スピママあいです。
週末は対話講座に参加するため、
息子と2人で都内に一泊してました。
 
 
大雨の中皇居を訪れ、
私は場との対話、息子は水たまりダイブを、
それぞれ楽しんできましたルンルン
 
 
そしてイライラもしました 笑
でも、イライラしても全然大丈夫!
というのが今日のテーマです。
 
 
最近、綜海さんのような影響力ある方も、
子育てに対する優しい発信をされています。
とても嬉しく感じますねウインク
 
 
 
 
どんなママでも初めての子育てって、
どこか完璧主義になったりしますよね。
 
 
良いママでありたい、って思うのは
当たり前の事。
 
 
でも現実は甘くない 笑
ずっと菩薩のように微笑んで…とか
 
 
無理
 
 
完璧な人間なんていません。
だから完璧な子育てなんて出来ない。
 
 
親は子供に
育ててもらってるんだもん。 
 
 
何度も何度も自分の未熟さに直面し、
絶望したり許したりしながら
 
 
少しずつ親になれば良いのだと思います。
 
 
それでも子供は無条件に愛をくれる。
何度でもやり直させてくれるキラキラ
 
 
綜海さんの記事にあるように、
何度でも繋がり直せる。
 
 
私はその事を子育てのどこかの瞬間で悟り、
肩の力が抜けたのを覚えています。
 

ママなし預り保育その①
 
 
子育てにおいて、
「こうあるべき」「ねばならない」
が強いと自分も子供も苦しくなりますチーン
 
 
緩さがあった方が、
ラクに過ごせるようです。
 
 
イライラする時って大抵、
余裕がなかったり疲れてる時ですよね。
 
 
カラダを緩めると、
ココロも緩みます。 
 
 
何とかして寝る時間を作る。
何とかしてカラダをケアする時間を作る。
何とかして一人になれる時間を作る。
 
 
ただでさえ頑張っている子育て中ですが、
どうでもよさそうな努力は捨てて
 
 
なるべく自分を心地良くしておく事。 
もし頑張るならここですパー
 
 
ママが緩んでいたら、
自分もご機嫌、子供もご機嫌な時間が
増える事でしょうピンクハート
 

カラダに意識を向ける事は、
子育ての始まりにはかなり重要になります。
 
 
理由① 
子供の発達はカラダから始まるので、
カラダでのやり取りが命綱だから。
 
 
愛着も授乳や抱っこなど、
カラダの触れ合いで形成されますよね。
 
 
ここで信頼関係が出来ていると、
バトルしてもスキンシップに帰ってこれる。
仲直りがスムーズですウインク 
 
   
理由② 
子供のコミュニケーションは、
カラダで行われるから。
 
 
自分が緩んでいると子供も緩むし、
身体的言語のやり取りもスムーズです。
 
 
身体的言語とは、非言語的である
ノンバーバルコミュニケーション。
 
  
↓こちらネットより引用↓ 
 
コミュニケーションで伝わることを
全部で100%とすると、
 
バーバルの割合は7%、
ノンバーバルは93%といわれています。
 
(話し方-
口調、抑揚、語調の強弱などが38%、
ボディーランゲージ-
表情、身振り手振り、姿勢などが55%)
 
 
ママがカラダに意識を向け
カラダをご機嫌にしておく事は、
 
 
子育てをラクにするために
一番効果的なんじゃないかと思います。
 
 
私は子育て初心者ですが、
ボディワークの経験があった事が
かなり助けになっています。
 

ママなし預り保育②
  
 
しかし、
イライラする時はイライラします 笑
 
 
そんな時はどうする?  
インドのマスターであるOSHOの言葉を
シェアします。
  
 
子供に怒鳴ることは、心配しなくていい…
ぜんぜん心配いらない。それは自然だ。 


ただひとつだけ、
心にとめておかなくては
ならないことがある…
 
 
愛することで、
そのバランスを取ることだ。
  
   
ときには
怒鳴りたくなることもあるだろう。 
 
 
そして子供たちは
理解してくれるものだ。 
 
 
なぜなら、
自分でも怒鳴っているのだから…
それが彼らの言語なのだ。 
 
 
もしあなたが、
内側で煮えくり返っているのに
怒鳴らなかったら、 
 
 
子供は何がどうなっているのか
まったく混乱してしまう。 
 
 
子供の理解を超えているからだ。 
 
 
これはイントロで、まだ続きがあるので
是非全文読んでみて下さいねウインク
 
  
↓こちらから引用させて頂きました↓
 
 
私も、怒鳴ったり手が出る事あります。
この怒りは何なんだろうと思います。
 
 
でも、そんな自分に絶望したとしても
それも受け入れるしかないのですね。
 
 
自分を責めても
何にもなりませんチーン
 
 
そして、あるはずの怒りを抑圧するのは
タチが悪いとOSHOも言っています。
続きに書いてあります
 
 
怒鳴ってしまったり叩いてしまっても、
それが自分の真実なら仕方ないのです。
 
 
じゃあ虐待してもいいのかとか、
そういう極論の話ではなくて
 
 
ありのままの自分を受け入れる事でしか、
物事は変わっていかないから。
 
 
子供は、本当に真実しか見ません。
全て見抜きます。
 
 
だからあなたの真実がそうなら、
イライラしてもいいし、怒ってもいい。
 
 
そしてまた、
仲直りすれば良い。 
 
 
私は大人げないので、
イヤイヤ期の息子との対峙は
ガチンコの喧嘩だと思ってます笑い泣き
 
 
でも本気で喧嘩したら、仲直りも早い。
 
 
また息子がペタペタ寄ってきて、
可愛いからギューっとハグしてラブラブデレデレ
息子はケロッとしてます。
 
 
その繰り返し。
恋人関係もそんなもんですよね 笑 
 

今週末の二人旅 
 
 
自分の関わり方が、
人格形成に影響するんじゃないかとか
トラウマを作ってしまうんじゃないか
 
 
産後の不安定な時期、 
そんな怖れを感じた事もありましたチーン
 
 
でもそうなったらなったで、
それでも大丈夫なんです。 
 
 
どんなに親が気をつけようが、
子供が物事をどう受け取るかなんて
コントロールは出来ません。
 
 
それをコントロールしようとするのは、
とても怖い事です。 
 
 
だから子供との自然な関わりで
子供が何を感じてもいいし、
 
 
もしトラウマが生まれたとしても、
 
 
それを乗り越えるチカラを、
この子は持ってるだろうと信じました真顔
 
 
これは自分が人生に向き合ってきた、
自己信頼があるからだと思います。
 
 
他者への信頼は、
自分への信頼と
完全にイコール。
 
 
信頼を取るか、不安を取るか。
その選択は自分で出来る。
 
 
選びたい方を選べば良いと思いますOK
  
  
子育ては自分育て、と言われるのは、
常に自分の在り方を子供を通して
問われるからなのですね。
 
 
そこがキツい所でもあります笑い泣き
 
 
何が起きても何度でも、
繋がり直せば良い。
 
 
繋がりと信頼に、
いつでも戻ってくれば良いのですピンクハート 
 
 
イライラする自分もまるっと受け入れて、
子育てを楽しめたら良いですね。 

 
カラダから始める、
自己信頼を育て子育てがラクになるレッスン。
 
 
以前やりたいなと感じたこれも、
ぼちぼち形にしていきたいなと思っています。
 
 
読んで頂き、ありがとうございましたウインク
  
  
【お知らせ①】
7月27日(土)イベントでミニセッション
やります。場所は西新宿ローズホテル。
 
  
内容は、和の身体感覚から触れていく
ハンドへのヒーリングマッサージの予定パー
 
 
カラダから緩む感覚、味わいに来て下さい。
  
 
【お知らせ②】
アワ(女性性)のお話会を、
9月8日(日)鎌倉で開催します!
9日(月)はカタカムナ勉強会。
 
 
カタカムナのオーソリティーである
淡路島のあっこさんと共に、
アワのみちを深めていきませんかウインク
  
 
ご夫婦歓迎、子連れでも大丈夫ですルンルン
詳細は決まり次第ブログでお知らせします。
 
  
――――――――――――――――― 

ランキング参加中

応援して頂けると嬉しいです♡

 ↓click↓

  にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
にほんブログ村

―――――――――――――――――