『苦悩は、つねに何らかの方面の誤った思いの結果です。

苦悩は、それを体験している個人が、自分を存在させている法則との調和に失敗していることの、明確なサインです。』

 

ジェームズ・アレン

("As a Man Thinketh", James Allen, 『「原因」と「結果」の法則』P31~P35,サンマーク出版, 2003年4月25日, 訳 坂本貢一)

 

 

 

 

身の回りで起こることへの反応は、人によって様々です。

 

 

感情を揺さぶるような出来事が起きたとき、

 

 

素直に喜ぶ人もいれば、

自分には関係ないと受け流す人もいるし、

居心地悪い印象を受ける人もいます。

中には、人知れず傷ついている人もいるかもしれません。

 

 

 

例えば、

 

仕事で問題が発生し、

職場全体でピンチな状況が発生した時、

さまざまな感情をもった人たちが右往左往します。

 

 

怒り出して誰に責任があるかを探す人もいれば、

淡々と今できることに集中する人もいて、

ピンチをチャンスと捉えて奮起する人もいるでしょう。

 

 

 

 

昔の私は、

 

全部やっていました。笑

 

 

職場が騒然となるような問題が発生した時、

怒って犯人を探して糾弾し、

ピンチをチャンスと捉えたのちに、

淡々と仕事に集中して解決してきました。

 

 

私を含め、みなさん、精一杯、頑張っているのですが、

 

 

その状況で自分が起こしている行動のきっかけとなった「思い」もしくは「恐れ」に気づいている人は、どのくらいいるでしょうか?

 

 

 

 

「原因と結果の法則」を意識している人であれば、

 

人間パワースポットとなって問題が自然と解決されていくでしょう。

 

 

 

しかし、なかなかその域に達していないと、苦悩が絶えません。

 

 

 

私がとった行動の原因となった思いを、瞑想を通じて内観していくと、

 

 

表面的な思いとしては、

 

 

「問題を繰り返さないために、誰のどこに問題の原因があったかをはっきりさせたい!」

 

「プラス発想が大事だ!私にはより良い解決策が見えている!この問題を解決に向けてリードしたい!」

 

「チームプレイを円滑にして効率よく解決しよう!」

 

 

というものでした。

 

 

 

しかし、こういう「思い」を抱いたのはどうしてなのか?

 

 

当時、自分には勢いというか、切迫感のようなものがありました。

 

こうしなければならない、というような。

 

でわ、それはどんな「思い」または「苦悩の裏返し」だったのでしょう。

 

 

 

現実の結果に繋がる

さらに一段深い「原因」を探ることが大切です。

 

 

 

瞑想をして、 ふかくふかく「自分の内面」 を感じると、

 

そこには、「思い」ではなく「恐れ」がありました。

 

 

「自分が責任者だと追求されるのが怖い」

 

「問題を起こした人を許せない。罪を突きつけて断罪せねば」

 

「マイナス発想になっていじけていたら強く非難された」

 

「自分一人でやって喜んでいたら裏で悪口を言われたから嫌だ」

 

 

 

 

これらの苦悩が原因となっていたのです。

 

「でも、結果としては職場の問題を解決しているのだから、なにも問題ないのでは?」

 

と思われるかもしれません。

 

 

 

 

でわ、原因と結果の法則に基づき、

 

私の苦悩が、職場に問題を引き寄せていた、としたらどうでしょう。

 

 

私が、怒って犯人を探して糾弾したくて、

私が、ピンチをチャンスと捉えるところを見せたくて、

私が、淡々と仕事に集中して解決したいから、

 

 

職場に問題を引き寄せていたのです。

 

 

とんだ困り者ですね。

 

 

 

 

こうして表面的な感情に隠された、苦悩を認めて、その感情を再度感じ切ってから、苦悩を癒すことで、問題を引き寄せることがなくなっていきました。

 

 

同レベルの問題が起きたとしても、やすやすと解決されていくのです。

 

 

そして、あらたな挑戦のステージに進むことができました。

 

 

 

目の前に起きた問題や、

自分が抱えている苦悩を感じたら、


ちょっと気持ちに余裕を持って、

新しい未来を開くための明確なサインがきた、

と捉えてみてください。