日曜日のラグビー、ラスト10分の戦いから、涙が出てきました。

選手の皆さんの思いは、間違いなく被災地、日本の皆さんに向けたものもありました。

それをとても感じたから、わけもなく涙が出たのだと思います。

感動を有難うございました。

おめでとうございました!!

 

****************************

わたしの尊敬する、「いのちを守る親の会」の理事長、大熊良樹先生のフェイスブックより抜粋

 

 

実は、人工妊娠中絶を世界で初めて合法化したのは、旧ソ連(共産国)です。1920年(大正9年)のことでした。

 

唯物論に冒された、アメリカ占領軍も日本人の国力を削るため、

子を大切にする文化のあった日本に「優生保護法」(子殺し奨励法)を作りました。

今も母体保護法と、名前を変えて残る「中絶奨励法」です。

お金といのちを天秤にかけた「中絶奨励法」は

世界で日本だけです。

日本に蔓延する「病気」(不完全・心の病)ともいえる、

お金至上主義は、ここから生まれているのです。

 

いのちをかけて英霊が、先人が護ったはずの命が、安易に、バラバラに切り刻まれて、

今も年間100万人(公称16万人)が、少子化と言われながらもゴミとして棄てられ、

慰霊さえもされていないことが多いのは、

「唯物論」の流れであるからなのです。

霊的な「いのちの尊厳」、「いのちの尊さ」を私たちは、全霊で伝えていなければなりません。

 

 

***********************************

母から聞いた話ですが、地名は伏せますが、

戦後まもなくの日本、堕胎は当たり前で、日常のように行われていたそうです。

女性たちは午前中に堕胎をし、午後平気な顔で帰ってきた日常風景があったそうです。

今は40代の堕胎も増え、同時に未成年の堕胎も増えています。

もちろん、様々な事情、本当は産みたかったのにという方も多いと思いますが、

そのような方々を遥か超える勢いです。

 

 

因果応報は、人だけではありません。

国民が束になってし続けてきた「国の因果」も、「国の応報」となって刈り取らなければならない。

 

それが、水害です。

 

ハッキリ言いますが、水子の涙は、水害となって現れるとあります。

 

戦後のGHQによる意図的な国民意識の間違った誘導、

それによる国民全体のモラルの低下、いのちを軽く見る風潮が戦後から強まり、

たまりにたまった今、水害が出て来ています。

 

これは理屈ではなく、本当のことだとわたしは感じていて、沢山の意識ある方々も

そのように解釈していることです。

 

わたしは関係ないから・・という質量を

もはや大きく越えてしまった大きな波が、

これからやってくる気がします・・・。

 

 

 

 

そろそろ、このブログの基本に戻りたいと思います。

 

 

不登校10万人。

引きこもり100万人(うち中高年61万人)。

精神障害320万人。

不眠症2400万人。

睡眠薬依存600万人。

大東亜戦争の戦死者数310万人(兵士230万人。民間人80万人。)

戦後の人工妊娠中絶数

1億3千万人。

 

全て深く影響しあっている。

 

        「いのちを守る親の会」理事長  大熊良樹先生のフェイスブックより

 

 

 

 

*******************************************

 

今のままでは昨年産まれた子が80歳になった時には、

日本の人口は6千万人といわれています。

なのに、1日公弥400人、実質2000人の赤ちゃんが中絶されています。

もっともっと素晴らしい「いのち」に感謝し、10月10日とつきとおかを

「いのちに感謝する日」にしようというイベントが、行われます。

 

行ける方はぜひ、足を運んでみてください。

 

こういうイベントに参加することも、魂にとっての向上であり、

徳積みになるとわたしは感じています。

 

 


今まで、10年近くにわたり、鑑定士として沢山の方々と接してきました。このお話は、実際にわたしが、お客様を通して体験し、自ら知った、スピリチュアル業界の怖い側面のお話です。鑑定で、心あるお客様には教えてあげているお話です。非日常的な話が嫌いな方は、ご遠慮ください。スピリチュアルの恐さ、しないほうが良いことを載せました。わたしが体験した実情を知りたいという方だけ、お読み下されば幸いです。また、あくまでわたしの体験であり、このお話が目に見えない世界のすべてでは決してありません。確かな高次の存在に導かれ、お役を持って人を助けている方も沢山いらっしゃることを御承知置きください。ご質問・ご感想もご遠慮しております。宜しくお願いいたします。




アラフォーになってはじめて気が付きました。

 

自分を大切にする方法の一つとして、

「綺麗な色柄のものを着る」ということに気付きました。

 

2900円のワンピースが、HONEYのセールで

980円で売っていたんです。

 

40代でもまだ着られる柄。

そして、50代には着れないかも。。

 

なら、今自分に着せてあげたい。

 

今日もまた同じお店で同じようなワンピースを980円で買いました。

 

早速、明日着ようと思います。

 

綺麗な服、今しか着られない服。

リーズナブルでも、思い切り今の自分に着せてあげたい。

誰に見られなくても、自分に見せてあげたい。

 

そして、堂々と歳をとりたい。

 

そう思っています。

 


 

わたしの心の鍵を持っていたのは

父と母と妹と弟達と・・・

それが今では

隣にいる

あなただけになりました

鍵も ひとつになりました

 

あなたとわたしから産まれる

大切な人と

同じ数の

大切な鍵

 

安心して預けてくれて ありがとう

あなたたちに

生涯をともにする人ができるときまで

大切に 大切に

持っておきますね

 

わたしの鍵は

あなたがしっかり

握っていてね

片時も離さず

わたしが不安に

ならないように・・・

 

                          (平成十九年二月)

 

 

*****************************

 

人それぞれに、自分の心の鍵を預ける人は違うと思いますが、

わたしの場合は、結婚して、安心して預けているのは主人です。

 

結婚するまでは、親に預けていました。

必要な時には、カチャッと開けて、踏み込んできてほしいと、渡した鍵でした。

 

今わたしは、3人の子供たちの心の鍵を預けてもらっています。

悲しい時、苦しい時、そっと開けて、会話をさせてもらっています。

 

やがて彼らに、愛する人が出来たら、その人にゆっくり手渡したいと思っています。

もちろん、スペアキーをくれたら、その時は大切に保管します。

 

主人がいなくなったら、

還ってきた鍵を胸の中にしまい、

生きていくことになるのだと感じます。

 

でも誰よりも・・

自分のことを見つめ、思い、踏み込み、会話するのは自分自身だから。

 

もっと強くなれますようにと

願いを込めて・・・。