職場で1on 1をしています。

ヤフーのように週1ではなく、月1回30分程度です。昨年は3人。4月からはメンバーが変わって2人で、本日3回目でした。

部下の時間にしたいといろいろはなしてもらうのですが、5人とも話す内容って違うもんですね。

毎日気持ちよく働いてもらうためにコミュニケーションとしてやっています。ただもっと成果とかに結びつくものにしないといけなきのかなぁと思いつつ。迷いながらです。

普段も石田淳さんの1分ミーティングを参考にして、平等に声かけるようにはやっているつもりなんですけど。(つもりでなく石田さんがおっしゃっるようにメモしないとかな)

部下とのコミュニケーションの取り方を、なかなか自分として方向性を見いだせずに試行錯誤してます。

課としてのビジョンを示してほしいと言われました。ビジョンがあればそれに沿って仕事をすればよい。無駄なことをしたくないと。

民間企業は企業ビジョンに向かって仕事をしていくんでしょうね。我々のビジョンは誰が示すのか。首長か、課長か、自分たちか。私は担当グループでビジョンを共有できればいいと思っていたのですが、そうじゃないと。

市民の信託を受けた首長の思いで描かれたビジョンをすることもありますが、それは僅かで。あとはボトムアップの業務が多いような気がしています。

本来は市民のかたと作っていくもののかとも思いつつ。とはいえ、一つ一つの業務すべてのビジョンづくりは現実的ではないのかなぁ。

組織開発での学びが問われる、まさに深掘りしなきいといけないテーマですね。

掲載中
これまでに22人にインタビューしています。
100人目指しています!