【拝み屋】からの『開運アドバイス』

【拝み屋】からの『開運アドバイス』

私の本拠地は【沖縄】です。

【沖縄】から『開運アドバイス』を行っています。

興味のある方は【霊能者の開運霊視】のホームページをご覧下さい。

私は2005年頃【福島霊視】をしておりました。

その当時【福島霊視】にはAさんの紹介で宮城県の海辺から沢山の方々が訪れていました。

その時の霊視において、私が見えていたのは《津波》で亡くなられた数多くの霊たちでした。

私は宮城県の海辺からいらっしゃった方々に「津波で亡くなられた方々を御供養してください。そして、高台に引っ越しをしてください。」と告げておりました。

しかし、この方々は全く私の言葉に耳を傾けてくれる事はありませんでした。

その結果、『福島の相談所』には津波で亡くなられた沢山の霊たちが御供養を求めて留まってしまったのです。

その霊たちの事をキャッチしていたのは、妙光の愛犬1号セーラでした。

1号セーラはその浮かばれていない霊たちから妙光を守るために、自分の体に霊たちを吸い込んでいったのです。

それはまるで映画【グリーンマイル】のジョン・コーフィのようでした。


1号セーラはその後『断末魔の叫び』のような声を出し、相談所の中をグルグルと徘徊するようになってしまいました。

それから間もなく(2005・12・25)1号セーラは東京の妙光庵で息を引き取ったのでした。

このようにペットというのは、《目に見えない霊》や《邪気》から主人を必死で守ろうとするのです。


この健気なペットを守るには、定期的な【お祓い】が必要なのです。

少しでも長く可愛いペットと居たいのであれば【ペットのお祓い】は絶対に必要です。

是非【ペットのお祓い】をしてください。


ペットのお祓い】は妙光が担当しております。