子どもの記録まとめてみませんか 【写真整理・記録整理のススメ】

子どもの記録まとめてみませんか 【写真整理・記録整理のススメ】

ママのための子どもの写真整理講座の開催、マンツーマンでの実践をサポートしています。
東京の写真整理アドバイザー上級のきりゅうあやこです。

「記録の残し方」のサポートをしています。

こんにちは。

写真整理アドバイザーきりゅうあやこです。

 

 

パソコンがようやく復旧しました。

装備品をかえたので一応復旧。

でも、明らかな原因がわかったわけではなく

再度同じ現象が起きるかもしれないとのこと。

 

 

メーカーへの直接修理ではないので

仕方ないのですが

とりあえず使えるようになったため

ブログ再始動します。

 

 

 

今回、パソコン修理店に行って

気づいたことがあります。



パソコンを診断してもらうまえに

まずは問診票を書きます。

どんな状態なのか問題点を把握してから

対処してくれるようです。

 

 

その問診票に

こんな文言がありました。

 

 

「消えては困る大切なデータ」

 

やはりパソコンには大事な写真データを

入れている人が多いから

こういった問診票になるのでしょう。

 

 

私は、チェックはしませんでしたが

対応していただいた店員さんは

「写真とかなくなると困りますよねー」と。

は、はい・・・(笑)

 

 

隣りにいたご年配のおばさまが

私と同じようにパソコンを持ってきていて

「それがよくわからないのよー」とか

「住所や昔の写真が入っているから、どうしても直したいのよ」

といっているのも聞こえました。

 

 

私も困ったひとの1人ではあるものの

なんだか冷静になっていました。

 

 

そして、TVでみた映像ですが

台風19号の浸水被害で

いろんな家財が水に浸かってしまっていた方が

少し濡れてしまっていたアルバムを持ち

「これだけはもっていくわ」

と、お話しされていました。

 

 

 

私の父親も昔のアルバムを

いつもおいてある1階から

2階に避難させていました。

 

 

 

やっぱり写真って大事だなと

改めて思った時間でした。

 

 

 

写真を見返すと

過去の自分や周りの人に

勇気づけられるんですよね。

 

「いつも愛されていたんだな」とか

「いつも笑っていたな」とか。

 

そのときの幸せな感情を

形に残しておくことが

未来の自分にプラスになることも

あります。

 

 

「写真を大切な形で残して見返す」

 

 

この大事さを

これからも私なりの方法で

お伝えしていこうと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは。

写真整理アドバイザーのきりゅうあやこです。
 
 

運動会で撮った写真を
整理していたとき
突然、パソコンの電源が落ちました。
それはもうびっくりしました。
 
 
私の使うノートパソコンは
一般的な寿命は3年〜5年。
まだ2年しか経っていないのに…
 
 

いろいろな原因を探ってみましたが
回復せずに
電源はつかないまま。
 
 
 
 
やむを得ず
修理に持ち込んでみました。
 
 
すると、あらら
店員さんの手にかかれば
すぐに電源が入りました!
 
 
さすが、プロ!
ありがとうございました。
中身は異常もないと診断され
バッチリ動きました!
 
 
 
 
 
 
 
で、終わりたかったのに
家にもどったらまた同じ症状…
なぜだかわからない。
 
 
がっかりした状態で
店員さんに連絡したら
電源ケーブルが問題かも?
ということで
手配してもらい再来店予約に。
 
 
 
一瞬、買い替えしなくては
ダメかなと不安もよぎりましたが
そこまでではなさそうで安心。
 
 
 
ただ、パソコンが使えないのは
かなり不便で
キーボードうちできないと
文章をうつのが大変(笑)
ブログは修理が終わるまで
ちょっとの間お休みします・・・
 
 
 
でも!!
「データがなくなっちゃうかも」
という気持ちはよぎることは
ありませんでした。
 
 
 
それはなぜか。
 
 
パソコン本体にあるデータは
すべてバックアップを
とりながら操作しているから。
 
 
 
こまめにバックアップを
とりながら操作しています。
 
 
 
大事な書類や音楽は
外付けハードディスクに
コピーするのを習慣化しています。
 
 
 
もちろん写真や子どもの記録も
一箇所にまとめています。
 
 
 
パソコンは機械です。
絶対大丈夫!はありません。
データは2箇所以上にバックアップして
おきたいものです。
 
 
そして
こまめなバックアップをすることが
習慣化できるような
環境を作ることが大切です。
 
 
「歯磨きするときには、歯磨き粉をつける」
「大事な印鑑は必ずここにしまう」
などという
あたりまえの習慣になれたらベストです☆
 
 
 
 
 
 
 

こんにちは。

写真整理アドバイザーのきりゅうあやこです。

 

 

記録的な大型台風がきて

ここに何かを書くのがつらいという

数日間でした・・・。

ニュースでみる爪痕が

あまりにもひどすぎて心が痛みます。

 

 

 

※更新をしなかった間でも

ここをのぞきにきてくださったかた

ありがとうございました。

 

 

 

私の住む地域では

大きな被害が出なかったため

延期になっていた

娘の幼稚園運動会が行われました。

 

 

例年に比べて時間が短縮されたり

途中で雨にふられたりもしましたが

無事に終わることができました。

 

 

幼稚園最後の年長さん。

娘のがんばりをたくさん見てきました。

 

 

 

こういった園での行事

「運動会」や「お遊戯会」でもらう

『プログラム資料』

どうしていますか?

 

 

「当日に見たあとは役目が終了」

ということで、

すぐ捨てている方もいるでしょうし

 

「がんばった記録」として残している方も

いらっしゃるかと思います。

 

 

保管しておくならば

「1つの場所」

保存しておきましょう。

整理するときの大事なポイントです。

 

 

どこかの書類にまざることなく

まとめておくことをオススメします。

 

 

 

 

 

 

 

 

私はこのようにボックスに

保管しています。

 

◆プログラム

◆健康記録の書いてある紙類

◆先生からの年賀状・お手紙

◆園で使った名札

◆子どもが出席シールをはる連絡帳

◆お誕生日記念のお手紙

などが入っています。

 

 

ここにさえいれておけば

探す時間はかかりません。

 

 

子どもに見せたくなった、とか

去年の資料持ってる?などと

突然ママ友に言われたとしても

「すぐに取り出せる」環境を作っています。

 

 

ただし、

すべてを紙でとっておくと

場所の問題がでてきます。

 

 

期日を決めて

データ化するのがオススメです。

 

 

特に、プログラム資料や記録系のものは

お誕生日のお手紙などと違って

写真が入っていないことも多いです。

 

「字」で記録されているので

思い入れも強くないとは思うので

さっとデータにしておければ

捨てる決断は早くできると思います。

 

 

私は、娘が幼稚園を卒業したら

すべてをデータ化します!
(絶対宣言)

 

 

 

「データ化?」

なんか面倒なんじゃないのー??

と声が聞こえてきそうですが…

 

 

私も昔は面倒に感じていました。

このまま紙でとっておけばいいと

思っていました。

 

 

しかし、お兄ちゃんの幼稚園卒業後に

幼稚園資料をデータ化したあとの

あのすっきり感 を味わってからは

「データ化、気持ちいいーー」

と感じるようになり

面倒ではなくなりました。

 

 

あれもこれもとっておきたい気持ちを

さらっとラクにさせてもらえた感覚です。

 

 

 

データ化の具体的内容については

実際の講座でも教室でも

個々のお悩みの内容によって

オススメをお伝えしたり

サポートして一緒にデータ化しています。

 

また改めて記事にしたいと思います。

 

 

私と同じように

「最終的にはデータ化したい」

と、そう思っているかた。

 

 

まず、できることから。

 

データ化するときに

あっちにもあった、こっちにも…などと

探し集めなくてもいいように

1箇所にまとめて保管することです。

 

 


 

 

 

 

 

 

こんにちは。

写真整理アドバイザーのきりゅうあやこです。

 

 

関東に大型台風が近づいています。

停電になったとき・浸水になったときのことを

考えることすら怖いですよね。

大きな災害につながらないことだけ願っています。

 

 

今日は、私の所属している新小岩ママサークル

「からふる☆かつしか」のイベントについてです。

 

 

来月10日(日)に「からふる☆フェスタ」を開催します。

9人の講師が一同に集まります。

 

 

私は2階で写真整理ブースを担当します。

 

 

ご興味のある方、お時間都合のつく方

サークル会員でなくとも

どなたでもご参加いただけます。


 

 

1ヶ月後ですので

スケジュールに書きいれておいて

いただけたら嬉しいです。

 


こんにちは。

写真整理アドバイザーのきりゅうあやこです。

 

 

 

今日は、整理関連の話ではなく

両親とスマホのお話し。

 

 

スマホが使えるようになって

世の中いろいろ便利になりました。

 

 

両親も高齢とはいえ

ガラケーではなく、スマホにしています。

 

 

もう、かれこれ何年もたっているけど

わからないことばかりの様子。

 

 

「この画面しかでてこない」

「アカウントってどういうこと?」

「パスワード入力してもだめなんだけど」

 


・クラウド

・フォーマット

・スクリーンショット

・サムネイル

・キャッシュ

・ワイファイ

・ブルートゥース

・ストレージ

 

 

 

 

きっとすべてが

なに?

って感じです(笑)

 

 

 

 

ママたちの中でも

デジタル系が苦手な方多いと思います。

 

 

私はありがたいことに?

両親を含む周囲のママたちには

「デジタル系強いよねー」なんて

言ってもらえたりします。

 

でも正直なところ

私だって全然ーーーわかりません(笑)

 

 

ただただ、すぐに調べるクセがあるだけ。

ネット検索すれば出てきてくれますし。

すばらしい方々がネットで教えてくれます。

だから強いように思ってもらえちゃう(笑)

 

 

両親に関していえば

私が携帯ショップの店員さん。

わからないことがあれば

「聞いて・やってもらって」

解決したい。

 

 

自分で調べるとか操作するのって

面倒ですよね。

私は調べるのが好きだから

苦にならないんだと思います。

 

 

私に聞いてくれたの??

それなら、全力で解決したい!!

と、思っちゃうタイプなんだと思います。

いわゆるお節介です(笑)




 

 

だから

父親は「へんな画面出てきた。直して」

と言って、すぐに持ってきます。

 

母親は、つい最近のこと。

スマホと一通の紙を持ってきて

「会社からこのアプリを登録してと言われた。よくわからない」と。

 

 

では、この紙に書いてある

アプリをいれてインストールしよう!

 

 

 

母親のAndroidなら「Google play store」で

(iPhoneなら「Apple store」で)

アプリをインストールできるから

それを見つけようと探したのに・・・

 

 

ない。

どこにもない。

さくっと調べてみたところ

 

 

なんと!!

ドコモの「らくらくスマホ」は

Googleアカウントが作れないことが発覚!!

 

 

それは知らなかったー。

高齢者が使うスマホということで

余計なアカウントを増やさないことなどが

理由のようでした。

(※現在購入できるタイプはGoogleに対応しているとのこと)

ふむふむ。




結局、会社にはその旨を伝えて

ガラケーをもっている方と同じ扱いで

メールでの個別対応になったそうです。

 

 

 

一連の操作が終わったあと、母親の言葉。

「こんなの私が最初からやっていたら

ずっとたどり着かなかった」

 

 

 

確かに(笑)

私でも、とまどいました。


 

 


ちょっと聞いたらわかるかも?

教えてくれるかも?

代わりにやってくれるかも?

ささいなことでも大丈夫です。

 


写真整理やスマホのことで困ったら

お答えします☆

一緒に答えを見つけましょう。

そんなときのための私です。