*Nanablog*(∩´ω`∩)

可愛いものが大好物(∩´ω`∩)わーい


テーマ:
は~いキラキラ

タイトルの割りには

どーでも良い内容の日記が
今日も始まりますよ~(*´ω`*)キラキラ





●| ̄|_ぁ




さて、気を取り直してタラー

そもそも…

依然として世間一般にはあまり知られていないであろう「Mtf 」とは何ぞや?っちゅう話!


Wikipediaによると…


「Male to Femaleの略。
身体的には男性であるが性自認が女性。」



うーん………


じゃあさ……

「自認」って何?(*´ω`*;;)


Weblio辞書によると……


「ある状態が事実であると自分自身で確かに認めること」





結局、本人のご意向次第で
「明確には定義できない」訳ね…。


幼少の頃とかから真剣に悩んだ人もいれば
後付けの動機で「性自認は女性~」とか容易く言えそうな人もいる(爆)もんだから
端から見たら曖昧さ極まりないし、世間的にも誤解が生まれて当然かも…タラー

だって、その人の胸のうちなんてその人にしか分からないもんタラー


私、以前(一年以上前?)イベントで
「奈々ちゃんはMtf の気(け)があるのかもね」なんて言われた事がありました。
色々話している間に突如言われた言葉だったんだけど、
あまりそういう事は言われた事がないから良く覚えています(^_^;)



例えば……

私は、

明らかに男性に興味がありません(爆)。

少なくとも、男性と性的に何かしたいとか全く感じないし、むしろしたくない…
って言うか、しない( ;´・ω・`)

女の子は大好きだけど(*´ω`*)←

ただ…、「性対象が女性であること」は
果たしてMtf でない根拠になるだろうか?


だって、性対象が同性(レズやゲイ、もしくはバイ)の人だっているわけで、
その自由度みたいなものを認めた時点で
性対象が女性うんぬんなんて話は全く意味が無くなるよね。


でも………

私は、やっぱり自分はMtf ではないと思うんだよなぁ。



その根拠を

超端的に言うと!



「女の子は大好きだが、
ババアは大嫌いである(爆)。」



……え?( ´;゚;∀;゚;)……




つまり

同じ生き物と思えないくらい
オバサンが嫌いなんです…(´TωT`)ぇ。

別に普段の生活の中で明らかに毛嫌いしてる訳じゃないけど、
少なくとも、美しいオバサンなんて私は見たことがない(爆)。

感覚的には男と同じか
むしろ、それより嫌なくらい(´TωT`)。

仕事上、接客とかもするから
色んなお客さんと関わったりするけど、
オバサンに顔近づけられたり、親しげにボディータッチされるとマジで苦痛で気絶しそうになる(´TωT`)タラー

女性がオジサンにそういう事されたら
多分嫌でしょ?
要するに、それと同じ感覚。


女装するにあたって、
前々から「私の女装には期限(限界)がある」みたいに言っているけど、
それはつまり、「女の子」から明らかに逸脱し始めたら
それはもう私にとって女装する意味が無いからです。

女の子にはめちゃくちゃ憧れるし
本当に羨ましいくらい美しいなぁって感じるけど、
同性であるはずのオバサンには決してなりたくなんかないタラー

何故にわざわざリスクをおかしてオバサンになるのか……
私には正直理解できないんです(´TωT`)アセアセ


別に、そういう女装をされている方々を否定しているのでは無いですよ!タラー
ただ、一つの事実として
「私はオバサンに美を感じない」のであって、少なくとも自分がオバサンになってまで女装する事はちょっと考えられないっていう話(^_^;)アセアセ


結局のところ私は

【「女性」という性別になりたいのではなくて
悪魔で「女の子」になりたいのだろうなタラー






以上が、私がMtf ではないと感じる大きな?理由です(^_^;)。


だってさぁ……

やっぱり女装していようが何してようが
女の子が好きですもん(*´ω`*;;)ラブラブ


そういう所の欲求が満たされていれば
そもそも私が女装する意味も激減させられるんだけど……
まぁ……そっちはあまり期待できないのが現実だからなぁタラー●| ̄|_

奈々さんは
しばらく健在してしまうのかな( ;´・ω・`)タラー


以上!

そろそろ寝ま~す!( -`Д´-;A)キラキラ
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ここ最近、ずーーーっと
女装写真をあげずにきていて、
それでは正直……
私の欲求が全く満たされなくて
なんか…寂しい気持ち?みたいのが拭えません。・(つд`。)・。ぇ


最近は、もう普通のオジサン(超自爆)のつまらないボヤきブログになっちゃってる(´TωT`)

勿論、B面の私も大切で
「つまらない」とは言いつつも
それが私にとってかけがえの無い記憶達であることは
多分読んでくれてる方は分かってるはず(^_^;)

当然、そっちが主導でなくちゃいけないと
A面(女装)のためにB面(男)の生活が脅かされてはいけないって
私自身は思ってはいるんだけど………


しかしココって……
Nanablog
なんですけど…(´TωT`)アセアセアセアセ


女装してる人の中で
こうやってA(女装)とB(男)の日記が混在してるブログって中々無いよね(^_^;)タラー

少なくとも、私はあまり見たこと無いタラー

でも、多分これが私のスタイルで
Aだけで塗り固めるというのは私には心底苦痛なんだと思う(女装頻度が高ければまた話は別かもだけど)。


私的には、
結局AであろうがBであろうが私だから
別にAだけを装うつもりもないし
それだとかえって不自然というか、私がしたい事って要するにこうやって普通に生活しているけれど
女装はただの小さな趣味?で
そっち(A)に引っ張られたりする訳じゃない
わがままかもしれないけれど、
【Bも含めて私(逆に言えば、Aも含めて私)】
なんだと分かって欲しい?からなのかも…。


うーん、意味不明?(^_^;)



ただ……

そもそもいつものイベントにすら3ヶ月連続で行ってなかったり、
女装自体が全然出来ていないから
写真もどうしようも無いんだけど(´TωT`)


とりあえず……

手持ちのものでまだ載せてなかった写真、
少しだけ載せていこうかなって思ってます(^_^;)

かなり薄着の写真なんだけど
その辺はご容赦くださいな~アセアセアセアセ







少しの間このシリーズ続くけど我慢してあげて下さいね(´TωT`)タラー




しかしなぁ………

結局女装しようがしまいが
何も変わらないんだよなぁ…。・(つд`。)・。

以前実験的にやるだけやってみるって書いたけど、
当初から思っていた通り、何も変わらないorz 


女装の有無が結局そこ(セックスレス)に関係ないのなら、
私だって…自分の強い欲求を少なからず解放できる手立てを簡単に失うことは出来ないよ…。

セックスはしないけど女装もダメで
ひたすら何もかも我慢なんて
私は耐えられない(つд⊂)アセアセ
ってか…、そんなの普通に無理だと思う(´TωT`)

今月から、またいつものイベントには顔を出すつもりでいます。
その時Aで行くかBで行くかはちょっとまだ分からないけど、
自分を支える拠り所くらい
私はあったって良いと思うんだけどな 。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
前の日記「長崎旅行その3」の続きですルンルン






カラフルな傘のエリアで
しばし休憩した3人は
すぐ隣に在るチョコレートだらけ?の建物に入ることにしましたキラキラ


入り口付近に止まってる車からして
甘くて美味しそうラブラブ(笑)👇



建物の中に入ると
メイドさんがどうぞと案内してくれて色々展示品を見たんだけど……
まぁ…どれもチョコレート色で甘そう(^_^;)タラー

中でも私が特に気になったのはこちらです!

👇



うわ~~~~…


率直に言っちゃうけど……

これ、着たいわラブラブ(ぇ


一度で良いから
チョコレートの様に甘い
激甘奈々タソに…

……とろーん(*´ω`*)ラブラブ……


(ハッ‼ 
今はそんな事考えてる場合じゃなかったアセアセ)


まぁそんな事を頭の片隅で考えながら施設をまわり(病人確定)、
途中の遊ぶコーナーで娘ちゃんは楽しそうに遊んでいたし
立ち寄ってみて良かったかな(*^^*)

でも、
特にチョコレートを食べたりはしなかった…(^_^;)爆




そうこうしている間にいい時間になり、
私達は、宿泊しているホテルの近くまで戻ってきました。

ホテルの目の前では
仮面舞踏会が行われていて
みんな楽しそうに踊ったりしていました(笑)。

私は全然踊れるくちじゃ無いけど
見て雰囲気を味わうだけでも楽しかったですルンルン

私と娘ちゃんは、
宿泊しているホテルの特典で
仮面を1つずつ頂きましたwww 





ちょwww 

これは……
結構恥ずかしいんですけど!(つд⊂)ww


娘ちゃんは気に入ったようだがwww




晩御飯は、そこから近くのレストランで食べ、
相変わらず娘ちゃんはワガママが多かったけど
普段我慢している事も沢山あるだろうし
勿論叱る所は叱ったけど
甘えさせても良いと思う所は甘えさせてあげました。


結局、
長崎らしい食べ物は全然食べれなかった…

。・(つд`。)・。←




ご飯を食べ終わると、
そろそろ親父はおばあちゃん家に戻る電車の時間なので、
ゆっくり夜景を見ながらお散歩して
入り口の辺りでバイバイしました。



☝お昼に登った展望台が
すぐ目の前に見えますルンルン

橋の下を流れる運河?の底には照明器具が埋め込まれているみたいで
定期的に一面が色鮮やかに輝いていましたルンルン



☝風車の近くをのんびりお散歩(*^^*)
色とりどりのお花がとっても綺麗でしたルンルン






親父と別れた後、
私と娘ちゃんは再びシャトルバスでホテルに戻り、
ゆっくりお風呂に入って仲良く寝ることにしました(*´ω`*)。


今日は本当に疲れたね。
ゆっくり休んで、明日また元気な顔で帰ろうね。
明日は、ママや弟君にも久しぶりに会えるね。
楽しみだね(*^^*)


娘ちゃんは、ニコニコ笑っていましたラブラブ








翌朝、いつも仕事で起きる位の時間にちゃっかり起床( ;´・ω・`)タラー

とりあえず、朝のニュースをなんとなく眺めながら
帰る準備を進めることにしました。

娘ちゃんが起きたのは8時を過ぎた頃で
たっぷり10時間寝ただけあって朝からスーパー元気ですwww


頃合いをみて朝食をとりに行き
(前日同様ビュッフェスタイルで-す(*´Д`*)ルンルン)
お腹いっぱいで少し涼んだ後
ホテルをチェックアウトキラキラ

そこからすぐ近くの船乗り場までバスで移動し
空港までは船で向かいました!

中々揺れるもんで
酔うほどじゃないけどちょっと苦痛な時間でしたwww




正午前に
無事に長崎空港に到着ルンルン

売店でサンドイッチを買って
機内でお昼ご飯にしました。
(あぁ~……長崎らしいものが食べたかった…ハートブレイク)


帰りの飛行機で、
私は片方の耳が完全にいかれてしまい
(乗ってる時は痛かったくらいタラー)
結局治ったのが2日後…( ;∀;)。

今まで何十回も飛行機乗ったことあるけど
こんな風に重症化したのは初めて( ;∀;)
娘ちゃんは、平気だったみたい( ;´・ω・`)ほっ…


羽田に到着すると、そこからはリムジンバスを使って地元近くまで移動。
快適に帰宅することが出来ました(*^^*)(*^^*)。


帰りのリムジンバスの中で
娘ちゃんは、ぐっすり眠ってしまいました。 

こんな日記じゃとても全部書ききれないけど、
ハプニングあり、笑いあり、暑さあり、色々経験できた旅行でした。

何より、娘ちゃんとの仲が一層深まった気がします(*´ω`*)ルンルン

いつか大きくなった時に、
この長崎の事を思い出して話題に出たりすることってあるのかな…?

その頃には、友達もいて、彼氏もいて、
パパなんか小さな存在になっているかもしれないけど…
今は、素直にこうして仲良く同じ時間を共有して笑ったり出来ることが
本当に幸せだよ。


ありがとうルンルン


そして今度こそは
家族全員で旅行に行きたいな!(*^^*)






おしまいルンルンルンルン


(最後まで読んで頂きありがとうございました-!)
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
前の日記「長崎旅行その2」の続きですルンルン








お昼ご飯に入ったのは
割とどこにでもありそうな洋食屋さんでした(^_^;)タラー

幾つかレストランを見た後
娘ちゃんが選んだのがこのお店だったので。

注文して暫くすると
お料理が到着~ルンルン

皆で、さあ食べようか~(*^^*)
みたいに言っていると、
娘ちゃんが

「わたし、食べなぁいルンルン

最初は、ハイハイ、好きなものからでも良いから食べようね~みたいに接していたんだけど、
何故かここに来てワガママが炸裂しだし
パパ、いい加減に
プッツンムカムカムカムカ(ぇ

ギャアギャアわめく娘ちゃんを外に引きずり出し
出来るだけ周りに迷惑かからなそうな場所でキツく説教ムカムカ 

いや……

私だってせっかくこういう所に来たんだから
あまり叱ったりしたくないし、
娘ちゃんに、最初から最後まで楽しい思い出にしてあげたいんだけれど…
あまりにも目に余るものがあったので…orz 


店内でポカーンとしている親父のもとに戻り
「さ、食べよ。食べないと午後も遊べないもんね?」と娘ちゃんに言うと、
ちょっと強張った顔をしながらパスタを一口。

「……おいしい…ルンルン

一口食べ始めたら
好きなものには手を出すようになって
私が手伝ったのもあるけどそれなりに食べてくれました(ホッ…)。

あの状態からじゃ
もう何も食べないかもと覚悟したけど、
よく持ち直して食べてくれたね。

食べている時に、
ちゃんとほめてあげました(*^^*)


しかし………

親父がいるとやっぱり色々やりづらい部分があって、
せっかく軌道に乗り始めたかという時に甘いもの進めてみたり…
いや、そりゃあ甘いものなら間違いなく食べるでしょうけど
今このタイミングでってのはマジでやめてもらいたい( ;´・ω・`)タラー

娘ちゃんに、
いつもニコニコ明るい顔していて欲しい
笑顔にさせたい、のは分かるんだけど…
だけどもっと、トータル的に娘ちゃんのこと考えて欲しいな…タラー

親父は、その点でいまいち空気を読んでくれない😢

(すみません、下らない愚痴でした●| ̄|_)




ご飯を食べ終わると
娘ちゃんもパワー全開になりました(*^^*)ルンルン

レンタルしていた自転車に戻る途中、
たまたま通りかかったタワーの展望室から
ハウステンボスの景色を一望できると聞いたので
さっそく3人で昇ることにルンルン


正直、あまり景色に期待してなかった(失礼)んだけど、
そんな予想を裏切ってとっても綺麗な景色を見ることが出来ましたルンルンルンルン




☝山側キラキラ




☝海側キラキラ



(例の如く、私のスマホではいまいち伝わりきらないです…(^_^;))


娘ちゃんもこの景色をすっかり気に入ったみたいで
中々下に戻ろうとしませんでした(^_^;)笑。

「ねぇ、パパルンルン あれはなぁに?ラブラブ」って
とっても興味津々で、
そういう姿勢がパパも嬉しかったな(*´ω`*)ラブラブ






下界(違)に戻ると、
再び私と親父は自転車をこぎ始めますアセアセ

直射日光じゃ無いぶん楽っちゃ楽なんだけど
それでも、汗は止めどなく流れてきますタラー

この日の最高気温、
37℃だったからね~( ´;゚;∀;゚;)滝汁アセアセ



自転車で園内を周回しながら
色んな施設をまわりました(*^^*)



その辺の事はちょっと簡単に書きますね🎵



🌑最新技術を駆使したロボットの世界!

水中を魚が泳いでいるんだけど、
これが実はロボットで
泳ぎ方がマジでリアルで
言われなかったら多分気付かないレベルアセアセ

一匹(って言うの?)100万円位?で買えるらしいので、欲しい方は是非どうぞキラキラぇ。




他にもいろんなロボットがいて娘ちゃんも興味津々ラブラブ
見た目から年齢と性別を解析する機械では、
私は何度やっても「10代女性」と判別されました(爆)。

いやんラブラブ
バレてますがな!(*´ω`*)何が




🌑自分が描いた絵がスクリーンで動き出す!

正確には、既に描いてある恐竜の絵に色を塗るんだけど、
それでも自分の恐竜が動き出したら嬉しいですよね(笑)。
この手の施設は最近じゃ割と見かけるけど、
実際に体験したのは初めて!

娘ちゃんは、色塗りは楽しそうでしたが
スクリーンの絵にはいまいち興味を示さず(^_^;)タラー




☝のプテラノドンは
娘ちゃんが色を塗りました(*´ω`*)

他にも、ボールを穴にいれて数を競う遊びをやったり、
粘土でドーナツを作ったりして遊びましたルンルン



🌑園内の運河をまわる船に乗船ルンルン

レンタルしてた自転車を返却して、
船に乗り込みました(*^^*)。
景色が綺麗だったんだけど、この時私が一番思っていたのは「涼しい……天国じゃあ……」。


…………サーセンwww 



🌑超面白いけど完全屋外のアトラクション施設!

名前は……ちょっと記憶が曖昧だけどアドベンチャーパーク?とか言ったかな?
割と小さな子供が沢山いるエリアで、
とりあえずそこでまず立体迷路みたいなやつをやりました!
これが中々面白くて、娘ちゃんもアスレチック感覚で楽しめるしめちゃくちゃ楽しそうでした(*´ω`*)
何とか出口にたどり着いた瞬間、
She said ……

「もう一回やりたぁいラブラブラブラブ

……………………

……ダクダク( ´;゚;∀;゚;)( ´;゚;∀;゚;)(*^^*)ラブラブ………


結局、もう一周別ルートで挑戦し
ゴールした頃にはとりあえず汁だく状態(ぁ。

涼を求め、かき氷にガッツキ(爆)
その後は山の方を登って
手で漕ぐ乗り物に乗ったり
風船で出来た遊び場で遊んだりしました(*^^*)






山?を下り、再び下界(違)に戻ると、
大きな恐竜が目の前に現れました。




娘ちゃん、最初は「怖い…(´TωT`)」って言ってたんだけど、
その恐竜が口からよだれ垂らしてるの見てゲラゲラ笑いだして
それからあまり怖くなくなったみたいwww




自転車を返してしまったので
ちょっと園内の移動が億劫な感じになっていたんだけど、
そういう時は、シャトルバスをうまく活用しますルンルン

バスで移動した先のエリアでは
ちょっとだけカステラの食べ比べをしました(*´ω`*)。
娘ちゃん、カステラ美味しそうに食べるね(笑)。


お店から出ると妙にカラフルな傘がお出迎えルンルン




視覚的にも癒されます(*´ω`*)ラブラブラブラブ

涼しげで綺麗~ルンルン

ここにいた人皆写真撮ってました(笑)。






ちょっとあまり区切りが良くないですが、
さすがに長くなりすぎるので
ここで一旦区切ります(^_^;)タラー

続きは近いうちに更新しますね(*‘ω‘ *)ルンルン
(「その4」にて完結予定ですキラキラ)



【続く】
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
前の日記の続きですルンルン




涼しい電車の車内のお陰で
すっかりと汗も引き
私と娘ちゃんは目的地までの時間をマッタリと過ごしていました。


車窓からの景色は
驚くほどの闇( ´;゚;∀;゚;)アセアセ


気を紛らわすものは何も無く
だからこそかえって
娘ちゃんとゆっくりお話できた気がします。

まぁ、話した内容は下らない事ばっかりだけど(笑)。



一時間かからないくらいの時間で
無事に目的地「ハウステンボス駅」に到着キラキラ

駅から出ると
とりあえず二人ともトイレに行って
失った水分を取り戻すべく?冷たい飲み物を自販機で購入(^_^;)

渇きを癒してハウステンボスに向かって歩き始めたものの………


橋の上の風がめちゃくちゃ強くて
周りもすんごく暗いし!( ´;゚;∀;゚;)アセアセアセアセ

周りに人が居ないのを良いことに
うわぁ~!飛ばされる~!なんてコントみたいな事をしながら歩く二人(^_^;)
(でも、パパはこういう時間すっごく好き(*^^*))


歩いて5分くらい行った所に
左手に大きなホテル、右手にハウステンボスの入り口らしきものが見えてきました。

実は、娘ちゃんは晩御飯を食べていない(眠ってしまったから^_^;)ので
見つけたコンビニで「何か食べ物買っていく?」と聞いてはみるものの…
首を振って「いらない」の意思表示…。

それなのに、もう少し進んだ先にあったアイス屋さんの目の前を通ると
「アイス食べたい(*‘ω‘ *)ラブラブ


はい、
買いません!


だけど、娘ちゃんもあまりしつこくせがんでこない…。
もしかして、本格的に疲れてる??


入園パスをゲットし
宿泊先のホテルまでの道順を親切なお姉さんに訪ねると
「ホテルの前まで向かうシャトルバスが出ておりますルンルン。ここからですと、あ~行って、こ~行って…(略)…。次のバスの出発時刻は…
あ……3分後ですneルンルン



さささ3分後!!!?
カップラーメンじゃ無いんだから~(´TωT`)ぁ

結構距離ありそうだけど…タラー
間に合うかな…

娘ちゃんの手を引いて早足で歩いていると
急に娘ちゃんが足を止めて
「もう~あるけなぁい(*´ω`*)ラブラブ


うぉおお~~~!!!!!!(ぇ
こんな時におふざけに付き合っている場合ではな~~~い!(´TωT`)アセアセアセアセ

やむを得ず、
右手でトランクを引きながら
左手で娘ちゃんを担ぎ
園内を爆走するオッサン(ぁ)。

幸運な事に迷わずバス停まで行けたお陰で
ちょうどバスが来た所に到着( ´;゚;∀;゚;)アセアセ

ちなみにこのバスに乗れてなかったら
結構な距離歩く羽目になってたから
本当に乗れて良かった…orz 





バスがホテルの目の前に着き
受け付けもすんなり完了ルンルン


お部屋は、私と娘ちゃんの二人だとかなり広く感じました(^_^;)笑。
でもなんかめっちゃセレブ感~~ルンルンww




↑私のショボいスマホ写真ではそのセレブ感と奥行きが伝わりきりませんが(自爆)
本当に広いぞ~~!(*´ω`*)(*´ω`*)ラブラブ

…っていうか、
私ってマジで写真のセンス無いな…orz


 



↑ふかふかのベッドルンルン
(超ピンぼけ写真でごめんなさいorz )

…って、あれ? 

既に誰かベッドにダイブしてない?(笑)






ゴロゴロしている娘ちゃんに
お風呂入って早く寝ようね、って言うと、
お風呂入らない!もう寝るの!の一点張り…。


う~ん……

困りましたねぇ…( ;´・ω・`)アセアセ


でも、こういう時がパパの腕の見せ所!

娘ちゃんの興味をうまくひいて
直ぐに「お風呂入る!」と言い出してくれましたルンルン


…娘ちゃん、疲れてたんだよね。
こんな遠くまで来て、一日移動してばっかりだったもんね。

いつもパパに付き合ってくれて
本当にありがとね。


結局、お風呂も歯磨きも
ゲラゲラ笑いながら楽しく終えて、
22時前に就寝するに至りました。


「今日は大きなベッドに一人で寝れるねルンルン
そう娘ちゃんに言うと、
「パパもこっち来るのラブラブ」と呼ばれてしまいました(^_^;)


「明日も楽しみだねルンルン
お休み(*^^*)」


明かりを消して、仲良く眠りにつきました。









【2日目、朝】



目が覚めると、時刻は朝の6時。

娘ちゃんは
気持ち良さそうに眠っていますラブラブ

私は色々片付けをしたり
この日の準備をしたりしながらのんびりテレビを観ていました。

実は、前夜おばあちゃん家で急遽決まったんだけど、
うちの親父もこの日一緒にハウステンボスをまわる事になっていましたタラー

私の計画、下調べしたことは
ことごとく無意味なものになりそう…orz

とりあえず、親父がハウステンボスに到着するのが10時頃らしいので
娘ちゃんはのんびり寝かせてあげよう(*^^*)




そして8時前くらいだったかな?
娘ちゃんが目を覚まし、
少し調子が出てきた頃に朝御飯を食べに行きましたルンルンルンルン

ホテルの中にあるビュッフェ形式のレストランだったんだけど
長崎の食材が沢山でどれも美味しそう(*´ω`*)ルンルン

私は野菜ばっかりモリモリ食べてました(笑)。
だって……私生活じゃ全然食べさせて貰えないんだもんorz。

娘ちゃんはポテトと、長崎産みかんのジュースばっかり(^_^;)タラー
でもこのみかんジュースは本当に甘くて美味しかった!
私も4杯くらい飲んだwww( ´;゚;∀;゚;)


おなかいっぱいになって
部屋に戻ってのんびりしていると
ドアをノックする音が。

ドアを開けると親父が登場(^_^;)

息子には目もくれず?
娘ちゃんにデレデレしている……。


先が思いやられるな(ぁ






とりあえず、
園内の知識は正直あまり無いので
おおまかに向かう方角を決めて
その途中で何かあったら見てみようか~みたいな感じにすることにしました。


ホテルを出てすぐの所に
メリーゴーランドを発見!

娘ちゃんが乗りたそうにしているので
先ずは手始めにこれから乗る事にキラキラ

私は娘ちゃんと二人でお馬さんに乗り
親父は隣の馬に(娘ちゃんが自宅から持ってきた)クマの人形と乗ることに(^_^;)タラー

娘ちゃんが、
「おじいちゃんはクマさんを乗せてあげて!」とおっしゃったので…タラー 

娘ちゃんは、お馬さんに乗って嬉しそうに笑っていました(*^^*)

以前、本物のお馬さんにも乗ったことあるもんね。
娘ちゃんは一体何を思っているんだろう?




メリーゴーランドの後はアトラクション系のゾーンを見たりしたけれど
いまいち娘ちゃんの食い付きが良くない。

そして…………
暑い………(ぁ


このまま園内を歩き回るのは
私たち大人でもキツいけど娘ちゃんにはもっとキツいはず…。

そこで、園内で利用できる屋根付き自転車(3人乗り)をレンタルすることにしましたキラキラ

これなら移動も楽だし
直射日光を避けられるし
娘ちゃんも退屈しないで
これ自体が一つのアトラクションみたいな役割をしてくれるでしょう🎵


案の上、娘ちゃんはとっても楽しそうルンルン
一方の親父は………結構キツそうwww(ぁ






時刻がお昼時になり、
そろそろどこかで昼食にしようかという事で
私達はレストランが集中している場所で自転車を止め(ちゃんと駐輪場に止めたからね(^_^;))
娘ちゃんの意向を聞いて、それっぽいお店に入ることにしました。



【「その3」に続きます(*‘ω‘ *)ルンルン
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
少し前に急遽決まった長崎への家族旅行、
8月1日~3日の3日間で計画を立てていたのですが、
直前になって、弟君の体調が悪くなってしまいました(´;ω;`)。

最初はあまり症状が無かったんだけど、
2日前くらいになってずーっと40℃を越えてる状態になってしまいました…(´;ω;`)アセアセ

奥さんと相談して、
結局、大人1名分はキャンセルして
行くのは私と娘ちゃんの二人だけにする事にしました。
本当に可哀想だけど、奥さんと弟君はお家でお留守番ですorz 。

全員キャンセルも考えなくは無かったんだけど、
おばあちゃん(私の父の母)も
ひ孫に会えるの楽しみにしているものね…。




綿密に組んだはずの計画は
その時点で結構崩壊( ;∀;)ぁ。

さらに当日、羽田までの高速バスがかなり遅れたりで完全崩壊( ;∀;)ぁ
一応、余裕もって組んだんだけどな…タラー

とりあえず、バタバタはしつつも長崎まではなんとか定刻通りに到着できました(^_^;)。



娘ちゃんは飛行機の中でもお利口にしていて、
おにぎりやサンドイッチを食べたり
お話していたらあっと言う間に着きました(笑)。


飛行機を出ると
凄まじい程の湿度タラータラータラー

この日の長崎は最高気温36℃アセアセ
到着したのが13時頃だから
まさにサウナの様なピークタイムです( ;´・ω・`)タラー

おばあちゃん家に向かうバスを待つ間
空港内で写真を撮ったり、お土産屋さんで試食してみたり、アイス食べて身体を冷やしたり(*‘ω‘ *)ルンルン

そうこうしている間にバスの時間になり
予定通りの時刻におばあちゃんの家に到着しました!


おばあちゃんの家には
私達より先に長崎に来ていた(私の)父もいて、
娘ちゃんに会えて、おばあちゃんも父も嬉しそう…。

直に皆の笑顔が見れて本当に良かったんだけど……


…………それにしても、しかし…………


この家の中、

一体

なんちゅう
暑さなんだ!!!!!!アセアセアセアセアセアセ


冷房が壊れてるらしくて?
いつもおばあちゃんは扇風機で過ごしているらしいんだけど
この気温で、熱気がガッツリこもった部屋に4人も居るもんだから
あまりにもカバー出来てない!
。・(つд`。)・。

一人でずーっと風に当たってるなら
まぁなんとか……タラーって感じだけど…タラー
もう座ってるだけで汗が吹き出してくる( ;∀;)アセアセアセアセ

いや、最悪私は良いんだけど、
身体の小さい娘ちゃんは正直心配タラー

到着して最初の一時間ちょいは
おばあちゃん家でお絵描きしたり折り紙したりで過ごしていたんだけど、
夕方前くらいに、ちょっと涼みがてら近所のメガドンキに行きました(^_^;)
真面目に、娘ちゃんが体調崩してしまうからタラー


晩御飯前におばあちゃんの家に戻り
晩御飯は私が事前に調べていた中華料理屋さんで皿うどんを出前して貰いましたルンルン

味は……可もなく不可もなく(^_^;)
以前出前してくれてたお店(今はしてない)はとっても美味しかったんだけどなタラー

でもまぁ、こうして「食卓を囲む」ことに意味があるんです。
それだけで、なんか楽しかったり幸せな気持ちになれるでしょ。



晩御飯を食べている途中
娘ちゃんがやけにグズると思ったら
どうやら、とっても眠かったみたいタラー

座椅子にもたれたまま
スースー寝息をたてて眠ってしまいました。

おばあちゃんの家を出るまではそのままにしてあげて、
19時過ぎた頃に娘ちゃんが自発的にタイミング良く起き
最寄り駅まで、手を繋いだり抱っこしたりで向かいました。

おばあちゃんは、家の前の道で
私達の姿が見えなくなるまで手を振っていました。

私は、おばあちゃんとの別れ際にいつも思う。

もしかしたら、これがおばあちゃんの元気な姿を見る最期の瞬間かもしれない、って。

死は、誰にでも訪れる自然なもの。
特におばあちゃんは高齢だし、勿論元気に長生きして欲しいけど
現実的に考えて、何年かに一度しか会えない現状
「これが最期」であって何の不思議もない。


今回の旅は、
もともとは奥さんがくれたチャンスでした。

なんの根拠も無いんだけど、
なんとなく私は、このタイミングで行かないと絶対に後悔する気がした。
つまりは、最期のチャンスだと直感的に感じたんです。
(勿論違うことを祈っているけど)


ただ………

例えこの瞬間が最期であったとしても
私は、きっと後悔しない。

もしかしたら、例え幾ら何をしたって
実際その時を迎えたら後悔してしまうものかもしれないけれど……

それでもきっと、後悔は無いんだ…。


私は
バカみたいに
おばあちゃんに大きく手を振った。

見えなくなるまで、笑顔で手を振った。






私と娘ちゃんは
最寄りの駅から電車に乗って
宿泊先のハウステンボスへと向かいました。

二人ともいい感じに放心状態で(笑)、
ゆったり会話しながら
ガラーンとした車内を眺めたりしながら
到着までの時間を過ごす事にしました。


【「その2」に続く】
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。