ひと粒の珈琲豆は劇薬にも毒にもなる(仮)

ひと粒の珈琲豆は劇薬にも毒にもなる(仮)

アクセスをありがとうございます。
僕のブログは備忘録や文章の練習を兼ねています。

演劇とコーヒーをメインに扱い、
何気ない小さな瞬間などもオマケに添えています。

お付き合いくださる方は、よろしく。

天王洲アイルって格好いい名前。"てんのうず"って英語の複数形みたいな発音を想像すると、途端にダサく聞こえる。

この日は、コント集団ラーメンズの小林賢太郎さんのギャラリー展へ行ってきました。脚本や漫画など、コバケンさんの創作した作品のメイキング資料が明かされています。

ひらがな50音を使ったアナグラムを始め、創作のルールやオチ、オチへ向けた最短ルートの模索、登場人物が生まれる過程などが明かされています。

本に関するメイキング資料以外にも、フィギュアや衣装などが展示されていました。

演劇のヒントになる。

小林賢太郎の「本」展。

~絵本と漫画と短編小説の、原画と原稿とメイキング資料~

〈日時〉2019年10月30日(水)- 11月10日(日)。・11:00 – 18:00( 最終入場17:30)。・料金=1,000円 (当日精算のみ)


〈会場〉T-ART HALL.
(天王洲アイル駅出口Bより徒歩三分)
写真の二枚は入口のエリア。コバケンさんが世に生み出された、ふてぶてしい目をしたキャラクターが集結しています(笑)
森の中のアトリエで創作に耽るらしい。都会暮らしは想像には向いてないのかな。
芸術家は自然を愛し、山や森の中で創作すると聞くけど、作り出すものはその人の手から産まれるもの。軽い矛盾を感じました。

◆おまけ。カフェドゥラプレス
メニュー名を忘れてしまった(苦笑)

アーモンドとかキャラメル系のロールケーキ、
或いはプラリネやマロンクリームだったかも。
美味しかった(*´ч`*)
それは、覚えています(笑)
通い慣れた本郷三丁目
クラシックが流れる音楽喫茶を発見。

灯台もと暗し。というのも、この日はたまたま普段使わない出口を使った。いつもはやらない行動が棚から牡丹餅のように功を奏し、見事、発見に至ったのだろう。

看板の珈琲¥300という文字に惹かれる。
入口だけで古そうな雰囲気を感じましたが、地下への入口を辿っておりると、そこにはクラシックが大音量で流れる昭和の空間が広がっていました。

ご夫婦なのか、老齢なお二人が切り盛りしてました。コーヒーも昭和を感じる昔っぽい味。
ツナサンドを注文したら、お腹がいっぱいになるようなボリュー厶感で登場♪
コーヒーサンドイッチ650円(税込)
安くて美味しくて居心地のよい空間(*´ω`*)
ここは、また来ることでしょう。

[お店の情報]
名曲喫茶・麦

平日=7:00~20:00
土日祝=7:00~19:00

全面喫煙可。

アクセス=大江戸線本郷三丁目駅より徒歩2分。


僕はクラシックは詳しくないから誰が作ったとか誰が演奏しているかとか分からないけれど、読書などにはとてもいい環境でした。


は心の中のお気に入りフォルダーに振り分けておきます(*´`)




◆おまけ。


東大の赤門。
喫茶麦から歩いて数分の距離間。
に行くついでに東大へ行くのもよし、東大に行くついでにへ行くのもよし。

ついでに両方とも行ける。
東大生を気取って散歩してみるのも一興です*
慣れない小田急線に乗って丘の街・新百合ヶ丘に訪れました。映画館に来たのですが上映時間までの空き時間を利用して駅の南口方面を散策。

いつの間にか住宅街に入ってしまい、ぐるぐる路地を歩いていると、住宅街の中にカフェを見つけた。

その名はHYACINTH HOUSE.
ヒヤシンス ハウス)という店名。
軒先のプレートには日月火水定休日と書いてあり、趣味っぽい雰囲気を感じました。

この日は、営業している木曜日だったので民家にしか見えないドアを勇気を出して開きました。

老夫婦?と思われるお二人が切り盛りしている小さな喫茶店の店内には、常連さんとか近所の人っぽい人がいて、家庭的な空気感がありました。

近所の家に遊びに来たような気分♪
優しい空間でした( ゚ー゚)ウ ( 。_。)ン

少し肌寒かったけれど、バルコニー席が空いていたのでそこへ座りました。視界には普通に他人の家のベランダが見える(笑)

紅茶やコーヒー、焼き菓子やケーキなどが書いてあるメニューから、いつものようにコーヒーケーキを注文しました。

コーヒーシティブレンド中深煎り)。
たしかコスタリカ産だったかと。
本日のコーヒーと共に注文したケーキは、
キャラメルりんごケーキ
値段は合わせて900円(税込)
しっとりとしたリンゴが美味しかった♪
秋はリンゴの美味しい季節や(*´ч`*)

日が落ちた頃合でさすがに寒くなり、バルコニー席から室内へ移動させてもらいました。
店内はとても小さく、僕が入店したタイミングではお客さんは4組ほど居て、ほぼ満席でした。

新百合ヶ丘に来ることはあまりないけれど、秘密の喫茶店として覚えておきます。
[店の情報]
ヒヤシンスハウスHYACINTH HOUSE)。
・木金=11:00~18:00(LO17:00)。
・土祝=11:00~18:30(LO18:00)。
・日月火水=休み。
・禁煙席のみ。
・小田急線・新百合ヶ丘駅南口より徒歩10分

近所にあったら通っている、きっと。
本を片手に、静かな環境でのんびりしていたい。

映画の上映時間に合わせてお店を後にしました。


◆おまけ。

新百合ヶ丘のイオンシネマで11/7まで上映している『王様と私』を見ました
英題『The King And I

トニー賞四部門にノミネートされ、日本からは渡辺謙さんと大沢たかおさんが出演・共演したことで密かに話題になったミュージカルの舞台です。

普通の映画の料金と異なり、ライブビューイング扱い。チケット代は3000円でした。

お客さんは、僕以外だと、2、3人のみ。
それでも僕は渡辺謙さんの舞台を観られるのが希少だったから特別な時間を味わえました。

遥々、新百合ヶ丘まで来た甲斐があった♪

上映時間は、CM込みで約3時間の大作。
途中でトイレに行きたくなって我慢しながら見ていたら、途中休憩が15分間入って、助かりました(笑)


[過去の公演概要]
リンカーン・センターシアタープロダクション。
ミュージカル『王様と私』 

■公演日程:2019年7月11日(木)〜8月4日(日)
■会場:東急シアターオーブ(渋谷ヒカリエ11階)
■脚本・作詞:オスカー・ハマースタインⅡ。
■作曲:リチャード・ロジャース。
■演出:バートレット・シャー。
■出演:アンナ…ケリー・オハラ/王様…渡辺 謙。