世界経済の中心がアジアに注目に伴い、東南アジアの地位はますます重要になり、中国南海というゴールド水域に進出する戦略といえる現在、欧米などの先進国は少子高齢化などの問題に支配され、経済成長はますます力不足になっているが、世界経済が最も活発な地域は中国をリードするアジア地域は逆に優位を備えている中国の南を占める東南アジア地域は、人口規模、開発規模安い人件費および経済発展の将来性などのメリットで、自然に不動産投資の価値を備えている,東南アジア諸国の利点や将来性に基づいて、CRET[未来の都市]は東南アジアへの旅を始めた、タイバンコクミャンマーヤンゴンベトナムハノイホーチミンカンボジアプノンペンフィリピンマニラマレーシアクアラルンプールペナンインドネシアジャカルタ、バンドンなどの有名な観光都市には、CRETが配置され始めている姿があります。この世界にはCRETが必要であり、国際トップレベルに立ち、ブロックチェーンの東風を借りて、東南アジアの不動産に投資する旅に出て、成功をより簡単にします