希少ガン 30代超ポジティブ旦那vs.嗅神経芽細胞腫T4再発

希少ガン 30代超ポジティブ旦那vs.嗅神経芽細胞腫T4再発

同病者様やそのご家族様どうぞよろしくお願いします。



当時、34歳から綴ってきたブログだったけど、色々事情があり過去記事を一度下書きに移動してます。今に始まったことではないけど、なんのこっちゃ⁈なブログになってます。




現在は日記として、ストレス発散のひとり言としてこちらを使わせてもらってます、申し訳ありませんあせる


ここしか言える場所がないのと、とても少ないですが同病者さんやそのご家族、その他にも大変なご病気と闘ってる方とのつながりは私にとってとても大切なのですえーんお許しください。






ちなみに旦那10月10日 38歳になりましたー音譜





私たち夫婦のコトはそっとしとこう真顔ね、、?






発覚時7センチ〜9センチとも言われた腫瘍、頭蓋底を突破し脳にめり込んでたでっかい爆弾がん爆弾

嗅神経芽細胞腫  T4と言われる段階。


何はともあれ元気に38歳を迎えられたことは
同病者様で早期発見出来なかった方への希望になれば良いなと思ってますニコニコ音譜


希望とまでいうとおこがましいかキョロキョロ

医学の進歩や素晴らしい先生方との出会いに感謝です。


重粒子の効果は旦那には少し足りなかったかもしれない。でも今でも気にかけてくれる先生のことは大好きです。



重粒子後の開頭手術ができる病院は私たちの住む九州にはありませんでした。



当時お世話になってた病院の先生がパソコンで検索、受け入れ可能っぽい病院に電話してくれていましたが私は正直不安でした。


重粒子後の開頭手術には優れた耳鼻科医、脳外科医、形成外科医が必ずそろっていなければいけないし、症例数なんかもわからないまま、言われるがままに紹介される病院に家族の命を託すのはどうなのかと、、、



でもはやく手術をしなければ!!!

診療情報も持参しなきゃ、ぁぁぁぁどうしようーーーー!っと夜な夜なネットで病院リサーチしている中 
同病者様のご家族から有難いメッセージをいただきました。

そちらの病院の先生へ即データを送り、←真夜中、、、真顔 奇跡的にすぐに返信が。



注   
この時はいっぱいいっぱいで  真夜中に勝手にデータを送りつけるとか  ほんとありえない行動をしてしまいました。
がんの進行が今日明日どうこうなるものではないと今なら思うのですが、この時はまるで1分1秒を争う事態かのような感覚、壊れた精神状態になってしまっていた私でした。


そこで出会ったのが神戸の主治医ですニコニコ




前置きがながーーーーーーくなりましたが、




今回も九州医療センターで撮影した画像を持参しての受診です。




続きはまた書きます。10秒で寝れるzzzzzzzzz

ってか前置きしか書けてない。。。