お仕事お疲れ様です。

 

北海道オホーツク地区さとう式リンパケア

インストラクターの山屋です。

 

 

あなたは腹筋を割りたいですか?

 

 

腹筋を割るってことは、

 

お腹のお肉を引き締めて、

 

腹筋の形を浮き上がらせると言うことです。

 

 

よく、テレビのコマーシャルなどで、

 

腹筋を割る運動器具や

 

低周波治療器のお腹版みたいなのが宣伝されていますが、

 

腹筋を割るには運動だけでは割れません!

 

 

基本的に筋肉は、

 

ハードな運動等をしなくても割れているものなので、

 

体脂肪を減らすだけで浮き出てきます。

 

 

ただ、

 

問題は、体脂肪を減らした時に浮き出てくる筋肉の形です。

 

筋トレなどの運動を何もしていない筋肉は、

 

浮き出てきた時に貧弱だったり、

 

理想の形じゃなかったりします。

 

 

そうなると、メリハリの無い、

 

ただの棒のようになってみたり、

 

元々、筋肉が付いていた下半身だけが強調されてみたりと、

 

時間をかけて減量してみたものの、

 

イメージと違う体型になったりもします。

 

 

自分も今年、体脂肪を13%まで落としてみたのですが、

 

浮き出てきた腹筋が、「あれ?なんか小さいかも?」

 

と、腹筋の形が貧弱になってしまったので、

 

もう一度、増量しながら筋肉を付けて、

 

正月明けから、また減量してみようと計画しています。

 

 

ただ、減量する時は

 

食事に気をつけながら、運動も取り入れるのですが、

 

どうしても脂肪だけじゃなく、

 

少なからず筋肉も一緒に落ちてしまいます。

 

それを踏まえたうえで、

 

増量の時に、いかに筋肉を増やすかが、

 

減量した時の体の形に関わってきます。

 

今年は腹筋の筋量が少なくて、

 

減量した時にウエストがくびれ過ぎたので、

 

来年の目標は、

 

腹筋をもう少し付けて、

 

貧弱な肩幅も広くしたいので、

 

今までどおり、お腹周りと肩周辺の運動をメインに取り入れて、

 

トイレマークのような逆三角形を目指してみます。

 

 

と、ブログで宣言しておけば、

 

あとは、やるしかなくなるので、

 

来年も地道に減量してみますので、

 

ちょこちょこ、冷やかしに見てみて下さい。

 

そして、ダイエットやボディメイクの

 

参考にして頂けたら幸いです。

 

 

 

今日も最後までお読み頂き、ありがとうございます。

 

感謝してます。

 

今日も1日お疲れ様でした。