この投稿をInstagramで見る

おじいちゃん👴おばあちゃん👵にマスクケースをプレゼント🎁 とても喜んでいただけました✨ おひとりおひとりの雰囲気でペーパーを選びイニシャルを付けました🎶 実は今月からデイサービスの仕事をしています😆✌️ 約18年前に取った介護の資格と今までやってきたクラフトの仕事がいい感じで生かされています✨ ちょっと特殊なデイサービスのところで、私は授業も担当し、介護の世界でも相変わらず『先生』と呼んでいただいております☺️恐縮です💦 お誕生日にお渡しする写真入り色紙や、施設のデコレーションなどなども作ったりして楽しんでいます😁 コロナ禍で自宅レッスンをお休みしている間に色々考えました。 子ども達が大きくなってきて、これからの人生自分は何をしていくべきか。 夫とのんびり休日を過ごすだけではなく、平日スポーツクラブや習い事で時間を使うだけではなく何かできないか?と。 今までは小学生や主婦の方を相手にお仕事をさせていただきましたが、新たな年代や認知症の方も相手に自分をもっと成長させたいと考えました。 手先を動かす事は脳の活性化にもなるので年配の方にもいいのは分かっていました。 でも、実際デイサービスにクラフトを取り入れてみると問題点が見えてきました。 パンチひとつとっても、私や子どもたが難なくできている事でも気付きがありましたし、マスクケースにしても細かい事を言うと私なりに反省点がありました。 お客様の認知度や機能度に合わせてキットを作るのも今までとは違います。 大きなイベントの仕事では、今まではこちらが人数分同じキットを準備して、それを当たり前のようにお作りいただいていました。 それが通用しないんです。 そんなこんなで、今までクラフトをやってきた私のこれからの課題が明確になってきました。 御年配の方と接していると、明日が来るのは当たり前ではないですし、色々と考えさせられる事も多いです。 自分はどんな老後を過ごしたいかリアルに考えたり。 結婚してからいままで外で働いてこなかった私は、正直すぐ辞めちゃうかも😅とか思っていましたが、毎日、何十回も「ありがとう」と言っていただけるこの仕事に誇りを持ってきました😊 御年配の方のお話はとても勉強になりますし、いい仕事してるな✨と日々感じます。 そして、職場の皆様にも恵まれ楽しく介護とクラフトを続けられています😊 そして何より、家族が超〜協力的✨ 夫は毎日朝食を作ってくれますし、なるべく早く帰ってきて晩ご飯を作ってくれる。そして子どもたちも今まで以上にお手伝いしてくれます😁  仕事から帰ってきて晩ご飯が用意されている生活なんて初めてです😆 夫が早く帰って来れない日は子どもたちが作ってくれる時もあります👏 帰ったらまずお風呂に入るのですが、お風呂から出たら夫や子どもたちの手料理がズラーっと並んでいるんです。 そして、金曜日は美味しいワイン🍷も✨ ウチで家族を支えて来た日々もやり甲斐がありましたが、今はこの状況がありがた過ぎて仕事辞めれないです🤣🤣 甘やかせるうちは甘えさせてあげたいと思って子育てしていましたので、遅刻しそうな次女を学校まで送ってあげられなかったり、リモート授業の長女の時間に合わせて昼食を出してあげられなかったり、たまに電車通勤の夫を駅まで送ってあげられなかったりと、最初は申し訳ない気持ちでしたが、そんな事より、私が外で働いて生き生きとしている事が家族にとって嬉しいそうです。 今までも生き生きと生活していたんですが😅 自己満足が大きかったんでしょうか🤣 私の新たなチャレンジを応援してくれる家族に感謝です🙏 介護の世界では未熟ですが、介護界の2025年問題に少しでも貢献できるようにしたいです💪 #デイサービス #介護 #敬老の日 #マスクケース #ペーパークラフト #maskcase #人生一度きり #社長夫人

@ a_craftstudioがシェアした投稿 -