甘い物を控えて妊活力アップ!

テーマ:


女性が大好きな甘いお菓子。ご飯は食べなくても、

お菓子は食べている・・なんて、妊活中は絶対に

ダメです!!

 

甘いお菓子に入っている”砂糖”は、中医学では「陰性」の

食べ物なので、身体を冷やしてしまうと言われています。

妊活で冷えは大敵とは何度もブログでお伝えしていますね。

 

砂糖の中でも精製された”白砂糖”が特に身体を冷やして

しまいます。

白砂糖は糖以外のビタミンやミネラルは全て取り除かれて

います。白砂糖が糖質として身体に吸収され、代謝される

ときに、ビタミンやカルシウムなどが必要となります。

なので、甘い物を摂れば摂るほど、妊活に大切な体内にある

ビタミンは無駄に使われていってしまいます。。

 

ビタミン不足になると、赤血球の細胞膜を弱め、赤血球の

弾力性が弱くなり、赤血球が壊れやすくなってしまいます。

そうすると、酸素を体中に届ける大切な役目の赤血球が不足

するので、当然血液の質も量も減ってしまいます。

また、血小板も凝縮されるため、血液が流れにくくなって

しまいます。

よって、身体に熱が届きにくくなり、冷えに繋がるのです!

多嚢胞性卵巣症の原因の一つに、糖代謝異常があります。

血糖値が高い人や、甘い物ばかりたくさん食べている人が

なりやすいと言われています。

また、ビタミンには神経の働きを正常に保つ働きがあり、

ビタミン不足になると自律神経が乱れてしまい、ホルモン

バランスも崩れてしまいます。。

甘味料として使うなら、白砂糖よりは精製され過ぎていない

黒砂糖やきび砂糖、はちみつやメープルシロップなどで代用

することをオススメします!(ただし、取り過ぎは注意!)

 

甘い物がダメ!と言われると我慢して逆にイライラするのも

良くないので、白砂糖ではない甘味料を入れた100%ココア

などを飲んでみるのはいかがでしょうか?

できる限り甘い物は控えて、妊活力をアップさせていきま

しょう!



 

 

 

■■□―――――――――――――――――□■■
不妊治療専門 アクア鍼灸治療院
院長 松本茂文


大阪市天王寺区石ヶ辻町7-2
(電話)06-6774-5218

診療日時
11:00~20:00/月~金(受付終了20時)
10:00~13:00/土  (受付終了13時)
日曜・祝日/定休日

(公共のアクセス)
近鉄上本町駅より徒歩3分
JR環状線鶴橋駅より徒歩7分
大阪メトロ谷町線谷町九丁目駅より徒歩10分
大阪メトロ千日前線鶴橋駅より徒歩7分

■■□―――――――――――――――――□■■




引用元:甘い物を控えて妊活力アップ!