HITO TO KENCHIKU

このブログでは 「仕事の風景や、日々思うこと」などを綴っています。
 
          

  • 20Jan
    • 建築文化講演会2020

      JIA三重主催の建築文化講演会に参加しました。今回の講師は建築家の大西麻貴、百田有希 両氏。(o+h 共同主宰)「人を愛する建築」というテーマでとても内容の濃い、為になる話を聞くことが出来ました。今年は学生さんの姿が多く(70、80人程度は来て頂いていたと思います。)、両氏の圧倒的な人気を伺い知りました。(打合せ等、お話しした時も本当に人柄の良い、素晴らしい方でした。)三重県では有名建築家の講演がそれほど多くないので、建築関係者や学生(高校生も先生と一緒に来ていました。)をはじめ、愛知県や岐阜県からの参加者もみえました。主催側なので裏方作業など結構忙しかったのですが、ちゃっかり大西氏のサインを頂いて学生気分を味わいました。

  • 15Jan
    • 多賀 結いの森

      滋賀県出張です。多賀町中央公民館「多賀 結いの森」を見学しました。(設計:大西麻貴+百田有希/o+h)旧公民館の建て替えにより、新しく建設された「多賀 結いの森」。オープンから1年経っておらず、外構は未だ工事中です。(旧公民館跡地)構造材・下地材・内外装材・家具材には多賀町産のスギとヒノキが使用されています。建物の中に入ると、木の良い香りがしてきました。様々な角度から差し込む自然光が心地よく、穏やかな気持ちになれる空間でした。外構が完成する頃に、また訪れたいと思います。→多賀町中央公民館 多賀結いの森

  • 27Dec
    • 仕事納めの今日、会議先の窓から見えた大きな虹。虹を見る事が久しぶりな上に、1年の締めくくりの朝という事もあって、清々しい気持ちになりました。

  • 05Dec
    • 建築文化講演会2020

      2020年1月18日 津市の三重県立美術館で、私が所属する JIA三重主催 建築文化講演会2020が開催されます。講師は建築家の大西麻貴、百田有希(o+h)両氏で「人を愛する建築」が講演のテーマです。是非お越し下さい。(県内各所にポスター等掲載中)

  • 04Dec
    • 建築士定期講習

      本日は建築士の定期講習を受講しています。(建築士法の規定で、建築士事務所に属する建築士は、3年ごとの建築士定期講習が義務付けられています。)社会情勢に対応して建築関係法令も変わり続けるので、専門知識の維持は結構大変です。近年は「既存建築ストックの活用」や「建築物のエネルギー消費性能の向上」また、「職業倫理」に関する内容が特に目に付くようになってきています。

  • 15Nov
    • 打合せ前のひと時

      今日は仕事で三重県の南部、北牟婁郡の紀北町に来ています。紀北町役場の近くで、打合せ前に海を眺めながらのコーヒータイム。秋晴れの空に海が輝いて、素晴らしい景色です。

  • 14Nov
    • 現場から

      建設中のS邸内部の要求ヴォリュームに対して敷地があまり広くないので、どういう解答にするか迷いましたが、工事が進むにつれて、ひとまず、広く見せる空間づくりに関しては成功出来たようです。内部インナーバルコニー

  • 13Oct
    • 津まつり

      「三重県建築士事務所協会 津支部」が、津まつりに参加しました。今年も子供たちによる「エコバッグ作り」のイベントを開催。コットンバッグにクレヨンでお絵描きしてもらい、それをプレスして仕上げます。恒例行事なので、これを楽しみに毎年来てくださるお客様もいて、大反響のイベントとなりました。

  • 18Aug
    • 建築セミナー/津市

      「メッセウイングみえ(津市)」にて建築セミナーを開催しました。テーマは古民家改修について。一般の方対象だったのですが、耐震改修の手法等かなり専門的な話もさせて頂きました。

  • 17Aug
    • 建築セミナー/桑名市

      「くわなメディアライブ(桑名市)」にて建築セミナーを開催しました。テーマは古民家改修について。一般の方対象だったのですが、耐震改修の手法等かなり専門的な話もさせて頂きました。

  • 31Jul
    • 屋上にて

      調査業務で某小学校の屋上にいます。山間部の学校なので景色は良いのですが、とても暑いです。熱中症にならないように気を付けなければ。

  • 22Jul
    • 既設建物の劣化調査

      今手がけている既設建物の劣化調査の一環です。躯体からコンクリートのテストピースを取り出し、試験場で圧縮強度や中性化の程度を測定してもらいます。既設の鉄筋の状況や腐食の具合も確認出来ます。

  • 08Jul
    • この男がジブリを支えた。近藤喜文展

      現在、三重県総合博物館(MieMu)では、第24回企画展・開館5周年記念特別展「この男がジブリを支えた。近藤喜文展」が開催中。7月6日(土)開催式典に招待参加(三重県建築士事務所協会として)しました。お勧めです。http://www.bunka.pref.mie.lg.jp/MieMu/index.shtm

  • 20Dec
    • ■福井県立図書館

      福井市への出張があったので、ついでに建築見学をしようと、槇文彦氏設計の『福井県立図書館・福井県ふるさと文学館』へ行って来ました…が、なんと休館日だという事が発覚!残念ながら中に入ることは出来なかったので、図書館の周りを歩いて見学してきました。周りが田んぼなので、建物のヴォリュームが際立っています。敷地が広く芝生なので、季節が良ければピクニックでも出来そうな雰囲気。派手に主張する外観ではなく、落ち着きがあり、丁寧に作り込まれた感じがします。次回は是非、開館日にゆっくり来たいと思います。内部も見学したいですしね。その後、福井市中央卸売市場へ行き、近海で獲れた新鮮な魚介が食べられるという市場内の食堂『群青』へ。美味しい海鮮丼を頂きました。

  • 16Nov
    • ■防災フェスタに参加

      防災フェスタに参加しました。フェスタでは、災害時に必要な、避難所の運営上の課題を理解するために、避難所運営シュミレーションを実施。避難所運営本部の設置や、被災者の受け入れ等、実際の学校の平面図を使用してあれやこれやと話し合いました。避難所運営シュミレーションの次は、消防署の方々に来ていただき、一次救命処置の訓練をしました。胸骨圧迫による心臓マッサージや、人工呼吸、AEDの使い方など災害時に対応出来るように、丁寧に教えて頂きました。自然災害が多発している昨今、建築士である私達にも、このような知識が必要になっています。

  • 16Jun
    • ■レーモンドホール

      今日の建築家協会の会合は、三重大学の構内にある「レーモンドホール」で開かれました。レーモンドホールはチェコ生まれの建築家、アントニン・レーモンドによる設計で、国登録有形文化財の建物です。会議の後、環境セミナーが開かれました。セミナーには三重大学を始め、他大学の学生も多く参加していました。ホール内部は、静かで開放感のある空間です。丸材を用いた架構はシンプルですが、とても美しくて、気持ちが落ち着きます。講義使用中以外は一般公開もされていますので、興味のある方はご覧になられてはいかがでしょうか。

  • 11Jun
    • ■防火設備/定期検査

      平成28年の建築基準法改正に伴い新設された、防火設備の定期検査に関する実務講習会に出席しました。実際使用されている施設での防火設備点検作業を見ながらの講習で、あまり例のない事だったので、各市役所、三重県庁など関係部署の方々も多く参加されていました。

  • 03Apr
    • ■トレーシングペーパー

      仕事柄トレーシングペーパーをよく使います。「紙」と言っても厚さは色々ですが、トレーシングペーパーは微妙な厚さの差で使い勝手が大きく違います。適所で使用しないと紙がヨレヨレになってしまいます。これが私にはとてもストレス!図面等で枚数が多い時など、紙質の良し悪しだけで仕事にかかる時間が結構変わってきますからね。「これだけで…」っていうこと、他の職業でも色々あるんでしょうね。

  • 29Mar
    • ■とりあえず

      まだ花見に行っていないので、とりあえず外勤先で桜を眺めてきました。津市役所 芸濃総合支所です。駐車場付近の桜の木が満開でした。

  • 14Feb
    • ■皆さんも気を付けて!

      実家の母のもとに「私」から電話がかかってきました。「明日、実家に行こうと思うんだけど…。」母が「どちら様ですか?」と聞くと「私」は、「えっ、お母さんの息子だけど、」と私の名前を名乗ったという事。数日前、実家に私の名前を名乗る電話詐欺から電話がありました。フルネームを語られたので気味が悪く警察に相談をしました。こういう事例も多いらしく、何かの名簿などで情報を仕入れたのだろうという事でした。母は騙されなかったから良かったものの、全く物騒なご時世ですね。