地域包括支援センターはあとぴあ日記✨
  • 28Feb
    • イベント中止のお知らせ

      こんにちは感染症が流行る季節ですが、今年は新型コロナウィルスも流行っていて不安が募る毎日ですねそれにより、当包括支援センターでも企画していたイベントを中止とする運びとなりましたので、そのお知らせです中止が決まっているイベントは下記です3月の地域支え合いのおしゃべり場(全6地区)3月10日 本人ミーティング3月10日 オレンジファミリーピア3月14日 認知症サポーター養成講座4月3日  オレンジカフェ楽しみにしていてくださった方々には申し訳ない思いですが今は体調を崩さないようにすることの方が優先ですね上記以降のイベントについては、今後検討し決まり次第発表していきます今後共、よろしくお願い致します地域包括支援センターはあとぴあ0297-71-3210

  • 20Feb
    • ☆認知症サポーター養成講座@常陽銀行☆の画像

      ☆認知症サポーター養成講座@常陽銀行☆

      こんにちは2/20に常陽銀行で認知症サポーター養成講座をしてきましたこちらがその様子です頷きながら真剣に話を聞いてくださいました脳血管性認知症になっているかをチェックする「両手つき出し」をしているところです①両手を前に出して、手のひらを上に向けます②目をつむって、10秒数えます③どちらかの手が下がって内側に戻ると脳血管性認知症の可能性がありますぜひやってみて下さい銀行に認知症の方が来た時の対応が学べる動画も上映しましたご参加いただいた職員の方からは認知症の方への接し方について考えを改めることができました。自分の支店でもありえる事案なので、より理解を深めることが不可欠だと感じました。今回の講座で様々な症状が出ることがわかり、根気強く丁寧に接することが自分達にできることだと思いました。自分の親も認知症なので勉強になりました。どんな方にも優しく笑顔で接したいと思いました。などのご感想をいただきましたお仕事の後で疲れている中、ご参加いただきありがとうございましたそもそも認知症サポーターとは…認知症について正しく理解し、認知症の方やそのご家族を見守り、応援する人です取手市では認知症サポーターを増やすことそして、認知症になっても安心して暮らせるまちを目指しています今回もお読みいただきありがとうございました

    • ♡第4回ハートネットワーク♡の画像

      ♡第4回ハートネットワーク♡

      こんにちは今回は2/20に行われた第4回ハートネットワークについてご紹介しますハートネットワークとは地域包括支援センターはあとぴあが担当している地域(第1圏域)にある事業所(居宅介護支援事業所、デイサービス、ヘルパー事業所、薬局など)のケアマネジャーや職員向けに開催している勉強会です今回は精神疾患の基礎を学ぼうということで龍ヶ崎市にある池田病院の相談員である小林智子先生にお越しいただきました統合失調症、うつ病、アルコール依存症、発達障害などの基礎知識を学ぶことができました大変興味深い内容で、夢中で聞いていたら写真を撮るのをすっかり忘れてしまいましたすみませんっ後半はグループワークをしました今回学んだ事や今後活かしたい事、先生への質問をみんなで共有し発表しましたここで私は写真を撮ることを思い出しました笑(本当は他の職員に言われるまで完全に忘れておりました。。笑)グループワークの様子です最後は先生にみなさんの質問に答えていただきました私自身も大変勉強になりました小林先生お忙しい中お越しいただき、本当にありがとうございましたハートネットワークを通じて関係者同士がお互いのことを知り、何かあったときは気軽に相談できるそんな「顔のみえる関係」づくりのお手伝いができたらなぁと思っておりますハートネットワークは今後も開催予定です今回もお読みいただきありがとうございました

  • 10Feb
    • 2月5日支え合いを広げるシンポジウムの画像

      2月5日支え合いを広げるシンポジウム

      こんにちは先日、2月5日(水)に開催された『地域住民による、地域住民のための支え合いを広げるシンポジウム』についての内容と様子をお伝えします会場はウェルネスプラザでした様子はこんな感じ話合いの切り口は自然災害に対する防災について昨今は自然災害が多く、いつ何が起こるかわかりませんねシンポジストは5名民生委員、自主防災会会長、などなど色々な役職を持った方々に登壇していただきましたよそれぞれの立場とお住まいの地域でできていること・できていないこと を挙げてもらい情報の共有、意見交換をして頂きましたシンポジストのみなさんは普段、地域支え合いのおしゃべり場に参加して下さっている方々です今回のシンポジウムにはコーディネーターとして千葉大学大学院社会科学研究院教授 関谷 昇先生にも出席いただきました前半は関谷先生とシンポジスト達が日々地域でどんな活動をしているか/課題はなにか等を意見交換後半は客席の皆さんからも意見を頂いて議論を繰り広げましたみなさん頷いて聞いてくださったり、積極的に意見を出してくれて最終的には会場一丸となり地域のこと、防災のこと、支え合っていくにはどうしたら?…と考えることができました多くの取手市民の方々にご参加いただき、地域支え合いについて共に考える場となったこと・そういった場をみなさんで作れたことは当包括支援センタースタッフとしても「やってよかった」と、思える企画でありました地域包括支援センターは今後も地域の方々のお悩みを伺い、その悩みを地域住民の力で解決できないか一緒に考えていけたら…と思っております是非、皆さんのお声・お知恵を『地域支え合いのおしゃべり場』で聞かせてくださいご参加お待ちしております次回、おしゃべり場の日時について等、お問い合わせは地域包括支援センターはあとぴあtel:0297-71-3210まででは、今回もお読みいただきありがとうございました

  • 04Feb
    • シンポジウムのお知らせ。の画像

      シンポジウムのお知らせ。

      こんにちはむむっ…なにやら、皆さんで話し合いをしていますね何かというと、こちらの話し合い明日ウェルネスプラザでシンポジウムが開催されます参加費は無料お気軽にみなさん来てくださいねお問い合わせ地域包括支援センターはあとぴあ0297-71-3210

  • 21Jan
    • 小文間・城根地区おしゃべり場・:*+.の画像

      小文間・城根地区おしゃべり場・:*+.

      こんにちは2/15にあった地域支えあいの小文間・城根地区おしゃべり場についてご紹介したいと思います小文間・城根地区は取手市の南東部にあります今回のおしゃべり場では①HUG(ハグ)と②災害時避難場所になっている旧小文間小学校の見学をしましたところで皆さん、HUGってご存知ですかHUGとは。。。H…避難所U…運営G…ゲームの略なんです次から次に住民が避難する中でどうやって避難所を運営するかそんな事を体験できるゲームなのですご病気の方、外国人、家族を亡くされた方などなどいろんな人が避難してくる中で体育館や教室のどこに誰を避難させたら良いかみんなで考えましたこちらがその様子ですこの人は教室かな??この人は体育館の中のどこが良いかな??受付はどこにしよう??物資の置き場はどうする??トイレや炊き出しの場所はどこにする??総理大臣が慰問にくる!?!?←やめてくれーなどなど次から次に住民が避難してくる中考えることがたくさんあり過ぎて皆さん混乱しておりましたホワイトボードに掲示物を貼って毛布がくるよ!禁煙だよ!ここのトイレは使えないよ!など皆さんへのお知らせも同時に考えなくてはいけません。。。私も参加しましたが大変でした。。。笑笑最後は気づいた事や感想をグループごとで話し合い、発表しました避難所の運営って難しいなぁリーダーが必要だね困った問題を放置しないようにするにはどうしたら良いのかな地域のチカラや人材を活用する事が大切など様々な感想がありましたみんなでHUGをした後は実際に避難場所に指定されている旧小文間小学校の見学に行きました足元が冷たーい寒ーいこんなところに避難するなんてムリートイレが和式だよ更衣室は鍵がかかるから何かに役立ちそう様々な声が聞かれました課題はたくさんありますが、まずは現状を把握する事が大切災害時に向けて少しでも準備できたら良いなぁと思います次回の小文間・城根地区のおしゃべり場は3/25 13時半〜 小文間公民館にて開催予定ですぜひご参加下さいお問い合わせは地域包括支援センターはあとぴあ0297-71-3210まで

  • 19Jan
    • *本人ミーティング*の画像

      *本人ミーティング*

      こんにちは今回は1/14にファミリーピアと同時開催された本人(=認知症の方々)ミーティングについてご紹介しますまず前半はここ1ヶ月のご様子をお一人お一人に伺いました今回初めての参加の方もいらっしゃったので、趣味など自己紹介もしていただきました後半は皆さんで茨城や日本の地図を見ながら、以前行ったことのある場所や美味しい食べ物など、旅行話に花を咲かせました今度みんなで筑波山に行ってみるのはどうかなぁ??なんて話も出ました楽しみですところで、本人ミーティングとは?認知症やMCI(軽度認知障害)の方のための集いの場本人同士が主となり、不安に思う事や本人だからこその気づきを語り合う場です認知症になってあれもこれもできなくなったという思いだけでなくあれやってみたいなこれならできるかなそんなお気持ちを大切にしたいなぁと思っております毎月第2火曜日 13時半~15時半 ウェルネスプラザにて開催しております。参加費は無料ご本人だけでも、ご家族と一緒の参加でもOKです次回は令和2年2月12日(水)です申し込み制ですので、気になった方はご連絡ください当日は保健師、看護師、ケアマネジャー、社会福祉士など専門職もいますお申し込み先取手市高齢福祉課 0297-74-2141ご参加お待ちしております本日もお読みいただきありがとうございました

  • 17Jan
    • ○オレンジファミリーぴあ○の画像

      ○オレンジファミリーぴあ○

      このブログを読んで下さっている皆さま、遅くなりましたが、あけましておめでとうございます今年もよろしくお願いしますさてさて。新年1発目のブログは1月14日に開催されたオレンジファミリーぴあについてです軽度認知症(MCI)や認知症の方が身近にいる方&介護者の方が、参加するぴあです今回のオレンジファミリーぴあ、前半は言語聴覚士(ST)さんにお越しいただきましたはじめは認知症についての知識を学ばせてもらい、その後は脳トレをしましたよその様子がこちら片手にお手玉、片手にはハンカチを持ってお手玉はポンポン弾ませる動き、ハンカチを持ってる腕は三角や8の字に動かすと、両手違う動きをするという脳トレ……こ ん ら ん……どんどん無言になっていく参加者の皆さま…笑まず、片手でお手玉を弾ませることもままならない私…。講師をしてくれたSTさんが言うには、左右違う動きをすることは、とても脳に刺激がいくらしいのですなので、この脳トレは簡単にできない方が脳にたくさん刺激がいってお得とのこと下の写真は少しいつもとは違うルールでジャンケンをしているところです普段、やり慣れているジャンケンも少しルールを変えるだけで脳トレになるとは新たな発見です身体を使い、左右違う動きをしたり同時に複数のことを考える脳トレは認知症予防や認知症の方のリハビリとして多くの場で活用されておりますそして本日のぴあの後半はこの、素敵な絵柄の中に言葉が書かれているメッセージカード参加者の方々に輪になってもらい、1枚引いてもらってその言葉から"今"連想することや想いについて語り合っていただきましたこの時間が少しでも普段頑張っていらっしゃる皆さまの自分を見つめ直し、労り、自分を大切にする時間となれば幸いですでは、、最後に当センタースタッフからも、このブログを見てくださっている方に言葉のプレゼントを。これにします!ドキドキドキドキ…ジャーーーンどう感じたかは皆さま次第しっくり来た方は、この言葉を心の糧にしていただいてなんだか違和感を感じた方は、今の自分はそう思うんだな、とご自身の心の様子を覗いた、と思っても良いかもしれませんバンビが可愛いなぁ、と思った方がいても.もちろんOK(…それは私。)ではでは、本日のブログも読んでくださりありがとうございました次回のオレンジファミリーぴあは3月10日(火)13時30分~申し込みは下記までご連絡ください地域包括支援センターはあとぴあ0297-31-3210

  • 28Dec
    • .。年の瀬のご挨拶。.

      こんにちは毎日あっという間に過ぎ、もう年末になってしまいました今年も1年、とてもお世話になりました地域包括支援センターはあとぴあ は本日12月28日が今年最後の営業日でした年明けは1月4日からとなります1月5日はお休みです今年もたくさんの活動を通して地域の利用者の皆さん、事業所の皆さん と関わることができ、嬉しく思っております当センターのスタッフも新しいメンバーが加わり心機一転!再出発をした年でもありました来年も地域の皆さんがより良い毎日を送れるような、お力添えができるよう、精進して参りますので、よろしくお願いします1年の疲れが溜まってきている頃かと思いますので、お身体をお大事に2019年、ありがとうございました……

  • 18Dec
    • 認知症サポーター養成講座@みずほ銀行取手支店の画像

      認知症サポーター養成講座@みずほ銀行取手支店

      みなさまごきげんよう12月17日はみずほ銀行取手支店へ認知症サポーター養成講座の出前講座に行ってきましたよ講座の様子はこんな感じみなさま真剣に講話を聞いてくださっています認知症の方々も利用していると考えられる、まちの銀行さん参加頂いた職員の方々からは温かく見守る気持ちで接しようと思った正しい知識を持ち、応援者として対応しようと思った認知症ってよく分からず怖いイメージを持っていたが、学びを活かし笑顔で接しようと思うというお言葉を頂けましたお仕事でお疲れの中、ご参加頂きありがとうございましたさて、認知症サポーターってあまり聞き慣れない方も多いかと思います認知症について正しく理解し、認知症の人やその家族を見守り、支援する人それが認知症サポーターですビシッ認知症って、よく聞くけど あまりよく分からない分からないから、なんか怖い…はじめはそういったことを感じてもよいのです地域包括支援センターでは、この認知症サポーターをたくさん広めること、そして、認知症になっても安心して暮らせるまちを目指していますそれはきっと、明日の私たちのためだから...今後、当包括支援センターでは住民向けの認知症サポーター養成講座を企画しています日程が決まり次第、このブログでもお知らせするので、是非ご参加くださいまた、参加者が5人以上であれば出前講座も致します費用は無料気になる方はご連絡ください地域包括支援センターはあとぴあ☎0297-71-3210本日もお読みいただきありがとうございました寒い日が続きますので暖かくしてお過ごしくださいね

  • 10Dec
    • 本人ミーティング忘年会の画像

      本人ミーティング忘年会

      こんにちは12月10日のランチの時間本人ミーティングでは初の試みとなる食事会が開催されました本人(=認知症の方)と、その家族の方々と一緒にイタリアンに舌鼓... とても楽しい時間となりましたそのせいで...といますか。。。わたくし、食事に夢中になり写真を撮るのを忘れ、こちらは最後の締めの挨拶 笑乾杯も最後の挨拶も参加者の方にお任せ最後は一本締めでしめましたよところで、本人ミーティングとは?認知症や軽度認知症(MCI)のご本人のための集いの場本人同士が主となり、不安に思う事や本人だからこその気づきを語り合う場毎月第2火曜日 13時半~15時半で開催しております。参加費は無料ご本人だけでも、ご家族と一緒でも参加してOKです次回は令和2年1月14日申し込み制ですので、気になった方はご連絡ください当日は保健師、看護師、ケアマネジャー、社会福祉士など専門職もおりますので一緒に今後のよりよい暮らし、住みやすい地域について話し合ってみませんか?お申し込み先取手市高齢福祉課 0297-74-2141ご参加お待ちしております本日もお読みいただきありがとうございました

  • 07Dec
    • オレンジカフェはあとぴあ☕︎の画像

      オレンジカフェはあとぴあ☕︎

      もういっきに寒くなり、季節は冬ですねひと足早いですが…メリークリスマス12月7日、今年度最後となるオレンジカフェはあとぴあが開催されましたあと少しでクリスマスということで、フラワーアレンジメントや、飾り付けもクリスマス雰囲気満々にこの可愛いフラワーアレンジメント、ケアアシストはあとぴあのスタッフが作成したんですなんて素敵なのでしょうパン販売のコーナーも充実させて準備完了本日のカフェのプログラムはこちら薬剤師さんからはインフルエンザと冬の食中毒についてお話頂きました!感染症の季節なのでしっかり予防していきたいですね本日は特別にケーキの用意もさせていただき皆さんで談笑しながらケーキの甘さに癒されつつ綺麗なアコーディオンの音色でクリスマスの歌や懐かしの曲に耳を澄ませたり歌ったりスタッフ一同も楽しい時間を過ごさせて頂きました本年度最後のオレンジカフェも無事に行えて満足であります次回は4月3日、桜の季節にまたお会いしましょうこれから寒い季節となりますが、みなさまの心はポカポカあたたかい冬でありますようにどうぞ、素敵なクリスマスをお過ごしください

  • 29Nov
    • #桑原地区おしゃべり場#の画像

      #桑原地区おしゃべり場#

      こんにちは前回のブログ投稿から日にちが空いてしまいました本日は11月27日に桑原集会所で行われた、地域支え合いのおしゃべり場についてのご紹介ですまず、地域支え合いのおしゃべり場って???という方もいるかと思いますので簡単に。近所のゴミ置き場が近頃荒れていて、ゴミ出しマナーが悪いな...もっと近隣住民と協力し合って自分の住む地域を活性化させたいけどどうしたら良いのだろう?災害があったとき、近所の人と協力し合えたら良いなぁ。などなど。日常生活の中で気になっているアレやコレ。ゴミ出しや挨拶、介護や子育てといった身近なことから、災害などの大きいことまで自分が住む地域のみんなが集まって意見を出し合い、情報を共有し合って自分たちの力で改善策を見つけて行こう!より、暮らしやすい地域にしていこう!という話し合いをするのが地域支え合いのおしゃべり場です ⌒テーマはその時々により多岐にわたり。。。今回の桑原地区では話し合いや催し物の場に地域住民の参加が少ない上記の原因はなにか?参加者を増やすにはどんな方法があるか?実際に住民が思っていることはなにか?などの話し合いとなりました。話し合いの様子はこんな感じ地域支え合いのおしゃべり場は今後もっともっと参加者を増やしていきたいと考えています自分の住んでいる地区が楽しく、より暮らしやすい地域となるように私たち自身の力で課題の解決につなげていけると良いです現在、地域支え合いのおしゃべり場は6地区に分かれて定期的に実施中参加条件はその地区で生活している住民であること年齢や職業、性別は問いません誰でも参加OK,途中入退室OKです普段の暮らしの中で気になっていること... ここにきたら解決できた!情報交換もできた!...ら、ラッキーじゃないでしょうか?ご参加お待ちしておりますわからない事/お問い合わせ/開催日時について など地域包括支援センターはあとぴあ まで。0297-71-3210

  • 12Nov
    • ;*.♡オレンジファミリーピア♡.*;の画像

      ;*.♡オレンジファミリーピア♡.*;

      お久ぶりの投稿となりました先日11月12日にウェルネスプラザにてオレンジファミリーピアが開催されましたのでその日の内容についてご紹介です自分の家族が認知症なんだけどこんなときどうしよう?認知症本人の毎日のフォローも大事なんだけど、自分も少し一息つきたい..こんな関わりをしてみたらとても良かった上記のような思いを共有しあう場がオレンジファミリーピアですこの日の内容の一つは笑いヨガストレッチを交えて体を伸ばし、色々な動きをしながらワハハと笑っていつの間にか本当に皆さん笑っていましたそのあとはスリーエーというゲーム))二つのグループに分かれ、丸い布にある穴にボールを入れるゲームみなさん、とても白熱しておりましたよ少し、休憩もはさみお次は癒しの時間下の写真で皆さんが握っているのはトーンダイアルイメージとしてはハンドベルのようなものハンドベルよりももう少し柔らかい音色の印象でした真ん中に一人立って円になっている皆のトーンダイアルの音色を聴くととてもリラックスできるんです皆さん癒されておりましたその後は日々の認知症の方々との関わりをお話しし、「そんなことあるある!」と笑い合ったり一緒に悩んだり、アドバイスしたり、、、「こんなに笑ったのは久しぶり」というお声もきけてはあとぴあスタッフも心が温まりました))日々、いろいろ大変なことはあるけれど、自分のケアも大切にまずは自身を大事にすることで自分の家族を大切にすることにつながるのかもしれませんオレンジファミリーピアは奇数月の第2火曜日に開催しています途中参加/退室もOKですので興味のある方は各地区の地域包括支援センターへご連絡くださいでは、ここまでお読みいただきありがとうございました地域包括支援センターはあとぴあ TEL:0297-71-3210

  • 24Aug
    • よりみち夏祭りO(≧▽≦)O ワーイ♪の画像

      よりみち夏祭りO(≧▽≦)O ワーイ♪

      令和元年度7月20日(土)取手市のよりみちデイサービスにて夏祭りが開催されていました日頃、お世話になっている生活支援コーディネーターさんもいらっしゃるので、ご挨拶へ子供たちも参加され、とっても賑やかでした射的やクジなどもあり、子供たちも喜んでいましたよパンや野菜の販売もアコーディオン演奏もあり、皆さんの歌声もこのような地域のつながりを感じるお祭りっていいですね関係者の皆さま、ありがとうございましたっ

    • ときめき学級☆出前講座!の画像

      ときめき学級☆出前講座!

      令和元年度7月22日(月)13:30~取手市小堀の集会所にて、出前講座を行ってきました今回は、老人保健施設はあとぴあの管理栄養士さんの講話「栄養について」と後半は、理学療法士さんによる「転倒予防の体操」の講話まずは握力や片足立ちの簡単な体力テスト皆さん、学生時代に戻ったかのようなキャピキャピ感で最後には、転倒予防の体操や脳トレも行いました毎年、お会いできるので、顔見知りの方もたくさんっ今年も元気にお会いできて嬉しかったです困った時や出前講座依頼も地域包括支援センターへお気軽にご連絡ください

  • 14Aug
    • 井野台出前講座O(≧▽≦)Oの画像

      井野台出前講座O(≧▽≦)O

      令和元年7月10日(水)取手市井野台の集会所にて出前講座を行ってきました当日、約30名ほどの住民の皆さまにお集まりいただきましたっまず「介護保険について」「地域支えあいについて」の講話後半は、「認知症・認知症予防について」です皆さま、真剣に聞いていただき、ありがとうございました医療や福祉系の出前講座(無料)をご希望の方は、当センターまでご連絡ください

  • 13Aug
    • 令和元年度 第2回オレンジファミリー・ピア開催☆の画像

      令和元年度 第2回オレンジファミリー・ピア開催☆

      令和元年7月9日(火)取手ウェルネスプラザにて令和元年度第2回オレンジファミリー・ピアを開催しましたみんなでワイワイお話をしながら今回は、ハンドマッサージの先生に来ていただき、交代でマッサージを受けましたそして、自宅で自分でできる方法も教えてもらいましたたまには、自分を褒めてあげて体も心も癒してください参加してくださった皆さま、ボランティアの先生、本当にありがとうございましたオレンジファミリー・ピアは、認知症の方や物忘れのある方を支えるご家族が気軽に話し合える場所です奇数月の第2火曜日午後1時30分~3時30分取手ウェルネスプラザ(セミナールームB)にて看護師や社会福祉士、ケアマネジャーなど専門職もおりますので、ぜひお気軽にお越しください

    • 認知症キッズサポーター養成講座in取手小学校☆の画像

      認知症キッズサポーター養成講座in取手小学校☆

      令和元年7月4日(木)10:40~12:15取手小学校の5年生向けに、認知症キッズサポーター養成講座を開催してきましたっ今回で2回目となりますとっても嬉しいです今回も認知症の基本的なことの講話や紙芝居風のスライドショー皆さん、とっても真剣に聞いてくれましたそして、地域包括支援センターはあとぴあ劇団による悪い対応の仕方の劇ですおじいちゃんがリアルですね孫と買い物に来て、なかなか小銭を出せないおじいちゃん劇のあと、正しい対応の仕方をみんなで考えてもらいました「もうちょっと優しく言ってあげたらいいと思います!」「違うことに気をそらしてあげたらいいと思います!」「店員の人も小銭を出すのを手伝ってあげるとよかった!」・・・など、子供たちの優しい声がそして、最後にグループワークみんな真剣ですテーマは「これから 認知症キッズサポーターとして、なにができるかな・・・?」です最後に発表もしてもらいましたっみんなの答えは、「笑顔で優しい感じの声で、声をかける」「わかりやすい単語で話す」「思いやり、助け合いの心を持つ」「怒らないでいつも通り接する」「なにかまちがえてしまっても『だいじょうぶだよ』と一言声をかけてあげる」など、あったかい答えがたっくさんありましたこれらの言葉を見て、聞いて毎回感動ですっ取手市もこんなにたくさんのいい子達がいます認知症の人にもお友達や家族にも優しい取手市になりますように認知症サポーター養成講座は、5人以上集まれば無料で開催できますっご希望の方は、取手市高齢福祉課までご連絡くださいご協力いただいた取手小学校5年生のみなさん、先生方、本当にありがとうございました来年度もご依頼お待ちしております

    • 「老いと上手につきあう」講演会開催☆の画像

      「老いと上手につきあう」講演会開催☆

      6月29日(土)14時~令和元年度特別講演会「老いと上手につきあう」を開催しましたっ当センターの受付嬢たち当日は、100名定員のところほぼ満席でしたまずは、取手市高齢福祉課の井橋氏より「地域包括支援センターとは?」という講話から始まり特別講師は、多摩平の森の病院  院長高橋 龍太郎先生ですとてもやさしい語り口調で、為になるお話でした老いるということを前向きにとらえ、自分の体や脳の変化にも向き合い、過ごしてもらいたいそんな想いを感じながら、講演を聞かせてもらいました印象に残った言葉は、「人生に目的なんかいらない」身体機能の低下にも関わらず、80代を過ぎると今の暮らしを肯定的に捉える感情や人生への満足感が高まっていくこれを「老年的超越」という。この言葉を聞いて、自分が80歳を超えたとき、こんな感情になれるのか考えてみましたが、やはり想像がつきませんでした先輩の方々の言葉は偉大ですね私たちも高齢になった時の心身の変化や気持ちを理解し、ソーシャルワークの対応をしていきたいと思っています今回、ご協力いただいた高橋先生、高齢福祉課の井橋氏、取手ウェルネスプラザの皆様、本当にありがとうございました