NASCARドライバー尾形明紀
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

3勝目

4月30日のヒッコリースピードウェイのレースで2勝目を挙げて、
先週末 5月7日 に 再び優勝 2022年シーズン 3勝しました。

5月6日にNASCAR Camping World Truck Seriesのダーリントンレースに参戦してきましたが、たった8周でクラッシュに巻き込まれて ダメージは大きくなく走れたものの、 エンジンが調子悪くなり 70周はしましたが エンジンが完全に壊れてしまう前に リタイアしました。

その鬱憤を晴らす為ではないけれど 翌日のヒッコリースピードウェイでのレースは絶対に優勝したかったので、
それを果たせて 少し気持ちが楽になりました。
チームの皆も 3勝目を挙げて とても良い雰囲気です。

2003年から参戦してきて ようやくこのレベルに追いついたので 引き続き 優勝を重ねていきたいと思います。
 

 
 
 
 

4月9日 初優勝 NASCAR


4月9日  私にとっての今シーズン第2戦目で 念願の優勝を果たしました。

この数か月間 とても落ちつかない日々を過ごしてきましたが、9日の優勝で ようやく気持ちが落ち着きました。それは 新車を投入して 優勝をするしかないという状況があったからです。優勝できないのでは?という不安でなくて、その日を待ち望んでいたからです。

3月5日の開幕戦は コロナ化の運送不足でパーツが全く手に入らず、車の完成が間に合わず 見逃し、翌週のレースに向けて調整していました。
新車は何とか間に合い 前日にシェイクダウン(慣らし走行)、翌日レースの予定でした。

前日の慣らし走行ではとても調子もタイムも良く 不安ない状況でしたが 翌日の土曜日は悪天候の為にレースは延期、レースは3週間後となりました。

この時点でもレースが3週間も先という事に耐えられないほどの 走って優勝しなくてはという思いが 自分をいてもたってもいられない状況でした。

待ちにまった4月2日 私にとって2022年初戦。
車も良いし 自分も問題なくレースに挑んだら 結果2位でした。1位を走行する後ろをずっと走ってましたが その差を追い詰めれず 2位。

悔しいという気持ちではなく、もうすぐに次のレースを走りたい思いで、翌週のレースまでの1週間が 長くて仕方ありませんでした。

4月9日に向けて 更に車を改良したものの、悪くはないけど 凄い良くはなっていないので、この日は逆に不安がよぎる1日でした。
予選も2位で不安が残り、クルーと本当に沢山 話をして レースに向けたシチュエーションを考え、最終的に出した結果でレースに挑みました。

その時こそ 緊張が大きかった事はなかったです。
優勝は絶対できる自身があるから、最後のセッティングがダメで レースで勝てなかったらどうしようという緊張でした。
様子から クルーも緊張していたのがわかりました。
それは皆が、我々が優勝を目前にしている状況で、それが今日だからという事を思っていたからでしょう。


レースは2番手で アウトサイドポールからスタート。

車はばっちり当たって決まっていました。
1周目のスタートラインでは1番手に上がり レース全てのラップを1位で走り切り優勝でした。

 

観客的にはバトルを見たいと思うし、自分もバトルをするのがレースだと思っているし、昨年はそうやって戦ってきましたが、新しい車にして それだけ差を付けれる車とドライバーである事を見せる事ができて この日のレースは満足でした。

3年間一緒に戦ってきたクルーと この優勝を果たせて本当に良かったと思っています。

応援してくれているスポンサーさん、や ソーシャルメディアで応援してくれているみなさん ありがとうございます。

引き続き 優勝を重ねられるように頑張ります。

この優勝は 本当に意味のあるものでした。
日本人ドライバーが初めて アメリカのストックカーレーシングで優勝を果たしたという事です。
細かい事をいえばキリがないくらいの ここでのストーリーはありますが、この優勝を NASCARが公式にニュースにしてくれた事が 私にとって とても大きな事でした。

何があっても挑戦し続けてきた価値を 今 大きく感じています。


 

NASCAR.COM で取り上げられたニュース は英語なので 翻訳機能でどうぞ
 

 
 
 

新車 走行開始

3月12日の私の2022年シーズン初レース参戦に向けて、今年 投入した新型マシンを組み上げていました。

今はコロナの後影響で労働者不足、運送事情の問題でレースカーのパーツが不足。
私のレースカーのパーツも最後の最後まで その問題があり、走る為にすべてのパーツがそろったので走行前日。
主要なパーツが揃いだしたのも 最後の1週間だったこともあり、レース出走予定だった前1週間は毎晩 夜中まで作業してこの車を仕上げていました。
ちなみにパーツは 新車を投入する事を決めた 昨年の12月から注文をしていましたが、この結果です。

 

 
結局 3月12日のレースは 天気が悪く 前日に延期が決断されたのですが、私達は その前にレース場に行き
新車のシェイクダウンそしてテストをしました。

正直 レースカーの新車は初めて。
自分で組み上げたレースカー、はじめはやや不安もあるので 50% 70%という感じで走行
この時点でも 車のフィーリングが以前まで乗っていたものと全く違う事を感じていましたが、前回の走行を開始すると、その違いがあからさまでした。
 
特に昨年まで2年間 乗ってたいた中古マシーンは、かなり色々な個所をアップグレードして限りなく 現代の車に近づけていましたし、エンジンも ベストのものを選び新型エンジンを投入してレースに挑んでいましたので、昨年の良い結果を出す事ができていました。
 
 
しかし新型シャーシに、ベストパーツを組み合わせた車がこれほどのものというのは想像もつかず
今はただ 4月2日のレースを楽しみにしています。
レース前に いくつか試してレースに挑みます。
 
 
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>