大変お久しぶりです

テーマ:

実は、SNSに投稿するのが究極的に苦手です(^_^;)

ただ、成長者や成功者は常に苦手な事に

挑戦し続けています。

そこで、心機一転苦手な事にも
常に挑戦をしていくように意識します!(^^)!

 

今日は、知り合いが築地市場で働いているため、

ガイド付きで築地の全てを見学することに

なっています!!

実は築地には一度も行ったことがなくて、

食べることがとてつもなく好きな僕にとっては

全く縁がない場所でした((+_+))

今回、築地移転のタイムリミットがあと少しな中で、

普段の築地では体験できないことも体験できて

しまうなんて今からワクワクが止まらないです。

今日の4時半に起きて、通常は関係者以外

参加することができないセリにも
参加させてもらうことができるようになりました。
 

妄想ばかりして寝れるかどうか不安です(;^_^A

皆さんお久しぶりです、小林英び司です。

ここ最近、プロフィールを大幅に変更をさせて頂きました。

その理由は、セラピストという心を扱うシゴトに

限界
を感じたからです。

限界を感じた理由を話す前に、ビジネスの基本的な

考え方について話をしていきます。



皆さんもご存知の通り、ビジネスをするうえで重要な事は

収益
を上げることです。

その収益を上げる際に、お金の流れが二つあります。

給料の様な継続収入と、大きな金額が入るボーナス(一時金)

呼ばれるものです。

あなたも会社で就業されているので理解をされていると思いますが、

シゴトは自分が労力を掛けた時間によって売り上げ額を基に

算出した収益が発生します。



給料はその最たるもので、毎月働いた分だけ決まった金額が会社から

支払われていきます。

ボーナスも、会社への貢献度合いはもちろんですが、会社が売り上げを

上げて好調な分を社員に還元しようとするものです。

このように定期収入と、ボーナスを貰うことで、サラリーマンのあなたは

生活が成立しています。



しかし、心理セラピストの場合は如何でしょうか?

クライアントが定期的にカウンセリングを受けて頂き(継続収入)、

自分で開発をしたコンテンツ(ボーナス)が販売され続けていれば、

心理セラピストに関わらず、個人事業主の方はそのシゴトをしながら

生活をすることが出来ます。



ところが、悩みのあるクライアントがカウンセリングを受けたとします。

それがたった数回受けて悩みを解決してしまえば、以降のカウンセリングには

来られなくなります。

悩みがなければ、カウンセリングを受けないのは誰もが分かることですよね。

コンテンツに関しても、一度購入した方はコンテンツの内容を

既にご存知なので、それを見越して追加で購入して頂くには、

相手方の判断次第ということになります。



心理セラピストというシゴトは、他に活動をされている方が

たくさんいらっしゃいますし、クライアント自身に例えそういう症状であっても、

事実として自分は違うという認めたくない想いがあります。

そういったクライアントの想いがありながら、新規のクライアント獲得する為に

他のセラピストと新規のクライアントを取り合いながら、

症状を持たれている方を常に探すために新規開拓をしていきます。



その新規開拓が出来なければ、収益を上げることはもちろんですが、

事業を存続させる事自体が出来なくなります。

事業を運営するうえで重要な事は、ある程度の事業計画と

見込みで得られるでろう収益が必要になります。



心を扱うシゴトは、収益面で他の事業と比較すると

それを算出するのが難しいシゴトです。

そのため、心理セラピストのシゴト(人助け)をすればするほど

赤字が膨らんでいく、ジレンマや負のスパイラルに陥っていきます。

心理セラピストというシゴトは人気がありますが、それ以上に

収益を上げるのが難しいシゴトであることを認識しないといけません。



クライアントの為になって喜ばれているとしても、収益も上がらない

カウンセリングではあなたの人生を壊してしまいかねません。

現状のカウンセリング時間と収益が見合っていないのであれば、

現在やっている事はシゴトではなくただのボランティアです。

事業をするうえで、ボランティアという形態は絶対に止めましょう。



その理由は、次回の内容でお伝えさせて頂きます。

お久しぶりです、小林英司です。


皆さんは、日本の年金制度や、日本がどれだけ借金をしているのか


ご存知ですか??


これからお伝えしておく事を知っているのと知らないのとでは、


今後(特に老後)の人生が大きく変わりますよ。


この知識を得て、貴方の大切な人や、友達や知り合いの方に

教えてあげてくださいね。


これほど価値のある情報を、独り占めだけは絶対にダメですよ。


下の画像みたいに、相手の事を大切にする事は素晴らしい


景色と同じで尊いものですよ。




それでは説明をさせて頂きます。


年金には賦課方式と積立方式があります。


日本は賦課方式で運用をしていて、国民年金に限って言えば、


一人年総額80万の年金を支払っています。


そこで1970年代頃は、お年寄り1人に対して8.5人で支えていましたが、


2025年にはお年寄り1人に対して2人で支えていく事になります。


今まで、運用益や積み立てによって出来た100兆円以上の


積立金があるにしても、その金額も無限ではないですし、


高齢化社会である以上積立額がドンドン目減り


していく事が考えられます。




そして日本全体の債務残高は、約1290兆円です。


この数値は、現在も増加しています。


グーグルで、財政赤字カウンターと検索して貰えれば、


国の債務残高をすぐに確認をする事が出来ます。


この債務を減らす為に、現在政府がとっている政策が


アベノミクスです。


アベノミクスの本当の目的は、毎年物価を2%ずつ


上昇させるという事を実施しています。


物価を上昇させるには、日本銀行が円建ての


貨幣を造幣する事です。


国内や国外に円が大量に出回れば、各国との貨幣バランスによって


円安に進んでいきます。円安になるという事は、


円の価値が下がるという事になります。


先ほどお伝えした通り、日本の債務残高は約1290兆円にも


なりますので、円の価値が下がれば、


今までの1290兆円よりも価値の下がった1290兆円として


債務を弁済する事になります。


円安にするアベノミクスは、実は欧米諸国から


財政健全化を要望された事により行われています。


世界や、日本の国自体が主導で行われている政策なので、


これを有効利用して資産構築をする事が望まれます。


この状況を上手く活用して解決出来る方法をお伝えします。


ご興味のある方は、ご連絡を頂ければ対応します。

投稿写真

両親との関係を改善すると、ビジネスで成功する

4時に起床して参加した、練馬区倫理法人会のモーニングセミナーが終わりました\(^o^)/

ビジネスにおいて、売上をアップさせる事は大変重要です。
しかし、利益ばかりを追い求めると、本当に大事なことが見えなくなります。

利益を求める前に、どんな人でもやる必要がある事は両親との関係を見直す事です。
これが出来ていないと、どんなに素晴らしい成功を納めても必ず落とし穴が待っています。

スピーチの為に登壇されたお二人には、ビジネスのやり方よりもっと大切な、人としての在り方を教えて貰いました。
皆さんもご両親との関係を見直して、どんな事があっても大事にしてあげてくださいね(^_-)-☆

#ビジネス #利益 #両親


場所: カデンツァ光が丘