桉樹のなんでも日記

桉樹のなんでも日記

石鹸や野菜、くだものに彫刻する「カービング」や編み物・手芸が大好き
いろいろ作ったり、練習したり、いただいたり、そんな作品で自分自身がいやされてます。

編み目が、そろってるセーターみせてもらいました。
すごいです。
カービングしかり、編み物しかり、音楽しかり、揃わせるのには、才能と努力ですよねー。目とか、手とかの感覚も必要なんでしょうね。
私はできないけど、何が素晴らしいのか、見る目だけあるような気がします。
絵なら、細密画が好きですがー。
編み目だけ、少しご紹介です。


上手すぎ。ニコニコ爆笑
 先日、老人ホームにて一緒に体操しました。
その曲が、どうしても耳から離れませんので、検索してみました。みなさん、暗譜でした。

私もメロディー、知ってました。ドリフ世代なーんて。
鴻上尚史さんの、世間と社会についての、お話読みました。なるほどです。
日本は、世間の中で暮らしている、鴻上さんの世間と社会の定義、なるほど、と思いました。
すごいなー、と思いながら、とんとんとんからりんの隣組で、体操しまーす。

古民家カフェ エンジェルにて
アフタヌーンティー 。
写真を撮り忘れてしまって、しまったー、と思ったら、店主が、これでよければ、と厨房で撮った写真送ってくれました。
ありがとう😊

スコーンには、だーい好きなクロテッドクリームをたーっぷりつけて、いただきました。
 
紅茶は、お代わり無限。
で、お値段なんと、1600円。
女子会、しわあせ感じます。

要予約でしたー。チュー
またまた、2日連続 同じ時間に吉野家

きょうはだーい好きな、麦とろ牛皿御膳にサラダトッピング。
まず、サラダから、そして、きょうは、オクラも載せてみることに
うーむ、旨し。
この時間、男ばかり、10人、私を入れて11人、麦とろを注文したのは、二人、あとは、かぶることない注文。
ノリのいい音楽の合間に朝食の必要性、吉野家なら、朝食もオッケー。そして、120年の歴史の中で培われたオタマのすごさ、穴の数、あき方、などなど、誰が牛丼の汁をまわしかけても同じにできるから、いつでもきてねー、と勘ぐってしまいました。道具を一般化することを日夜考えてる人がいるんだなー、と、ほんの20分の間に考えてしまいました。
不思議なことに、お客さんに、外国人がいません。また、きっと近日中に吉野家に吸い寄せられる気がします。
外国人は、吉野家の味好きかな?などと、考えながら食べてます。ニコニコ
お久しぶりです。
歩いていたら、麦とろの看板がー、
実は麦とろ、大好きです。

こーんな疲れた日は、やっぱ、麦とろでしょう。
いただきまーす。爆笑
ライザップと、監修したとかいうサラダ。
ダイエットにいいかも。温玉のトロミが綺麗な感じ。
ほぼ、雪とけてますよねー、

6月ですから。
癒されます。
古民家カフェ エンジェル
四国中央市の癒しスポットです。

なんだか、バージョンアップしたメニューもあるとか、行ってみます。


写真撮るの忘れて、食べてしまいましたー。だから、少しカツオ、ごはん、減ってます。

なんでしょう。
まず、シソ1枚から、新鮮。
塩、どこの塩?ってくらい、あまい。
瀬戸内なので、レモンは、語らずともがな。

そして、本命、カツオのタタキ。
うなります。

また、リピートしよっと。
とりあえず、旬感 でした。