女性を楽しむ!―仕事も遊びも子育てもー女性の生き方から、明日を変える・株式会社アキ設計のスタッフブログ

女性を楽しむ!―仕事も遊びも子育てもー女性の生き方から、明日を変える・株式会社アキ設計のスタッフブログ

ベテラン主婦・子育てママ・イマドキ女子・・・
株式会社アキ設計は
女性ばかりの一級建築士事務所です

少子高齢化の加速で人口の減少がもたらす
未来の危機が叫ばれている今

働き手として、子どもたちを産み育てる存在として
社会では女性たちの力がますます必要になっています

子どもたちや、その子どもたちが生きる将来が
豊かなものになるように・・・

アキ設計は、住まいづくりを通して
女性の暮らし方から、明日を ― 未来を ― 変えていきます

一級建築士事務所 株式会社アキ設計 


テーマ:

家族が一緒に過ごせる休日。


もうすぐ お盆休みに入りますね。

 

働くママにはとっても貴重な休日

 

みなさんはどのように過ごしますか?

 

最近では、休日は家でくつろぐ、
インドア派が増えているようです。

 

特に共働き夫婦にとっては、
くつろぐ時間は必要ですね。

 

そんなインドア派にとって大事なのは、

 

家が
家族みんなにとって、
「くつろげる」場所であること。

 

「くつろぐ」=「リビングのソファ」

とイメージしがちですが、

 

くつろぎ方は人それぞれ

 

畳でごろんとするのが好きな人もいれば、

 

家族で一緒に料理を手作りするのが好きな人もいたり、

 

お庭やベランダでお花をいじることが楽しい人も。

 

そのためには、
どんな間取りにしたらいいのか、
機器を選んだらいいのか、

 

人によって家づくりも変わってきます。

 

いいソファを置くだけでは、
くつろげる家にはなりません。

 

 

また 楽しいことだけでなく、

 

ストレスが少ない家であることも大事ですね。

 

照明は、
くつろぐための大きな役目を果たします

 

大きな1つのシーリング照明を夕食後には消し、

 

ダウンライトとスタンド照明などの
部分照明に切り替えて

 

落ち着いた雰囲気を出しましょう。

 

気持ちも穏やかに過ごせます。

 

 

せっかくのマイホーム、
休日にはくつろげる家を考えてみましょう。

 

 

なお アキ設計でも、
明日8/10(金)~8/19(日)と
夏期休業をいただきます。

 

皆さんも良い休日をお過ごしください(^^)

 


テーマ:

大人が考えるマイホームの理想は、


「くつろげる場所」


と答える方がほとんどです。

 

でも、子供にとっては、
家が「楽める場所」だと嬉しいですね。

 

家づくりでも工夫できることがあります。

 

例えば、

 

◆回遊できる動線をつくる

 

一方通行ではなく、回遊できる間取りにすれば、
家の中で追いかけっこができ、子供は喜びますね。

 

行き止まりがなく、
どこに行っても「つながっている」安心感は、

子供の精神面にも良いでしょう。

 

家事動線としても、メリットになります。

 

 

◆壁紙で遊び心を持たせる

 

最近の壁紙は、機能的なものも増え、
種類がとても豊富です。

 

黒板のようにお絵かきできる壁紙や、
磁石がくっつく壁紙にして遊んでみたり。

 

カラフルな色の壁紙を選んで、
ウオールステッカーを自由に貼ったり剥がしてみたり。

 

デザインを意識させる遊びにもつながります

 

 

◆隠れ家スペースをつくる

 

子供は隠れ家的な場所が大好き。
ちょっとしたスペースがあると、
そこを秘密基地にしたりして遊びます。

 

ロフトがあると
高い所も大好きな子供には最適ですが、

収納部屋の一部を利用してもいいでしょう。

 

まだ子供が小さく物が少ないうちは、
子供の遊び場としてあげましょう。

 

想像力が豊かに育ちます

 

 

◆ちょっとした外遊び気分を

 

こどもは、赤ちゃんの頃から、
外遊びが大好き。

 

でも、働くママは、
なかなかお外に連れて行く時間を
つくるのは難しいですね。

 

そんな時は、
バルコニーやウッドデッキで、
ちょとした外遊び気分を味わせてあげましょう。

 

バルコニーやウッドデッキが
ママの居場所から見える間取りだと安心です。

 

家に居ながら、少しでも、
自然の光や風を感じてもらいましょう

 

 

子供はどんどん成長していくので、
幼児期だけに焦点を絞って考えてはいけませんが、

子供の目線で家づくりを考えることも大切です。

 

 

アキ設計へのお問い合わせはこちらまで

 


テーマ:

先日からブログでお伝えしている


子育て中の共働き夫婦が家づくりを考えるにあたって
大事な3つのポイント。

 

楽になる家事動線
子育てがしやすい環境づくり
③自分が癒やされるスペースづくり

 

 

今日は、
 

③「自分が癒されるスペースづくり」
 

についてお話していきます。

 

 

働く子育てママの一番の悩みは、

 

時間がないこと。

 

家事や子育てに時間を追われると、
どうしても自分に余裕がなくなり、
ストレスも溜まりがち。

 

家の中に、
ママがほっと一息できる
くつろぎスペースをつくりましょう

最近では家事室をもうける家が増えています。

 

アイロンをかけたり、
ミシンをかけたり、
献立を考える本を並べたり。

 

お客様が入るリビングからは見えない間取りにし、
好きな物を飾ります。
 

家事をしながら、
 

自分だけの空間を楽しみましょう。

広さに余裕があれば個室が理想的ですが、
 

あえて個室でなくてもよいのです。

 

キッチンの横に、
買い置き食材などをストックしておく
パントリーを、広めにつくりましょう。

 

パントリーの一部をカウンターにし、
くつろぎスペースにしてもよいのです。

 

 

個別のスペースをつくることが難しい場合、

 

自分が癒されるものを見つける
のも一つの方法です。

 

 

子どもが寝静まった後、
ゆったりとくつろげる
お気に入りのソファと照明だったり、

 

キッチンまたはダイニングから眺める、
お庭やバルコニーのグリーンや光
だったり。

 

忙しい日々でも、
 

自分だけの時間を持つことが大切です。

 

 

家づくりを考えるにあたって、

 

自分は何をしている時が楽しいのか、
家でどうやってくつろげたら癒されるのか、
考えてみましょう。

 

 

アキ設計へのお問い合わせはこちらまで


テーマ:
今日は、
アキ設計のランチタイムに 

スタッフtakeと私nakaの
誕生日のお祝いを
社内でしてもらいました(*^^*)




仕事の合間なので〜


注いでいるのは
ノンアルコールビールですが!

ご馳走です♪


食事をしながら、
それぞれの良いところを言ってもらう、

という言葉のプレゼント♪


ママになると
子供をほめることはしますが

自分が褒められることは滅多にありません(T-T)

こうして自分が褒められるのは、
いくつになっても嬉しいものですね(*^^*)


ありがとうございました!


人生100年時代、
まだまだこれから。

頑張らなくては…!

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス