『現役の金融マンが語る!初心者が知っておくべき資産形成のリスクと方法』

『現役の金融マンが語る!初心者が知っておくべき資産形成のリスクと方法』

販売会社である証券会社や銀行の裏事情から人気の投資信託の落とし穴!退職金の運用失敗!など、独立系金融機関という中立公正な立場で投資助言を専門に行う投資アドバイザーの視点からズバリ解説!海外投資で失敗しない方法も伝授します!

     「海外積立ファンドを正しく理解する為の12の教訓」
                無料メールセミナー


RL360(ロイヤルロンドン)、メティスグローバル、インベスターズトラスト、プレミアトラスト、サンライフ、FT-LIFEなど、海外積立ファンドと呼ばれている投資商品を検討されている方は是非参考にしてみてください。

実際にあった被害事例や悪徳業者から、IFAの選び方、商品の仕組みや販売・勧誘業者の裏の実態、法律面での見解などズバリ教えます。


      
⇒「海外積立ファンドを正しく理解する為の12の教訓」
           無料メールセミナーに登録する



テーマ:
来週から久しぶりの北海道訪問

幾つか個別相談のご依頼を頂いており、折角なのでピンポイントですが札幌、函館にて個別相談会の募集をします。

札幌
4/23 17時半〜
4/24 9時〜、10時半〜

函館
4/26 15時〜
4/27 9時〜、10時半〜


僅かですが、ご興味のある方は以下までご連絡下さい。

t.araki@takumi-fund.co.jp



テーマ:
 
先日の大阪訪問で多数のご要望を頂きましたので
久しぶりに大阪でのセミナーを開催いたします。

情報が錯乱する中で
 
正しい知識と情報を手にして
失敗のない資産運用を実現して頂ければと思っております。
 

合わせて個別での相談会も下記スケジュールで行っておりますので、ご要望の場合はお早めにお申し込みください。
 
尚、申込は先着順となります。
ご希望の日時をご指定の場合はお早めにお申し込みください。
 
どうぞ宜しくお願い致します。
 
 
※同業者の方のご参加は固くお断りしておりますのでご遠慮ください
 
 
☆勉強会スケジュール
 
(大阪開催)※満員御礼
4月14日(日)13時~16時
【第52回 初心者向け資産運用と海外投資を正しく理解する為の勉強会~メリット・デメリットと活用方法をズバリ解説~】
 
(東京開催)
4月20日(土)10時30分~13時30分
【第53回 初心者向け資産運用と海外投資を正しく理解する為の勉強会~メリット・デメリットと活用方法をズバリ解説~】
 
※詳細は各イベントページよりご確認ください。
 
 
 
☆個別相談会(大阪)
 
<4月13日(土)>
①10:00~11:30 ※予約済
②12:00~13:30
③14:00~15:30
④16:00~17:30
⑤18:00~19:30
 
場所:大阪駅近辺
料金:一般/約90分3,000円、会員/無料
※別途ご自身のご飲食代はご負担ください
 
<4月14日(日)>
①9:00~10:30
②11:00~12:30 ※予約済
③13:00~16:00 ※海外投資セミナー
④17:00~18:30 ※予約済
⑤18:30~20:00 ※予約済
 
場所:大阪駅近辺
料金:一般/約90分3,000円、会員/無料
※別途ご自身のご飲食代はご負担ください
 
予約は先着順となります。
埋まり次第締め切りとなりますのでお早めにお申し込みください。
 
会員の方は優先して事前受付を行っておりますので
ご希望の方はお早めにご検討ください。
 
 
引き続きどうぞ宜しくお願いいたします。


荒木


テーマ:
会員レポートにて新たにスタートしています
 
投資初心者向けの「投資の一歩」wpお
 
こちらでもご紹介していきます。
 
 
皆さま方におかれましては既に何かしらの資産運用を行っている方がほとんどかと思いますが、ここでは基本的な資産運用、投資に関して、毎回分かりやすくお話できればと思っております。
 
 
先ず「投資とは何か?」
 
についてお話する必要があります。
投資とは、何かしらの利益を目的として資金を投じることになります。
 
利益とはお金の場合もあれば、自己投資などのお金以外の経験や知識、状況、環境といった場合もありますが、ここではお金にフォーカスしてお話していきます。
 
投資をすることで利益を得るということは、自分が投資した資金が新たなお金を生む必要があります。
 
 
お金が新たなお金を生むとはどういう事でしょうか?
 
例えば、1万円で買ったものを1万1000円で売ることができれば
その1万円は1000円のお金を新たに生んだことになります。
 
投資も同じことです。
 
ある価格で買ったものが将来的にその時より価値が高くなればそれが利益となります。
 
 
ここで大切なことは「その時より高くなること」の要因です。
 
 
モノの価値が変動するということは
 
そこには必ず「需給」が存在します。
 
 
需給とは、需要と供給です。
 
市場では「買いたい」と言う人と「売りたい」という人の存在によって
 
モノは売買されて価値が決まります。
 
 
売りたいという人より、買いたいという人が多ければ、モノが不足して価値が高まります。
 
また逆に、売りたいという人が、買いたいという人を上回れば、モノが余り価値は下がります。
 
株価や為替、金、原油などの価値はこうして日々取引されて決まっているのです。
 
 
さてここからが本番です。
 
 
では
 
「なぜ買いたいという人がいるのか?」
「なぜ売りたいという人がいるのか?」
 
ここに将来的な価値の変動を読み解くヒントが隠されています。
 
 
これを「相場観」と言います。
 
 
例えば、今回の米朝首脳会談の実現によって
Aさんは、世界経済のリスクが下がり(リスクオフ)今後株価が回復するだろうと推測するとします。
 
そうすると価値が下がっている今のうちに安く買いたいと行動を起こし需要が生まれます。
 
また逆にBさんは、具体的な非核化の合意には至らず一時的なものと推測したとします。
 
今後、さらに価値が下がる可能性が高いので今のうちに売りたいという供給が生まれるわけです。
 
こうした投資家やファンドマネージャーのそれぞれの相場観(思惑)が市場を形成するのです。
 
 
皆さんが自分で投資をしようと思うのであれば
 
こうした自分なりの相場観を養うことが必要となります。
 
 
これは一夜で身につくというものではありませんが、自分なりの理論や根拠に基づいた投資判断を繰り返し、分析、検証することで経験値が蓄積されより未来を描きやすくなってくるのです。
 
また相場観を養う方法は、情報収集の習慣化が第一です。
 
経済新聞を読んだり、毎日ネットニュースを観るなど世界経済の動きを把握すること。
そして、それを仕組み化する(習慣化)ことが長続きの秘訣です。
 
 
これが面倒という方は、自分で投資をするということを一度考え直したほうが賢明です。笑
 
 
 
第一回目の今回は「投資には相場観を養うことが大切」というお話でした。
 
また次回もお楽しみに。
 
 
 

Ameba人気のブログ