予選:3月5日、6日

決勝:3月7日

3日間とも天候、雪質が違い、転倒者の多い大会でした。

 

コロナの影響で、様々な大会が中止になるなか、SAJの大会関係者、

その他大勢のスタッフのおかげで大会ができたことに、本当に感謝します。

 

埼玉県大会予選も通らなかった二人ですが、

全日本決勝まで行くことが出来ました、

アミィスキークラブには親子でお世話になっています、

スキーのことでお手伝いできることがあれば頑張ります。

 

画像をクリックしてください。

             予選フリー

            予選小回り

            予選大回り

            予選不整地

            決勝フリー

            決勝リズム変化

             予選フリー

             予選小回り

             予選大回り

             予選不整地

              決勝フリー

           決勝リズム変化

 

上位選手の滑り

 

予選小回り90.6点   予選小回り91.2点  予選小回り90.0点  予選小回り91.4点

 

予選大回り92.4点   予選大回り89.6点   予選大回り92.0点   予選小回り90.8点  

 

予選不整地92.0点   予選不整地94.2点   予選不整地92.8点   

 

予選フリー90.6点   予選フリー93.0点

 

決勝小回りリズム変化91.6点    決勝小回りリズム変化92.2点 

 

決勝フリー93.2点

 

 

 

 

 

 

湿った雪が降る中、東京都スキー技術選が行われました。

後藤姉弟どうにか、東京予選を通り全日本に行くことが出来ました。チョキチョキ

画像をクリックしてください、動画が再生されます。下矢印目

大回り 弟

             東京都女子上位選手

            東京都男子上位選手

ここ数年雪不足に悩まされてきた大会でしたが、今年は最高のコンディションの中

実施されました。

アミィからは昨年、準指を取得した福山君だけの出場でした。

大会自体もコロナの影響で、ジュニア、シニアがキャンセルになり

レギュラーも男女合わせて約80名でした。

 

 

 

 

 

技術選チーフ:後藤

2月21日から23日において、埼玉県スキー連盟「準指導員検定会」が長野県戸隠スキーで開催されました。


当クラブからは福山さんが受検し、見事トップ合格。受検生代表で「合格証書」受理をしました。(ビブNo:40)


昨年11月からの理論養成講習に始まり、本年2月の受験日まで4か月間にわたり、

 

「県連主催の養成講習会」および「さいたま市スキー連盟の講習会」に参加し、指導する側の基礎スキー技術を習得してきました。


約30日に及ぶ雪上での練習の成果が最高の結果として合格に繋がったのではないかと思います。


実技テスト、当日のコンデションは午前中が曇り、午後の最終種目「総合滑降」では天候が「雨」となり、

 

スター地点は濃霧でゴールが見えない状況、リズム変化後にバランスを崩す受検生もおりましたが、福山さんも無事滑走終了。

 

8種目をやり切った感で終えたようです。


翌日の発表を待つことにして宿へ直行。

 

夕食後は談話室でサポート陣が撮影したビデオを肴にして、合格前祝でしたがアルコールが回ってきてからは反省会とダメ出し。

 

受検生も内心、合格を予想していたが不安感が倍増。そんなサポート陣に囲まれ就寝。

結果は前述のとおり、アミィスキークラブの名を埼玉県スキー連盟に轟かせた合格発表会となりました。


また、今回の準指導員検定に携わっていただいた連盟の役員・指導員の方々およびサポートを頂いた皆様、有難うございました。

追伸、合格発表後、新人福山指導員とともに気兼ねのないフリースキーをし、帰郷することとなりました。

 

がハプニングが勃発、内容を知りたい方は「本人」にお会いした時、直接お聞きください。

チーフTより

 

 今回も菅平でポール練習会を行いました。 

 

1日目は薄曇り、2日目は晴天、天候にも雪にも恵まれました。
 

1日目の午前は、大回転、午後は回転の板での中回転の練習、2日目は大回転の練習でした。
 

2日間とも計測を行い、皆で一喜一憂していました。計測をすると、むきになりますね!!!
 

今回はポール班は足がパンパンになるくらい滑り? 撮影を忘れてしまいました。
 

子供は2名参加と少なかったですが、元気いっぱい滑りました。

AUGUMENTの板は、Yさんが試乗用で持参され皆で代わるがわる楽しみ、

 

次シーズンの購入を検討しています。
 

夜は、滑るのは遅いが お酒に酔うのは早い幹事が、いつものように・・・・でした。

ポール練習は基礎スキーとは、違う楽しさがありますので、皆様の参加をお待ちしています。

 

1月18日~21日 戸隠スキー場で行われました。

雪不足が心配でしたが、ほぼ予定通りの種目が行われました。

出場者  石関 達、杉浦 慶、栃澤 康之

              齋藤 栄、福山 剛、後藤 樹

ジャッジ  高井 一郎

チーフ    後藤 勝彦

日曜日予選終了後「樹」講師によるワンランクアップ講習会が行われました。

 

栃澤康之さん シニア男子3部 2位入賞おめでとうございます!!

 

負けたのは誰でしょう???

 

大会結果は 

http://www.ski-a-s.jp/edu/SAS-edu.html

ご覧ください。

今更ながらシーズンあけましておめでとうございます。

1か月遅れですが、19−20シーズン第1号の行事報告です。

鹿沢スノーエリアにて122122日開催のさいたま市連主催の研修会に、

講師を含めクラブ員7人が参加しました。

今回で4回目の当研修会は、市内9クラブ43人の参加となりました。

雪不足の中、第1、第2リフト中間までと緩斜面も途中までの営業でした。

雪を求めて来たのか、広島県や兵庫県のゼッケンを着用した講習会も実施され、ゲレンデは混雑していました。

 

東京新聞によると、10月の台風19号の被害により、鹿沢スノーエリアのオープンが危ぶまれていたそうです。

大雨でゲレンデがえぐれたり、レストハウスが床上浸水、降雪機に使う水をためる堰堤に土砂が流れ込み稼働に支障をきたしたり、かなり厳しい状況だったようです。

詳細は東京新聞群馬版の記事を参照願います。

 

寒波の待ち遠しい大寒の夜に、遅ればせながらのご報告でした。

 

定期総会が令和元年10月5日にさいたま共済会館にて開かれました。

 

昨年度の行事・決算報告、新年度の行事・予算が話され、承認されました。

 

会場を変え懇親会では、親睦を深められていました。

 

今シーズンは、準指導員検定に福山さんが受検されます。

 

応援よろしくお願いします。

 

令和元年5月25日(土)
18-19シーズン納会及び拡大企画委員会が行われました。
浦和ワシントンホテルのビュッフェにて、
今シーズンの成績発表や、来シーズンのマテリアル、まだ月山に行く話題などで
盛り上がりました。
イメージ 1

『練習会①』  in八方尾根スキー場

2019年1月3日~4日
参加者 7名+講師

今年も雪不足でしたが、ほぼ全コース滑走出来る積雪でした。
1日目はガスが出ていましたが講習には問題無いれべるでした。
そして2日目はとても良い天気になり、全体集合の前には、参加者の方は朝一リーゼンを滑走していました。
技術選県予選出場の人にも、この2日間は良い練習になったと思われます。
イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5
イメージ 6
イメージ 7
イメージ 8
イメージ 9
イメージ 10
イメージ 11
イメージ 12
イメージ 13
イメージ 14
イメージ 15
イメージ 16
イメージ 17
イメージ 18
イメージ 19
イメージ 20
イメージ 21
イメージ 22