今日の発見

テーマ:

今日は家に帰る途中、地元のドラッグストアに寄りました。


そこで買ったのがこれ。


結構高いんだけど、人気だし、効くって有名なので。

miyukiのブログ



右に写ってるのは、レジでもらったサンプル。



今日一つ目のびっくりはここ。


そう、あたしが買った商品のサンプルなんです。



サンプルって試しに使ってもらって次の購入につなげるためのものでしょ?


だとしたら、もう買った商品のサンプル入れたって意味ないのに。


まぁ、あたしとしては、数回分多く手に入れられて嬉しいんだけど笑




そして、もう一つのびっくりはこれ。


miyukiのブログ

これ、レシートの裏なんです。


大学とかで流行ってるタダコピと同じように、レシートの裏に広告が印刷してあるんです。



ホントいろいろ考えるなーと感心してしまいました笑




一つ気になったと言えば、最近の人はレシートいらないって言う人が結構多いから、


せっかくレシートの裏に印刷してあっても、見れない人が結構いるんじゃないかってこと。


あとは、レシートって普通もらったらすぐ財布の中にしまっちゃうから、


効果としては薄そうな気がしたり。。。



でも、家で家計簿つけてる人は後で財布から出して、机の上とかで


家計簿つけながらじっくり見るのかな??



とにかく、この発想はいろんなところに応用できそう!

本を読む

テーマ:
最近流行っている『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』を読んでみた。

社長も最近読んだらしく、ブログには『いろいろと考えさせられる本』って書いてあった。



そこで感じたこと。

それは、本も読む人によって感じることが違うんだってこと。


あたしはこの本を読んで、

『実際に何かチームのリーダーを任された時とかに、実践しやすいな。

ストーリーがあってどんな手順でマネジメントしていったか覚えやすいから。』

って思った。



本を読んで感じることは、人によっても様々だし、

同じ人でも、読む時の環境とかによっても全然かわってくると思う。



本を読んだら同じ本を読んだ人と感想を共有したり、

なんど読み直したりしたら、一冊の本から今まで以上のことが学べるなぁと

改めて感じた日でした。


ほんの1ヶ月前まで働いていた、バイト先での話。

レジをしていても、ドリンクを作って提供する時も



お客さま一人ひとりに合わせた接客



って基本だと思ってました。

初めてきた(であろう)お客さまには

(たぶんドリンクは、席で待ってるのか、それともどこかでくれるのかわからないだろうから)

ドリンクはここで作って出すから進んで待っててほしいこと、

砂糖•ミルクは自分でとってほしいこと、それらの場所などを教えてあげるのが必要。



初めてかどうかを判断する材料としては、入ってきた時の仕草だったり、

ポイントカードを持ってるか否か、だったり。


ポイントカード持ってても、他の店のポイントカードだったりしたら

うちの店舗にはきたことないんだろうなって判断して教えてあげたり。



逆もしかり。

いつもきてくださる常連さんに、毎回毎回、使いもしないのに砂糖の場所伝えたりしてたら

お客さんにとってはうざく感じるはず。

そゆ時は、必要ないことは省くのも必要な仕事だと思う。



接客がいいことって、直接的に売上につながるわけではない。

でも、顧客を維持し続けるには、必要条件で、

本来なら最低限守られていなければならない仕事なはず。

補足的には、あそこのお店雰囲気いいし、店員さんが気がきくから

あそこいこうかなってなる可能性もあって、直接売上につながることもなくはないはずだし。