こんばんは流れ星




昨日と今日はゆとの住む地域、
晴れ間が見えました〜晴れ
窓から陽が差し込むだけで幸せ気分!
やっぱり晴れがいいですねピンクハート





夕方、お庭で遊ぶことに!


お外は気持ちいいよね〜ニコニコ
追いかけっこ遊びをすると、
キャッキャと叫びながら喜んでくれました♡




ばぁば農園にもおじゃまして。
(※大げさに言いました。笑
    庭の隅で家庭菜園をちょこっとしてるだけです。笑)




この日はミニトマトが成っていたので収穫!


「ゆとくん、とってごらん。」
とばぁばが言ってくれ、
多少の興味は示したものの…




逃走。笑




「〇〇狩り」とか行ってみたいけれど、
収穫の楽しさを知るのはこれからかなほっこり
ミニトマトは晩ごはんに美味しく食べました♡






        猫しっぽ猫からだ猫からだ猫からだ猫からだ猫からだ猫あたま





妹とお家で過ごすようになってから
明日で1週間!
ゆと、相変わらず妹が気になって気になって
仕方がないようです。




保育園に行く前には、
せっせせっせと足繁く妹の元へ。


行ってきますの挨拶してるのかな?





保育園から帰宅しても、真っ先に妹の元へ!
※手は洗っています^^

そして頭を撫でたり、トントンしたり。



妹が寝ているときには
隣で寝転がって笑っていたこともありました。

遠近と体勢のせいで妹がでっかく見えますね。笑




「妹」という認識は勿論なさそうですが、
とにかく側にいたいようで微笑ましいです。




昨日は、
はじめての抱っこお願いキラキラキラキラ
をしました。



寝ている妹の両脇を抱えて
抱きかかえようとしたんです。
さすがに危ないので焦ったのですが滝汗アセアセ
ゆとから抱っこしようとするなんて驚き!


支えて、抱っこさせてあげると
頭を撫でたり、
背中に手を回してトントンしたり…
ちゃんとあやしてるポーン!!

私やばぁばがしていることを見ていたのだと
これまた驚きました。




ただ、ゆとの心知らずして妹…


顔面パンチしていましたが。笑



その後も何度も
抱っこをしようとしていました。
(必ず側についているので安心してください^^
 普段ゆと妹は別室のベッドにいます。)




今日も帰宅すると早速妹の抱っこを要求。



スタンプしちゃいましたが
しっかり見つめあってたりして!笑
しかも、ゆと妹、泣いていても
ゆとに抱っこされると泣き止みますびっくり
通じ合う何かがあるのかな?



驚いたことに、今日は
ゆと自身の膝に授乳クッションを置いてから
妹抱っこを要求してきて!
これまた私の授乳姿をよく見てるのねポーン


でもね、ゆと…



あなたおっぱい出ないのよ!笑



もはや兄を通り越して、
母になろうとしている姿に
感動しつつも笑ってしまいました笑い泣き
母性開花?笑






と、妹愛が育っていそうなゆとですが、
いろいろ思うところもあるようですキョロキョロ

今までは「まんまだよ〜」と言うと
自分でご飯用の椅子まで歩いていたのですが
ここ数日、わざと寝転がって甘えてみたり。
(私が妹を抱っこで移動させているのをじーっと見て、
 自分もやってほしいと寝たまま手を伸ばしてきます。笑)


私が妹の方にばかり集中していると、
大きな声で怒ってきたり。


妹を抱っこして座っていると、
ゆとも膝の上に乗ってきたり。


↑分かりにくいのですが、
妹を抱っこしている私の足にゆとが腰かけて読み聞かせ。
みんなすごい窮屈です。笑




ちょっとだけ赤ちゃん返りしてみたり、
自分の存在をアピールしてみたり…
ゆとなりに大きく変わった環境を
受け入れようと頑張っているのだと
ひしひしと感じています。


ばぁばから
「妹ちゃんはまだ何も分からないけど、
ゆとくんは分かってるから。
ゆとくんを優先してあげなきゃダメよ。」
と言われ、納得。
なるべくゆとを最優先にしています。


私自身も妹が1人いる、「姉」でして。
妹が生まれたとき、母に見つからないよう
ねんねの妹を叩いていたそうです。
嫉妬してたんでしょうね。
(私の祖母が現場を目撃して発覚したそう。)
覚えていませんが、それはいかん滝汗




難しいことですが、
ゆとにさみしい思いをさせないよう
気をつけてあげなければと思う
今日この頃ですキョロキョロ







       犬しっぽ犬からだ犬からだ犬からだ犬からだ犬からだ犬からだ犬あたま


流れ星おまけ


ゆとではなく妹ですが…





支えがなくても哺乳瓶吸ってました笑い泣き
なかなかの吸引力。笑