通産省と大企業が束になってやったのに普及に失敗した新JISの失敗が 
挑戦する気を萎えさせているのだと思います。 
 
あと、そちらのブログでもレスを頂きましたが、内語のことを詳しく書き出すときりがなく長くなるので簡潔に。 
 
まず、、バイリンガルの頭の中の内語の件なんですが、あの使い分けは去年もベッキ―のケースで目撃しました。 
大体、お笑い芸人がトークなんかで、ハーフやバイリンの子がいると、ワンパターンで 
「ベッキ―って、考えているときの言葉は日本語、英語?」って訊くんです。 
勉強の英語には関心がなくても、芸人は言葉が命ですから、言葉への関心は強いんですね。 
これ、もうTVで十回以上目撃してます。覚えているのは、英語がらみだからで、内語関連の 
こととは別の問題意識があったからです。 
 
外国語の経験がなくても、みのるさんが地方出身の東京都民だったりしたら、親や昔の友達の事を考えているときは 
そこの方言で、日常的な思考は標準語でって、区別してるのが意識すれば分かると思いますが。。  
 
それと、>Rayさんも会話の前はイメージ思考になるらしいので、< 
とありますが、授業のように内容も行為もパターン化している会話でもないと 
私だって、話しているときに内語なんて存在しません。というか、できません。 
 
会話って、コンマ何秒でも間が空くと、相手が続きを言ってしまうので、「ここは一言」 
という時点では、頭が「ここは言うことがある」とイメージ思考した瞬間に発声しなくては 
こちらの考えを伝える機会が失われます。 
ですから、「あっ、それはね」とか言って発声しながら同時に文章を組み立てます。 
「えーと・だからあ・あのね」とかいうのは、皆んな頭のイメージを言語化する時間を稼ぐのと 
同時に、「今度はこっちの発言の番」ということを明確にして、相手に待ってもらうためです。 
 
逐次通訳みたいに何秒も内語で考える沈黙が許されるのは責任重大な国会答弁くらいで、 
普通発言の前に考えを内語でまとめたりしていると、発言権が相手に移ってしまい、 
結局こっちの意見が何も言えないで終わってしまうものです。 
つまり、一般の会話では誰でも余り「内語はない」んです。 
 
また、日常的な行為でも私も内語なんて瞬間的なもの以外殆どありません。朝早起きして電車に 
乗って現場に行って、なれない肉体作業して帰って飯と風呂で寝るみたいな日には内語はせいぜい 
「そんなこと言ったって、こっちは素人なんだから説明してもらわんと分からん!。。ブツブツ」 
くらいの瞬間的な内語がある程度です。 
 
ですから、内語は、少なくとも一時間くらい何もしない時間があって、かつややこしい思考をする 
気力体力があって、思考する必要があるときに出てくるものです。 
また、こういった日常的なものではないことを考えるときには「言葉を使う」ことが 
必要条件になると思うのです。何しろ文脈が長いんですから、内語という言葉を使わないで 
イメージだけで考えると、何がなんだか分からなくなると思うからです。 
 
また、このレスもいつものレスと同じに、急にPCの前で考えて書いているのではありません。
私は、一週間とか「問題を持ち歩く」ことをします。つまり、相手のレスを読んだ後、 
ああだこうだと、レスの文章を内語で考えているんです。 
内語での思考が大体まとまった時点で、初めて打ち始めるんですね。 
 
内語にしない>、一人の時はあまり言葉にならなくて、とりとめのない靄(もや)のような感じ> 
思考とは、例えばこんなんじゃないでしょうか? 
 
「さあて、冷蔵庫が年末年始でカラになったから買い物に行こう」とスーパーに行って、 
「ううん、ミルクと卵が切れてる。。おっと、三が日を過ぎてほうれん草が安くなってるから買おう」 
などと、これから私がする買い物で私は絶対内語で考えません。あまりにも日常的で、今まで 
何万回(何千じゃなくて何万なのが怖い。。。(^^;;)も繰り返している買い物だから、
冷蔵庫を見た瞬間、スーパーを歩いている瞬間にイメージが沸いて行動するだけです。 
 
これが、「初めてのおつかい」みたいに、初体験で買い物がパターン化していない幼児だと 
「えーと、頭が赤くて色の黄色いお風呂の石けん~~♪」のように(今年やってました。。(^^;;) 
言葉で考えるだけでなく、まだ内語の思考に慣れてませんから、発声までするんですね。 
 
ということで、今年は買い物でも掃除でも、何をするのか内語が出て 
くるくらい、家事が希な身分になれますように。。(-人-)ナムナム 合掌 

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2006-01-05 19:06:41

飛鳥、マイナーチェンジ

テーマ:ブログ

で、飛鳥なんですがどうもP表の「ほ」と:表の「え」は入れ替えた方がいいみたいです。 
というのは、去年の最後の数万字の「内容のみに集中して打鍵する」のを終わって、投稿してから 
少し打鍵のことを考えてたら結構「は・ほ」を間違えてたのを思い出したんですね。 
打鍵中に気づいたのですが、あれを書いてる途中に配列をいじくると思考が中断するので、 
分かっていても無視をして修正して打ってました。 
 (今回のように単純な入れ替えで済むことは滅多にないのでそう予想はできませんし、 
何十時間かけても「うまい手」が見つかる保証はありませんから。) 
 
後で考えたら、特にPの「ほ」を打ってから余り間もないときにOの「は」を打とうとすると 
「ほ」を打ってしまうんです。 
 
どうも、「は・ほ」は同じハ行ということと、発声時に口が開いているということで共通性が 
あるのと、何たって「ひらがなが似てる」という、どっちかが原因みたいです。 
同じハ行でも、「ふ」では、O逆と「は」と同じ位置にあるのに間違ったことがないのを 
考えると、「ふ」の「う」という母音が口を閉じることと、字の形が全く違っているので混乱が 
起こらないようです。 
 
「は・ほ」の混乱は、私のPがOと同じ薬指打ちということもあるんですが、 
「ほ・え」は出現率的に 大差はないのでこっちの方がいいみたいです。 
「は・え」だとまるっきり似てませんから混乱しません。 
 
それからこの入れ替えは、「は・ほ」の混乱以外に超重要な「にほん」が三段使いから二段に 
なって、とても優しい運指になることが大きいです。 
また、「ほぼ」も以前の上段下段の飛躍から下段中断の二段使いになって、飛鳥の 
「清音とその濁音は(左右は違っても)なるべく上段下段などの飛躍にしない」という 
原則を強化するものです。 
 
これで、清音とその濁音の飛躍は「はば・ふぶ」の二つだけになって、 
両方ともOとZのシフト違いで統一性ができました。 
「はぶ・ふぶ」は「幅・羽ばたく・吹雪・不文律」位にしか出てこないので、滅多に使いませんしね。 
 
たった一組のカナの入れ替えなので、バージョンはそのままとして配列表も省略します。 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。