「思いと人格」

 

 

 

『私たちの人生は、

 

 ある確かな法則にしたがって創られています。

 

 私たちがどんな策略をもちいようと、

 

 その法則を変えることはできません。』

 

ジェームズ・アレン

 

("As a Man Thinketh", James Allen, 『「原因」と「結果」の法則』P12,サンマーク出版, 2003年4月25日, 訳 坂本貢一)

 

 

 

 

 

 

唐突にバーンと突きつけられた、

 

 

私たちの人生を支配する「ある確かな法則」とは、なんでしょうか?

 

 

 

 

 

ジェームズ・アレンによると、

 

 

 

 

「心の中の思いが、私たちを創っている」

       

 

 

 

    という法則です。

 

 

 

 

 

 

我々が憧れ、成りたいと思うような人格に、

 

 

 

 

思いをもつことで、





理想の自分を実現できるということです。


 

 

 

 

 

人格とは、



性格や人柄という意味だけではありません。

 

 

 

 

 

 

ライフスタイルであったり、生活環境であったり、

 

働き方であったり、人間関係だったり

 

 

 

 

 

 

 

しかし、



そのような人格は、神からの贈り物でもなければ、

 

 

 

 

ましてや、偶然の産物でもありません。

 

 

 

 

 

それは、

 

 

 

くり返しくり返し、

 

 

 

 

 自分の中で作り続けられた「思い」による、

 

 

 

   「自然な結果」なのです。

 

 

 

 

 

 

自分の「思い」という原因によって、




    もたらされる結果。

 

 

 

 

 

 

 

そして、この「もたらされる結果」とは

 

 

 

 

 

今現時点での「もたらされた結果」

 

 

 

 

 

つまり、

 

 

「今の現実」と、その原因となった自分の「思い」を見ることが

 

 

 

     大切です。

 

 

 

 

 

 

今、あなたが手にしている結果は、



            「理想の現実」ですか???

 

 

 

 

 

「理想の現実」を創るために、

 

 

 

 

原因となる「理想の思い」をもつことで、





人生を変化させていきましょう。