憂国の志士のブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:

77%が「韓国を外交、経済活動の相手国として信頼できない」

http://www.sankei.com/politics/news/170130/plt1701300029-n1.html

 

 国内に対韓不信が広がっている。産経新聞社とFNNが28、29両日に実施した合同世論調査では、「韓国を外交や、経済活動の相手国として信頼できない」との回答が77・9%に達した。「信頼できる」は17・0%に留まった。

 

 韓国はパク・クネ大統領が弾劾されて、政治的な空白に陥っている事に加え、釜山の日本総領事館前の慰安婦像設置や、地方自治体首長の竹島(島根県隠岐の島町)上陸などが重なった為と見られる。

 

 慰安婦問題を「最終的かつ不可逆的に解決」とした、一昨年の日韓合意についても、86・4%が「韓国が守らないのではないかと懸念している」と回答。「懸念していない」は9・3%のみだった。

 

 慰安婦像設置をめぐっては、日本政府は対抗措置として長嶺安政駐韓大使らを一時帰国させ、「像撤去」などの韓国政府の動きがなければ帰任させない方針だ。そうした厳しい日本政府の対応にも、国内世論の8割超が理解を示している。

 

 支持政党別にみても、自民党86・8%▽民進党79・0%▽公明党81・0%▽共産党69・8%▽日本維新の会83・3%-と、各党支持層で「政府の対応を支持する」との回答が、圧倒的に多かった。

 

 当然だなwww 今までの「悪行」の、積み重ねの結果だw 前の酋長のミョンバクの竹島上陸と、天皇陛下への侮辱行為が、日本人の怒りに火をつけ燻らせ続けていたのだ。大震災の時の「震災をお祝いします」や、サッカーのチョンのバカ選手の猿真似も効いたなw 日本を散々バカにしておいて、そのしっぺ返しが来ないと考えるなんて、あまりにもバカすぎやしないか?日本は、チョンどもの「母親」じゃないんだぞwww

 

>「韓国を外交や、経済活動の相手国として信頼できない」との回答が77・9%に達した。「信頼できる」は17・0%に留まった。

 

 私の予想以上に、日本人はチョンの事を調べているようだねwww 約束を簡単に反故にするような生き物を、信用できないのは当たり前の事w ましてや、50年前の「条約」も無かった事にするような民族なのだ。さらに、日本企業やアメリカへの裏切り行為を知っていれば、チョンは侮蔑すべき存在と考えて当然w 「寄生虫」と仲良くしたい人間なんて、存在しないんだよwww

 

>「最終的かつ不可逆的に解決」とした、一昨年の日韓合意についても、86・4%が「韓国が守らないのではないかと懸念している」

 

 守るはずが無いだろうwww 「約束」って言葉の意味が、理解できない生き物なんだものw 自分にとって都合が悪くなれば、「そんなこと言ってない二ダ!」と叫びだす生き物なんだものw 「不可逆」って言葉の意味を、理解できないバカと付きあう必要はないし、知っていながら「無かった事にする」というのなら、もっとタチが悪い。「信用を失う」って事が、どれだけの損失になるのか身を以て知るがいいさwww

 

>支持政党別にみても、自民党86・8%▽民進党79・0%▽公明党81・0%▽共産党69・8%▽日本維新の会83・3%-と、各党支持層で「政府の対応を支持する」との回答が、圧倒的に多かった。

 

 シナチョンの手先の「民進党」や「共産党」でさえも、これに「反対意見を唱える事は危険だ」と判断できたようだなwww 反対してるのは、チョンの整形売春婦のハニートラップに引っ掛かった額賀福志郎と、バカ発言した河野洋平だけかw バカな老害が、目先の欲につられて国を売る。「二二六事件」の、軍部の若者の気持ちが良く分かるなw こんなバカ爺ども、許されるなら、この手で射殺しているよwww

 

 日本人の怒りを抑えるための、最低条件は三つ。

1.売春婦像をすべて撤去して、慰安婦は「売春婦」だったと認める事。

2.竹島からの無条件の撤退と、竹島を公式に「日本の領土」と認める事。

3.今まで盗んできた日本の借金や財宝を、全て返還する事。

 

 この三つだけはシッカリやらせないと、また同じ問題を蒸し返されて、無駄な時間と金をドブに捨てることになる。拒否するのなら、国交断絶だ。在日チョンどもも全て、チョン国に返す。それでチョン国との縁は全てキレるからなw チョン国が滅亡してから、竹島を取り戻せばいい。もうウンザリだ!クズチョンは、シナ共産党の豚どもと一緒に滅んでしまえ!!!

 

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。