発症後116日 怒涛〜

テーマ:

 

 

お母さんに日中のこと話してたから、

夕方面会に来た時に海老の天ぷら持ってきてくれた!

(海老様は好きな食べ物ランキング2位)


わざわざ海老買ってきて

急いで揚げてくれたみたい笑い泣き


感謝だ笑い泣き


 

 










 

セラピストさんと親友ちゃんとお母さんに一通り吐き出して落ち着いた~。


今はもっと落ち着いた〜


時間とともに冷めてどうでもよくなるやつ。

 

 










しかしなぁ。



麻痺が残ることなんて

発症して落ち着いた頃には理解していたし、

(受け入れとは別だけど)

他の脳外の先生に聞いてみたり、自分で調べたりして、

無謀すぎたり不可能な希望を持ってやってきた訳じゃない。



今後まったくの健常者と同じように生きていけるなんて思ったこともないし、わかってる。

 



それでも、

少しでも、ほーんの小さな筋肉の動きでも

今まで当たり前だった「ふつう」に近付くために頑張ってやってきた。

 





それを主治医が、

へし折るようなこと言ってきたから悔しくなってしまったのだよね。


余計な励ましは求めてないけど、

なんで主治医に泣かされなきゃいけんのよ


どこに、患者泣かす医者がいるんだよ

(告知とか病態説明とは別で)




 

部屋にも、リハビリ室にも来ないんだから

私の今の状況知ってます?状態のあなたが言うことじゃない。

 

一生薬飲む身体なんて簡単に言ったけど、

この前の脳外の主治医とのICの時に、

将来的にはステロイドも抗凝固薬もやめられる可能性についても話があったの。

 

私の医療者としての人格?みたいのも否定してきたけど、

まずそもそも今回の話と関係ないし、

私の看護観や姿勢をなんも知らないあなたが言うことじゃない。

 

 

 





 

なんも知らないやつの無責任な発言ほど

むかつくことはないわ。

 

 

 

 

 

私が、先生の思い通りにならないからカッとなったんだろうけど、

部屋来て頭下げるくらいなら

私より何十年も長く生きてきて、一応医者としてやってんだから

ちゃんと考えて発言してほしい。

 

一度言った言葉は謝ってもらっても

一生残ってしまうよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 










 

 

 

は~おわりおわり!


たまたまそこに居て

先生の発言聞いていたセラピストさんも


あれはひどいと思います。

もう、いないものと思いましょう。


ってゆってくれて、少し救われたキョロキョロ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 










さてさて、昨日

残り1週間となって、

戸棚の整理をしよーって思ってたら

発症後1週間~このブログを始める前の日記が出てきて

一気に読んでしまった(おそうじあるある)

 

 

 

最初の頃は、いろいろなことが突然すぎて思考の整理ができてないまま、

受け入れなきゃ!とりあえず前向きに!がんばる!ってポジティブな感じだったからか

まだ字がきれい。

絵文字とか書いちゃってる。




 

この頃は尿管が抜けたり、装具つけて立つことができたり、

車いすで病棟内フリーになったり、と

日に日にできることが増えてって

余計な事考える暇がない感じだったのかな。

 

 

 

 

しかし、前にブログにも書いたけど

1回爆発して、更には回復期に上がって

リハビリの人と合わない感じとか


なんでわたしなの?なんなの?

なんか悪いことした?


みたいな感情が波のように押し寄せる日があったりして。



その時の精神状態が

如実に字に表れていた真顔





字、汚い真顔


くそ!!!って…真顔













もうさ、なんなんだろーね。


あの時の、どこにもぶつけられない悔しさとか悲しみみたいなあらゆる負の感情がさ、


この世にあるありふれた言葉じゃ

形容しきれなかったんだろうね。


どんな言葉にも当てはまらないほどの

負の感情。





もうどうしようもない、

けど吐き出したくて、

くそ!!!ってゆう短い言葉に詰めたんだろな




















こういうさ、リハビリの本にさえも


このモデル健常者だろ?

こんなうまくできねーわ!!


とかいちいちイラついてたなチーン




















うんうん懐かしい。



なんか悪い例で出しちゃったけど

この本自体はすっごいオススメです!



これ買ってから、

本格的に自主トレというものを始めた!


何したらいいかわからない

けど、なんかしなきゃ焦る…


みたいな心境の時に

すがる思いで買った気がする





更に、ブログやSNSで同じような境遇の人から情報を得たり、

私も頑張ればこんな風になれるんだ笑い泣きって

どん底の中から希望を見出すことができて、

ひたすらやるっきゃない!!!って

向き合えたきっかけでもあったなぁ。






その人の症状や捉え方によって全然違うと思うけど、

わたしにはこの本もネットの情報収集も合ってたんだと思う!

(本のモデルや、出来ない自分にイラついてはいたけど笑)








そして、

この本を元に自分で自主トレ表作って

セラピストさんに確認してもらって

(汚いな、おい真顔笑)







毎日毎日ひたすらこなして、

身体のアップデートと共に

この表もアップデートしていって、




今やこんな量に。

100枚近くあるのかな。





リハビリ以外の時間は

常に自主トレしていた気がする。


この他にも毎朝と夕方のウォーキングと階段昇降、

そして右手抑制はしてないものの

CI療法意識して積極的に左手使ってたなー






















なんだか感慨深いなぁ。


やったよ自慢じゃないけれど、

こんだけやったから今があるって

はっきり言える。













なんか総まとめみたいになっちゃったキョロキョロ



しんみりするには早いから

まだまだらやれることやる!









ねる!








 

 

 

 

 

一生忘れないぞ。

テーマ:



「新しい薬飲むの嫌だって言ったって、一生薬やめられない身体じゃん」

「あなた医療者なのに、考え間違ってる」

「普通に戻りたいって言うけど考えが甘い
麻痺は残るし、無理なんだから」


「自費リハ行ったって、半分はマッサージ」
「変なとこ行ったら高い金取られるだけ」












医者が言うことじゃない。

頑張ろうと、前を向いている患者に
絶対言っちゃいけない言葉




絶対絶対忘れない。








絶対絶対、スタスタ歩いて
先生の前に現れるって決めた





















え、なに言ってんのこの人。
って頭が回らなくなってしまって、
先生の話もう聞けなくなってしまって、
途中で立ち去った後、
人があんまり来ないベンチに座って泣いてたら、

院内探したのか、たまたまなのか、
ごめんなって謝ってきた先生無視して歩き出した足がカクカクしてしまって、
走って逃げることができなくて
さらに悔しくなった。

















この悔しさ、絶対忘れない。


絶対絶対装具無しでスタスタ歩いて
ばーか!!!って言ってやりたい。











くそ!!!

鳥のフン、10連続で落ちろ!!



















はぁ、書いたらスッキリするかと思いきや
文字にすると改めてひどいよなぁ。









くそおやじめ。





感謝の連続

テーマ:


昨日の話タコ



今日午後から装具屋さんが来て、
何度も試行錯誤してくれた装具が
ついに完成〜おねがいキラキラ




結局、前に作ったやつカッティングして
既製品のオルトップLHに近くなった!
むしろオルトップLHより小さくしてくれた!



装具作り始めた時は、
これよりもっと長くてゴツめのオルトップでも、これで退院できるかなー頑張りましょう!
って状態だったのに、
もっともーっと小さくなった奇跡笑い泣き


ほーんとここ1ヶ月でよくなって、
装具屋さんには作り直しで迷惑かけちゃったし
結果的には最初から既製品買えばよかったってことなんだけど、
もうこれはほんと嬉しい誤算すぎて笑い泣き



しかも最後の仕上げ?でもう一回調整してきてくれることになって、
本来ならまた来週なんだけど、
退院近いから慣れるためにたくさん履いた方がいいってことで
夜わざわざ届けてくれたびっくりキラキラ

まさかの当日仕上げ!(クリーニング屋さん?)

いやぁ、ありがたすぎる…











そしてそして、
今日脳外の主治医と最後のICがあって、
本当ここまで良く頑張った。
重症な脳梗塞だったから、正直ここまで良くなると予測してなかったです。
奇跡の回復だよ!
ってゆってくれて、
母と感動笑い泣き笑い泣き

重症だったって知りませんでした笑
最近母から聞きました
ってゆったら、

最初に言ったよ!あの時ぼーっとしてたから覚えてないのかな?
だいぶ楽観視してるなぁとは思ってたけど…

って言われて、
あれ、そうだったっけ状態真顔





うん、そうなの、本当楽観視してた。

なんなら1ヶ月くらいで退院できると思っていた。

いくら看護師やってても
専門外だとダメね!

消化器系の疾患だったら
もっとちゃんと理解していたはず。(言い訳)









でも今思えばそれが
プラスの方向に働いてた気もする!

名古屋であるライブに歩いて行く!とか、
何月に入社する!とか、
いま考えたら無謀すぎる目標も、
重く捉えすぎてたら掲げられなかった気がする

無理だよね、って諦めてた気がする。


すんごい自信満々に、
絶対行きます、みんながダメっていっても行きます。
ってゆってたからなぁ。


3月末のブログでも言ってるわ笑

強い気持ち持つの大事
って言われてる。真顔

みんな肯定も否定もできなかったんだろな笑













あと、今回の発症に関しても、
今回の病気は、まるさんが悪いとかじゃないんです。まるさんが何したから、とか生活習慣に問題があった、とか全く関係ないんです。
たまたま、本当にたまたま、原因不明の何かのきっかけで脳の血管に炎症が起きてしまって、脳梗塞になってしまったんです。
なので、今後フォローは必要ですが、何をしたらダメとかはありません。今まで通り色んなことしてくれていいと思います。
って改めて親にも説明してくれて、
本当泣きそうになった笑い泣き笑い泣き

どこかでさ、私が悪いからこうなったって
思ってるとこあったからさショボーン

親も、決していいとは言えない生活だった私を知ってるから、
絶対そう思ってるだろうなぁと感じてたし。






もちろんお酒は控えめに!
重症な脳梗塞をしたってことを忘れないように!とは釘刺されたけどキョロキョロ





先生との話終わってから、改めて、
ここまで来れてよかったよね、としみじみ。



たまたま先生がいる時に、
ここに運ばれてよかったなー。

脳外の女医!!
なんて鬼怖そうだけど
わたしには優しいしニヤリ


都内でのフォロー先も探してくれるらしい。

いたれりつくせり笑い泣き



















そんなこんなでIC終わって母見送ってフラフラしてたら
今日もリハさんに呼び止められて、
また診てくれたキョロキョロキラキラ


昨日も夜呼び止められて、
いつものPTさん2人とその先輩が来てくれて
今の問題点とか改めてアドバイスしてくれた笑い泣き






ありがたい笑い泣きキラキラ

全然担当じゃないのに、気にかけてくれて
アドバイスしてくれて色々やってくれて
その気持ちが嬉しすぎる




あと1週間だもんなぁ。






今日初めて1人で、
しかもこのちっちゃい装具で駅まで歩いたんだけど
カクカクしてたし緊張あがるし、
まだまだ恐怖心あったから、

自主トレでも
どんどん外歩いて慣れてかなきゃな!










みなさんの最後の追い上げ感というか、
やれることは全部やったる感が伝わってきて
本当ありがたすぎて毎日感動している笑い泣き






退院したいけど、
退院したくない…



























残り1週間!いよいよ!!




気抜かずがんばる!!