9月の連休初日。

秋らしい気候になって、過ごしやすい。

 

お仕事の方は、コミセンと公民館は未だに休館中。

コロナ陽性者が減ってきたけど、熊本市の危険レベルは”4”のまま。

 

一昨日、8月月初からお休みされていた

60歳代後半のパーソナルのクライアントから、

気候も涼しくなりコロナも落ち着いてきたので、再開のご連絡があった。

 

お休み前は週1回のピラティスパーソナルレッスンと

ご自宅のケーブルテレビでの運動を日課にされていたので、

ピラティスを休まれてもテレビを観ての運動があるからと安心していたら、

この夏の暑さで体調が優れず、運動不足で筋力が落ち気味との事。

 

コロナを心配して外出も控えられていたので

猛暑でも影響はあまり無いと思っていたけど、

案外そうでもなかったみたい。

 

休館中のコミセンでやっていたレッスンも、

参加されていたのは70歳前後の方々なので、体力の低下が心配。

IT機器に慣れていない人がほとんどで、オンラインレッスンもできていない。

 

高齢者をコロナから守るというのが施設封鎖の理由だけど、

過度になりすぎると、生きて行くのに必要な体力をも

高齢者から奪いかねない。

 

コミセンの、早い再開も待ちわびている秋の連休。

お盆の連休も終盤になってきた。

今年はコロナ拡大防止の影響で、休みが長い。

 

一旦収まったかに見えた熊本の陽性患者数も7月末頃から増え始め、

ピラティスのレッスンを開催している地域コミュニティセンター(コミセン)は8月6日より当分の間また休館となり、私のお盆休みもこの日から始まった。

ご自宅に伺う出張パーソナルレッスンのクライアントからも1件、当分の間お休みします。とのご連絡があった。

 

前回のコミセンの休館は、3月2日から5月末までの3か月間だった。

今回の熊本県の陽性者数は3月ごろよりかなり多く、8月のお盆に入っても2桁になる日もあり、なかなか落ち着かない様子。

今回はいったいいつまで休館になるのか、少し心配している。

幸いなことに、休館になっているのは高齢者の利用の多い公民館とコミセンが対象で、

熊本市の他の運動施設には今のところ影響が出ていないので、まだ救われている。

 

うちのお盆は毎年7月。お坊様に家でお経をあげていただくのだけど、

毎月14日は父の月命日なので、なんとなく8月のお盆期間中にお墓参りに行ってしまう。

今年も8月14日に、お墓参りに行ってきた。

 

連日の猛暑が続く良く晴れた良き日で、汗だくでお掃除をした。

仏花は母の好きなユリと決めていたのに、いつものスーパーに前日まで沢山あったユリの花は、当日1厘も残っていなかった。

仕方ないと諦めて、今年は菊とカーネーション。

 

お供えは、父の好きだった焼酎のカップと母の好きだったコーヒー、それと葛もち。

すべて蓋をあけて香りを楽しんでもらう。

 

今年も暑い夏です。私が生きていることを 父母に感謝。

 

 


夕方は犬がいなくなってすっかり草ぼうぼうになった、家の裏からの通路の草抜き。

 

 

 

中には2m超えにまでなった雑草もあった。こちらも汗だくになって1時間ほどで終了。

 

この日は昼と夕方で汗をかき過ぎ、水分補給を随分したけど夜はかなりきつかったので早めに就寝。

 

巷のお盆休みはだいたい今日までかな?

月曜日に仕事を入れていない私のお休みは明日まで。

 

今日明日の楽しみ。

~人生100年時代の人生戦略「LIFE SHIFT」~を読むとしますか。

この夏、55歳の誕生日を迎えました。
年齢に影響受けることなく過ごそうと思っているけど、55歳ともなると少し考える。

55歳ってどんな年齢?と考えてふと思い出した「定年」の文字。

確か昔は55歳って、定年退職する歳じゃなかった?

ネットで検索してみると、昭和初期に始まった定年制の定年年齢は55歳だった!


恐ろしや〜。


なんと55歳から60歳に引き下げられたのが1980年代。40年前なら既に私は定年退職してるんだ。

ま、今は自営業なので実際には、定年退職は無いんだけどね。

今の55歳はとっても若い。

「あなたもう、働かなくてイイです。リタイヤしてください。」

なんて言われたら、一気に老け込んじゃうよね。


この時代に生まれて大変な事もあるけどさ、自由に働ける世の中になってホントに良かったよー。