a1ssportsのブログ

a1ssportsのブログ

ブログの説明を入力します。

2022年も始まり、あっという間に1月が過ぎてしまいました。

 

今年も活動は止まらず、飛躍の年になればと思います。

よろしくお願い申し上げます。

 

先日は、有痛性外脛骨と診断され、普段から痛みに悩まされている小学6年生の娘さんをもつお父さんからお問い合わせをいただきました。

診断を受けた病院で作製した、インソールが大きくて装着できる靴を持ち合わせていなかったとの事でした。

医療機関で作ったインソールに対する不満はたびたに耳にすることです。

 

外脛骨とは、足部の舟状骨という骨の一部が飛び出すような形状で発達したものです。

それ自体が痛みを出すことがなければ問題はありません。

ass-nav-pic-1-clinical-photo

 

 

今回のケースは、関節が柔らかく片足立ちなどで体重がかかると土踏まずが内側に倒れこむ特徴がありました。

これは就学期の女の子に限らず、女性全員に当てはまる特徴です。

もちろん男性にも現れる現象ですが、比較的には女性のほうが多いと言えます。

 

私の有痛性外脛骨に対しての臨床経験は豊富になりました。

対応方法も確立してきており、多くの方に痛みの軽減を提供できています。

 

 

 

 

お気軽にお問い合わせください。

 

 

■□――――――――――――――――――□■
A1’s Sports medicine
.
080-5864-5493
〒538-0053
大阪府大阪市鶴見区鶴見2-4-1
完全予約制 お気軽にお問い合わせください
■□――――――――――――――――――□■



引用元:有痛性外脛骨に悩む 小学6年生女子